2019年10月19日

人工ヒレのウミガメ『悠ちゃん』、天国へ

 以前、我がブログでも取り上げたことの有る人工ヒレのウミガメ『悠ちゃん』が亡くなられたそうです
 
 
 人工ヒレのアカウミガメ「悠ちゃん」天国へ、須磨海浜水族園(産経新聞)

 神戸市立須磨海浜水族園(同市須磨区)は18日、両前脚を失い、国内初の人工ヒレを装着して泳いでいたメスのアカウミガメ「悠ちゃん」が疾病による衰弱で死んだと発表した。19日から11月3日まで同園に献花台が設けられる。

 悠ちゃんは平成20年6月、紀伊水道で両前脚の一部をサメに食いちぎられた状態で見つかった。同園が保護し、26年に義肢メーカーなどの協力を得て国内初の人工ヒレが完成。以降は神戸空港島の人工海水池で他のウミガメなどとともに生活するなどしていた。

 同園によると、悠ちゃんは9月中旬から体調を崩し、治療を続けていたが9月26日に死んだ。

 担当者の石原孝さん(38)は「これまで力強く生きて、たくさんの人を励ます存在だった。勇気と希望をありがとうと言いたい」と話していた。
(引用終わり)


 悠ちゃんは僕の会社が深く関わった神戸空港島の人工ラグーンでリハビリをしたりしていたことも有り、話題になった当初より知っており、もともとカメ好きだった僕には気になる存在でした。
 須磨海浜水族園の水槽で泳ぐ姿を見たのは一度だけだったように記憶しています。
 当時はいくつめかの人工ヒレを試着している頃で、周りを気にせず、悠々と泳ぐ姿が印象的でした。 その前の型の人工ヒレが展示されたりもしていましたね。 人工ヒレのプロジェクトに関わる方々は、色々な工夫をして悠ちゃんがいかにラクに痛いところが出ないように何度も何度も人工ヒレを改良されていました。
 今回、今のところ死因は解っていないようですが、サメに襲われて以降、人間に助けられ、須磨海浜水族園や人工ラグーンで過ごした日々が、彼にとって幸せな日々であって欲しいなと、人間のエゴかもしれませんが、思いたいです。

 悠ちゃん、安らかにお眠り下さい。
 
posted by ちゃんちゃん at 20:00| 大阪 ☁| Comment(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください