2019年03月22日

日本女子、まさかのメダル無しも見事な闘い! : 世界フィギュアスケート選手権大会2019 女子シングル

 ハイレベルな闘いを制したのは五輪女王の意地だったでしょうか?
 
 
 今年は日本開催ということも有り、フジテレビが頑張って生中継してくれました。
 SPから前半グループもネットで無料ライブ配信してくれるという、これまでに無いような頑張りぶり。 ネットライブは昨日の男子SPで少し観ただけですが、TV中継もライブ放送により今日の女子FSは目が離せぬ展開に釘付けでした。

 激しく・ハイレベルな闘いを制したのはオリンピックチャンピオン・ザギトワ選手。
 演技前、バックヤードの様子やリンクインしてからの様子を見ていると、少し気合いが入り過ぎているように見え、大きく乱れる可能性を感じましたが、小さな乱れは有ったものの、全て堪えて全要素で加点を得るというオリンピック金メダリストの意地を見せて初の世界選手権制覇を遂げました。
 実に見事。 素直に祝福したいと思います。 おめでとうございます!!

 2位はなんとというか、失礼ながら戦前は予想だにしていなかったトゥルシンバエワ選手。
 冒頭の4回転サルコウは加点の付き方は少々甘いと思える感じでは有りましたが、文句無しの成功では有りました。 シニアでは初となる4S成功、素晴らしいです。
 四大陸選手権の時も書いたかもしれませんが、彼女は少女体型を維持したまま年齢を重ねているだけに、今後も4回転を跳び続けられる可能性を感じます。 ある意味、ロシアのジュニア勢よりも驚異かもしれませんね。
 4Sを1本入れることで、コンビネーションに全て3回転を付けることができるのも大きいですよね。 ただ全て後半にしているため、今回みたいに2Aの着氷を失敗したらそのままコンビも抜けてしまうというリスキーな演技構成も今後は修正する必要が有るかもしれません。
 4S成功とワールド初の表彰台、おめでとうございます!

 3位はメドベデワ選手。
 後半の2Aが僅かにアンダーローテ―ションを取られましたが、ほぼ全ての要素をクリーンに決めました。
 今季は不調でしたが、良くここまで戻して来ましたね。 セカンド3Loも決めて来ましたし、本当に素晴らしいです。
 復活の表彰台、おめでとうございます!!

 紀平選手は表彰台には僅か0.31点届かず4位。
 冒頭の3A+3Tはクリーンに決めましたが2本目の3Aで転倒してしまいました。
 しかし残りのジャンプを全てハイクオリティに決め、他の要素も完璧でした。
 もちろんSPの3Aパンクも痛かったですが、何よりPCSで評価して貰えなかったのが痛かったように思います。 特にSPのPCSは他選手比で低かったと感じています。 紀平選手が2位でもなんら問題は無かったように感じています。
 でも彼女はまだ若い。 今の感じなら今後も3Aは跳んで行けるのでは無いかと勝手に感じているのですが、どうでしょう? 仮に少々3Aが不調になっても彼女のジャンプはルッツを筆頭にクオリティが高く、加点を得ることができるジャンプですので、今後もトップで闘って行けるように思っています。
 今季最後の国際試合で敗れたものの、今季世界選手権前までは国際大会敗け無し。 実に素晴らしい闘いぶりでした。
 お疲れ様でした! 来季も期待しています!!

 坂本選手は5位。
 いや~、惜しかった!!
 3F+3Tが1Fになってしまうという僅か一つのミスが・・・
 あれが単独で良いので3Fになっていれば・・・ リカバリーで3Loに付けた2Tが3Tにできていれば・・・ どちらかができていれば計算上は2位でした。
 いや、本当に惜しかった。 ちょっとトゥを突くのが遅れたのかなあ~
 でも彼女はきっと来季も頑張ってくれると思います。
 全日本女王の来季の活躍を楽しみにしています。 お疲れ様でした!!

 宮原選手は6位。
 FSは良く修正して来ましたね~
 SPで取られた回転不足を良く修正して来ました。
 さすがはここ何年か日本女子を牽引して来た選手ですよね。
 とはいえ宮原選手は紀平選手や坂本選手に比べるとどうしてもジャンプでの加点が見込めません。 今のルールでは頂点を狙うにはやや厳しいような気がします。
 それでも『ミス・パーフェクト』という呼び名に相応しく、パーフェクトな演技を見せて今後も頑張って欲しいと思います。
 宮原選手もお疲れ様でした!!


 他にも良い演技の選手は居ましたが、今回は感想は上位6名に留めておきます。
 で、今回は選手間のトラブルもニュースになりましたね。 中継では触れられませんでしたが・・・

 加害者扱いされたマライア・ベル選手と被害者とされたイム・ウンス選手ですが・・・
 ベル選手の曲掛け練習中の接触だったとのこと。
 動画を観ましたが、画質が悪過ぎて全く判断付かない状況。
 練習中にベル選手のエッジがウンス選手の足に当たったみたいですが、個人的にはベル選手が故意にしたとは思えません。 一歩間違えばかすり傷では済まないですからね・・・
 ウンス選手のマネジメント会社が正式にISUに申し立てをし、ISUは『故意性は無い』と判断したとのことでした。
 ウンス選手自身がどう言っているのかは解りませんが、隣国のことだけに『またかよ』という想いしか無い感じ。
 正直、ウンス選手は同国の先輩の偽女王と違って演技もなかなか好きでしたし、何よりルックスも抜群なので隣国選手とはいえ結構好きなというか好きになりたい選手では有りました。 今回のことで正直がっかりという感じです・・・
 SPではウンス選手が上に行きましたがFSでベル選手が逆転しました。 ベル選手はこんな騒動が有りながら良い演技を見せました。 良く頑張ったと思います。 逆にウンス選手の方が心が乱されてしまったですかね・・・


 さて、明日は男子FS。
 今年もネイサン・チェン選手の優勝濃厚でしょうか?
 羽生選手は12点以上の差を付けられたのは痛いですね。 ネイサン選手に余裕が出そうです。
 ただ、滑走順は羽生選手有利。
 羽生選手がパーフェクトなら、直後のネイサン選手にプレッシャーをかけられるかもしれません。 逆に大きなミスが一つでも出ればネイサン選手にさらに余裕が出そうです。
 ただ、会場で足を運ぶファンの方々にひとことだけ言いたい。 『アホみたいにプーさん投げるな』。
 SPの時は宇野選手の前でしたが、思ったより少なかったとはいえ、それでも100匹以上のプーさんが投入されていたように思います。
 『ファンの自己満足なんだから止めておけ』と言いたい。 他国の選手の前だからなおさらです。

 宇野君、頑張れ!!
 
posted by ちゃんちゃん at 23:40| 大阪 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください