2019年10月29日

よくぞ襷を繋いだ大東文化大が2位に、名城大が3連覇 : 第37回全日本大学女子駅伝対抗選手権大会(杜の都駅伝) そして箱根駅伝予選会結果

 御批判も有るとは思いますが、ふらふらになりながら襷を繋いだ大東文化大4区の秋山選手の頑張りと、そして彼女を止めなかった大会スタッフの勇気を讃えたいです。
 
 
 26日から茨城の母の実家里帰りに同行し、月曜日はその茨城県内で出張だったため、結果の感想記事が今日になってしまいました。

 
 大会結果(公式HPより)


 最終結果はまさに僕の予想通りの1位から3位の順位でしたが、大東文化大にアクシデントが発生したり、立命館大が思ったよりギリギリの3位だったりと、なかなか思った通りにはならないものですね。

 冒頭に書いた通り、大東文化大4区の秋山選手が終盤でペースが落ちたと思ったら、中継所直前ではフラフラになり、転倒したりしながら2校に抜かれながらもなんとか襷を5区に繋げました。
 僕はテレビを観ながら、秋山選手に触れそうになる大会スタッフに聴こえるわけも無いのに、『触るな! あと少しやから行かせたってくれ!』、『大丈夫や、死なへん!』と叫んでいました。 大会スタッフは、もうまさに秋山選手に触れそうでしたが、なんとか堪えて秋山選手を止めませんでした。
 昨年のプリンセス駅伝のことも有りますし、今回は特に社会人では無く大学生ということも有ってそのあたりの判断は難しかったとは思いますが、秋山選手の目は死んでいませんでしたし、本当にあと少しでしたので、襷が繋がって本当に良かったと思いました。
 最終的に秋山選手を止めなかった大会スタッフの方の勇気も讃えたいです。 もしかしたら批判を受けているかもしれませんが、僕のように思っている人間も居ることも知って欲しいと思っています。
 『もしものことが有ったらどうするんだ』とかいう意見も当然有るとは思いますが、あそこまで行って襷を繋げなかった方が彼女の今後の人生に影を落としそうだと僕は想いました。 大東文化大5区の関谷選手が名城大の加世田選手に後れをとったことで、結果的に秋山選手の遅れは順位に影響しなかったことになりましたし、秋山選手には来年以降にリベンジをして貰いたいと思います。


 さて、優勝は予想通り名城大でした。 これで大会3連覇。
 1区では中央大の五島選手が作り出したハイペースに付いていった3強が軒並み失速し、名城大のルーキー小林選手も区間9位でしたが、2区の高松選手が昨年に続く8人抜きの区間賞で一気にトップに立つと、3区和田選手が区間2位、4区のルーキー山本選手が区間賞、5区のエース加世田選手が2年連続大東文化大の関谷選手に次ぐ区間2位の雪辱を晴らす区間賞を獲得、アンカーのルーキー荒井選手も区間2位で逃げ切りました。 4年生を配しないメンバー構成でしたので、来年も盤石といったところでしょうか。

 2位は4区のアクシデントで一時4位に落ちた大東文化大が5区関谷選手が区間2位の走りで2位に押し上げ、2位を確保しました。
 特に素晴らしかったのは3区の鈴木選手。 名城大の和田選手とのデッドヒートで最後は遅れを取りましたが、それでも昨年のこの大会、富士山女子駅伝に続く区間賞は素晴らしいです。 現2年生世代では、名城大の高松選手、和田選手と並ぶビッグ3と呼ぶべき存在で、どちらにも勝っている鈴木選手は世代1位と言っても過言では無いでしょう。

 3位も昨年に続き立命館大。
 それでも2区以降、徐々に順位を上げて3位を確保しました。

 その他で素晴らしかった選手は5区エース区間で1年生ながら加世田選手・関谷選手に次ぐ区間3位で8人抜きの快走を魅せた城西大の福島摩耶選手。 区間賞の加世田選手との差は僅か9秒でした。 今後の活躍が楽しみです。

 前年4位の東京農大はエース棟久選手を欠いて10位に沈み、シード権を喪失しました。


 土曜日の箱根駅伝予選会はかなり予想外の結果でした。


 箱根駅伝予選会結果(関東学生陸上競技連盟HP)


 東京国際大が1位、神奈川大が2位でしたが、正直ここまで上に来るとは思っていませんでした。
 逆に早稲田大の苦戦には驚きでした。
 筑波大の6位が一番の驚き。 恥ずかしながら全くノーマークでした。
 逆に麗澤大は今年も次点で涙・・・ 今年はなんと26秒差。 上位10人全員がゴールしたのはチーム別では6位だったそうで、平均的に速かったものの、抜けて速い選手が居なかったことが敗因でしょうか。 外国人留学生が1人居れば確実に予選通過できたでしょうから、本当に惜しいです。 でもできれば来年、外国人抜きで本戦出場権を獲得して欲しいです。


 さて、僕の方は日曜日からラン再開しています。


 今日の走行距離 :  11.1km
                   55分15秒
                    4分59秒/km
                    12.05km/h
 今月の走行距離 : 182.07km


 左足中指はまだ少し痛みますが、内出血の跡もかなり消えて来ました。 指の足裏側は痛く無いのでほぼ庇わずに走れます。
 でも週末は8kmしか走れませんでしたし、明日も遠方に行くので走れない可能性が高く、順調だった走行距離も最終的には200kmに届かなそうです。 上手くいけば220kmは超えると思っていただけに残念です。 12日後に迫った六甲シティマラソンでの10kmサブ45もかなり赤信号点滅という感じでしょうか まあ、DNSは避けられそうなのは良かったですが。
 今週土曜日は、高校駅伝の選手達が集まる前に、河川敷のド平坦の7~10kmをレースペースに近いペース走をしようかな・・・
 
posted by ちゃんちゃん at 23:51| 大阪 ☀| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください