2019年01月05日

箱根駅伝 大東文化大1区の新井選手の怪我の状況報道

 箱根駅伝の1区のスタート直後に転倒した大東文化大学の新井選手ですが、詳しくは有りませんが、故障の程度の解る記事が出ました。
 
 
 【箱根駅伝】転倒した大東大の新井康平、復帰まで「半年」(スポーツ報知)

 第95回箱根駅伝往路(2日)1区(21・3キロ)の200メートル手前地点で左足首をひねって転倒しながら、残り21キロ以上を走り続けた大東大の新井康平(4年)について、奈良修長距離監督(47)は4日、競技復帰まで約半年かかる見込みであることを明かした。新井は今春の卒業後、実業団のサンベルクスで競技を続行する。「進路先のチームと相談しながらじっくりと治していくしかありません。半年ほどかかると思います」と奈良監督は説明した。

 運営管理車に乗車する監督スタッフは約10キロ地点で合流するため、奈良監督はアクシデントの現場に居合わせてなく、レース中の状況判断が難しい状況だった。「本人が走れると意思表示したが、私がやめさせるべきだったのかもしれない。将来のある選手ですし」と同監督は沈痛な面持ちで話した。
(引用終わり)


 新井選手は実業団で競技を続けられるんですね。 詳細は解りませんが、競技復帰までは約半年とのこと。 競技復帰までということは、練習はもっと早く始められるということでしょうか?

 全治半年という意味でしたら正直、結果論としては止めた方が良かったと言えそうです。
 でも、それはあくまで結果論です。 あの時、あの状況で本人が競技を継続する意思を表示したわけで、しかも一旦はフォームも取り戻せるほどにはなりました。 あの状況で止めるのが新井選手の今後の競技人生、精神面という意味で本当に良かったのかどうかは判断が難しいところです。 大東文化大はその後、関東学生連合を含む4チームを抜いて19位まで復帰しましたし。

 今回についてはこのことで運営や監督、選手本人を批判したりすることは適切では無いと思います。
 今回大会については襷渡しでのトラブル(トラブルになりかけ)が多かったように思いますので、その点については該当のチームには反省し、次に生かして欲しいとは思いますが。

 新井選手の早期の回復とご活躍をお祈りしたいと思います。
 
posted by ちゃんちゃん at 14:55| 大阪 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください