2020年01月14日

2020大阪ハーフマラソン、今年はCブロックに・・・

 大阪ハーフマラソンのナンバーカード引換券が届きましたが、懸念していた通り、今年はCブロックになりました
 
 
 ナンバーカード引換証。


IMG_3383.JPG


 ブロック分けの詳細は以下の写真の通りになっています。
 僕のブロックは赤い四角で囲った部分。


IMG_3381.JPG


 事前にブロック分けの仕方が今年は変わることは把握しており、事前に大会事務局に問い合わせたりもしていましたが、僕が懸念していた通り、今年はCブロックになってしまいました

 一般の部から出走した2016年はDブロックで、前が遅い上にこの年のコースはまだ現在のコースになる前で、スタート直後の大阪城公園内が狭くて前をさばくのに無茶苦茶苦労しました。
 で、2017年は陸連登録してAブロックからの出走になったわけですが、これがまた前過ぎてBブロックの速い方々の邪魔になるので実に心苦しく・・・
 2018年、2019年は登録の部もA・Bブロックに分けられ、遅い僕はBブロックに入りました。 これがなかなか絶妙で、Bブロックの最後尾のあたりからスタートすると、前はそれなりに流れるし、後ろもさほど極端に速い人も多く無いので、隅を走ればあまり邪魔にならずに済みました。

 ところが今年は登録の部がA~Cの3つのブロックに分けられました。 で、僕は一番後ろのCブロックに
 早く並べば昨年までと同様ですが、僕はトイレが近いので、あまり早くは並べません。 整列締切はスタート30分前と、大阪マラソン等の都市型マラソン大会に近いくらい早いですし、整列開始はスタート1時間10分前からですが、1時間前にはかなり並んでいます。 いくら早くても僕が並ぶのは40分前くらいなので、そうなるとほぼブロック最後尾になります。 こうなるとおそらく前をさばくのに苦労しますし、その分ストレスもかかって体力も奪われます

 今回のブロック分け、一般の部も完走証等の提出が義務付けられているのなら僕も納得できるのですが、登録の部は記録証を提出するようになっているのに(義務では無いようですが)、一般の部は完走証等の提出は全く有りません。 その中で僕より前に2ブロックも一般の部の方々が入るのは正直納得できないんですよね・・・
 僕がスタートして、前に遅い一般の部の方が居れば怒るでしかしって感じです 大会事務局側は、『ブロック分けは大会事務局を信用して下さい』とおっしゃってましたが・・・
 前から言っていますが、もう完走証の提出を全員に義務付けたら良いのにと、本当に思います。
 まあ、今回は僕もキロ5くらいで行くことになると思うので、さほどストレスはかからないとは思いますが、本気モードで走った時に2016年みたいな感じになったら本気で腹立ちますよ・・・

 これは来年からは翌週の香川丸亀国際ハーフもエントリーしておく必要が有るかもしれません。
 丸亀はウェーブスタートですが、1時間50分以内の記録証提出で、第2ウェーブからスタートできますからね。 これなら後ろ目に並んでも、さほどストレスはかかりませんし、少なくとも後ろから抜かれるストレスは相当少ないですから。
 ただ、日帰りはギリギリですが・・・

 来年はそれも考えれば、今年の泉州はなんとかサブ4達成して、きつい日程にならないように、また、スピード練習に力を入れられるようにしておきたいです。
 
posted by ちゃんちゃん at 21:19| 大阪 ☔| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください