2019年10月12日

エリウド・キプチョゲが人類初のサブ2達成! : INEOS1:59CHALLENG

 特殊条件化での非公認記録ですが、サブ2達成は素直に祝福したいです!!
 
 
 人類初2時間の壁突破!マラソン・キプチョゲが快挙(日刊スポーツ)

マラソンで2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が非公認の記録ながら、人類で初めて「2時間の壁」を突破した。

12日、ウィーンでの2時間切りにチャレンジにするレースで、1時間59分40秒で走った。

42キロすぎ。キプチョゲは記録を確信すると、歴史の証人となる沿道の観客を盛り上げるように、何度も腕を突き上げた。大きな喝采を浴びながら、フィニッシュラインを駆け抜けた。タイムは驚異の1時間59分40秒。非公認とはいえ、人類で初めて、42・195キロを2時間切りしたことには変わりない。限界と言われていた壁を超えてみせた。フィニッシュしても、余力はたっぷり。輪になった仲間から担ぎ上げられ、笑顔で歓喜に浸った。その後、ケニアの国旗を掲げ、集まった観客の前を走り回った。

レースはペースメーカーが1キロあたり2分50秒のタイムで走れるように、先導車は道にライトで目印を作り、変動のない理想的なペースメークをアシスト。風よけにもなるペースメーカーは前5人、後ろ2人が入れ替わる形で、42・195キロを通じ、好条件を作り出した。

キプチョゲは10キロを28分20秒、20キロを56分47秒、30キロを1時間25分11秒、40キロを1時間53分36秒で通過した。
(引用終わり)


 人類初と言っても、そもそも他の生物も含めて42.195kmを2時間で走ろうとする生物なんて人間しか居ないと思いますが

 スタートから観ていましたが、とにかく淡々とペースを刻んでいましたね。
 2分48秒/km~2分52秒/kmのペースをとにかく正確に淡々と刻んでいました。

 ラストの数百メートルだけはキプチョゲ選手が周りのペースメーカー達を押しのけて前に出ました。
 このペースで来てラスト上げるって凄い!!
 ラストの1kmはおそらく2分40秒/km前後に上がっていたはずです。

 キプチョゲ選手は観客を煽るようにしてゴールし、ゴール後も国旗を手に結構なペースで走って周囲の観客達に応えていました。 余力たっぷりという感じ

 でも何が凄いって、その精神力の強さに驚きです。
 前回のブレイキング2と違い、今回はタイムアタックしたのはキプチョゲ選手1人。(前回は他に2名居たが途中で脱落) 別にキプチョゲ選手1人の為のイベントでは無いとはいえ、キプチョゲ選手がタイムを出す為だけに多くのトップ選手が交代でペースメーカーをつとめました。 世界陸上に出ていた選手も居ましたね。 日本からは村山紘太選手も参加していました。
 キプチョゲ選手がタイムを出す為だけに、ペーサー車やそのペースメーカー用のレーザー照射も考えられ、多くのスタッフが働き、もっと多くの観客の期待を背負っていたわけですから、普通なら相当のプレッシャーがかかっているはず。 その中でこの素晴らしい結果を出したことはタイムより驚異的に感じます。 フルマラソン12戦11勝、世界記録保持者、史上最強のマラソンランナーで有ることを疑う余地は有りませんね。
 次は是非公認大会でのサブ2達成を期待したいと思います。
 
posted by ちゃんちゃん at 19:58| 大阪 ☔| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キプチョゲの公認記録から考えると、空気抵抗の少ないX陣形、15分おきのモルテン、エアクッション層を3枚カーボンで挟んだαフライ、等々これだけのアシストがあればそりゃ2時間切ってもおかしくないと感じました。それでもそれをやってしまうキプチョゲは凄いランナーですね。
そこで気になるのはナイキ・オレゴンプロジェクトの閉鎖です。ドーピング問題でサラザールのコーチ資格停止の影響です。大迫選手は影響ないと言っていますが、ブリジット・コスゲイが世界記録を出したシカゴでモハメド・ファラーは8位と振るいませんでした。裏でなにかあったのではと思いたくなります。閉鎖をきっかけにサラザールを擁護するナイキへの風当たりが強くなりシューズへの規制の動きが起こったりしないかとも思ったりします。考えすぎかもしれませんが絶頂の時こそ危ないのはビジネスによくあることですから。
Posted by まーさん at 2019年10月15日 20:22
空気抵抗だけを考えれば前は逆のV字の方が良いような気がするんですが違うんですかね。

シューズ、エアが入っているのは僕も確認していましたが、カーボンプレートを重ねているんですか。それは市販されてもさらに高そうですね。

色々な条件を揃えれば揃えるほど、そのプレッシャーをはねのけてサブ2を達成したキプチョゲ選手は凄いと感じます。

ファラー選手のシカゴの結果、そういうことが影響しているのでしょうか?
大迫選手も大事な時なので、影響が無いことをお祈りしたいです。
Posted by ちゃんちゃん at 2019年10月15日 22:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください