2019年10月14日

國學院大が大逆転初優勝! : 第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走

 まさか優勝してしまうとは・・・
 
 
 大会結果(第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走公式HPより)


 最後の逆転は見事でした。
 何といってもアンカーの土方選手の走りが見事でした。
 5区から37秒差4位で襷を受け、積極的に攻めて東洋大、東海大、青学大を競り落として最後はトップの駒澤大まで抜いてしまいました。
 トップに立つまでは苦しそうな表情でしたが、並ばずにそのまま抜いた後は表情が一気に明るくなりましたね。 区間賞で大逆転、ラストは面白い駅伝にしてくれました

 2位は駒澤大。
 3区エース区間の1年生、田澤選手の走りが見事でした。
 他校の年上のエース達をラスト勝負で引き離してトップに立ちました。 区間賞こそ東洋大の相澤選手に譲りましたが、堂々の区間2位でした。 全日本、箱根と、距離が延びても同じような走りができたら素晴らしいですね。

 3位は東洋大。
 1区の西山選手は故障明けという中だったそうですが、それでも3区相澤選手でトップ争いをするなど、見せ場は有りましたね。

 4位は東海大。
 各区間悪くは無いのですが、逆に区間3位以内の走りをした選手が居ない状態ではツライですね。 5区鬼塚選手がもっと追い上げるかと思ったのですが・・・
 持ちタイム通りの走りはなかなかできないものですね・・・

 5位は青学大。
 2区の1年生、岸本選手が区間賞を獲得、4区の神林選手も区間賞を獲得し、見せ場は作りましたが、5区竹石選手が中盤で遅れたのは痛かったです。

 優勝 國學院大(×)
 2位 駒澤大(〇)
 3位 東洋大(▲)
 4位 東海大(◎)
 5位 青学大(△)

 と、予想した上位5校は一応全て上位5校に入りました。
 しかし、國學院大が優勝してしまうとは予想外でした。
 今年の男子大学駅伝は混戦で面白いかもですね。


 さて、これからは・・・

 10月20日 プリンセス駅伝
 10月27日 杜の都全日本大学女子駅伝
 11月 2日 高校駅伝大阪予選会
 11月 3日 全日本大学駅伝

 と、駅伝が続きます。
 楽しみです♪

 ちなみに11月3日は大阪・淀川市民マラソンも開催され、知り合いが2名参加しますので、天候さえ問題無ければ応援ランに行こうかと思っています
 
posted by ちゃんちゃん at 19:40| 大阪 ☔| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください