2019年12月15日

第31回加古川マラソン大会の天気と、目標ペース

 いよいよ来週末は加古川マラソンです。
 週間天気予報も出たことですし、現時点での天気予報と、最近考えていた大会での目標ペースについてまとめておきたいと思います。
 
 
 日曜日の天気予報は・・・


IMG_3286.PNG


 曇り時々雨で降水確率70%。 最低気温4℃で最高気温は11℃。
 まあ、こんな雨予報はいつものこと。 どうせ僕のスーパー晴れ男パワーで好転するに決まっているのであまり心配していない。 ただ、平日の内に一雨は欲しい。 最近降っていないので、そろそろ降ってくれないとさすがの僕も心配になる。


 さて、僕の目標を決めるにあたり、少し前から自分の過去の加古川マラソンと、今年3月にPBを出した篠山マラソンの走りを数字で比較してみました。


1862_001.jpg


 1番上の表は、前記4レースの前半ハーフと後半ハーフの比較。 あと各レース時の気候的コンディションや当日のウェアなどもまとめておきました。
 真ん中の表は、それぞれの30km地点の通過タイムと後半12.195kmのタイム比較。
 で、最後の表は、それを受けての目標設定タイム・ペースです。

 目標を設定するにおいて、一番難しそうだけどなんとかできないかと考えているのが後半ハーフの2時間切り。 これができたらPB更新は必然になるはず。

 上の表2つを見れば解りますが、30kmまでは4レースとも大きな差は有りません。 まあまあ揃っています。
 篠山の後半ハーフは2時間3分台と、2時間切りが見えたようなタイムですが、篠山は30.6km以降は降り基調なので、比較的走り易くなっています。 もちろん登りも有りますが、登りは歩いて降りは走るとメリハリ付けて走れるので比較的走り易いコースの結果だと思います。 加古川の後半最速は昨年ですが、それでも2時間10分を超えているので、ここを11分詰めるのは結構厳しいと考えておく必要は有ります。
 となると、あまり前半ゆったり行くのは危険に思えますので、とにかく5分20秒/km前後に安定させて30kmまでは行った方が良いような気がします。 そこからは最悪粘れずに後半ハーフで2時間が切れなくてもPBだけは死守するというのが現実的のように思えます。
 ですので、パターンBの入りのペースのまま30kmまで行ってパターンAのタイム(2時間40分)で30kmを通過し、そこからできるだけ粘って残り12.195kmを走るというのがPBの為には現実的なように思えます。
 もちろん風向きなどでペースは前後するとは思いますが、30km地点ではそのタイム目標とします。 上手く行けば3時間50分台ですが、最悪でも55分を切りたいところ。
 でも、このペースのことばかり考えたら疲れるので、仮に少々速めに入っても遅めに入っても慌てずに、無理にペースを調整せずに進みたいと思います。 どうせ速くても5分10秒台でしょうし、遅くても5分30秒前後だと思いますし。

 あとひとつ心配なのは、気温が下がって来てまた補給するとお腹がタプタプになる症状が出て来ていること。
 思い切って補給を減らしたいところですが、エネルギー切れや脱水が怖いですし・・・
 最後までそれが出なければそれだけでもサブ4は大丈夫だと思うんですけどねぇ・・・
 

posted by ちゃんちゃん at 13:59| 大阪 ☁| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日の天気は大丈夫のようですね。
流石、晴れ男ですね。
実力が発揮できますようにお祈りいたします。
Posted by まーさん at 2019年12月21日 13:33
ありがとうございます!

なんとか晴れ男パワーが発動できたでしょうか?(笑)

寒さを逆に『歩くと冷えるぞ』というプレッシャーに変えて、PB達成したいと思います!!
Posted by ちゃんちゃん at 2019年12月21日 13:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください