2020年01月18日

天皇盃 第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 予想

 社会人のトップがあまり出ていない中、新潟は服部勇馬選手が回避し、さらに7区が面白く無くなって残念。
 脚の状態が良く無いそうですので、五輪前にしっかりケアしてただきたいと思います。
 
 
 ※ 今回も敬称は省略させていただきます。

 優勝予想は女子に続き京都。
 洛南高の高校生を筆頭に、中学生にも穴が無い。
 社会人・大学生にも超の付く大砲は居ないかもしれないが、GMOアスリーツの一色恭志と東海大の阪口竜平。 全く穴の無い布陣。
 ミスが出なければ、ぶっちぎりの優勝も有り得るか?

 続いては福島県。
 これからの日本長距離界を引っ張りそうな東洋大の相澤晃を7区に配置し、高校生は学法石川勢が穴が無く、中学生も強い。 バランスの良い布陣で京都に対抗する。

 3番手は長野県。
 佐久長聖勢の高校生に加え、中学生も強い。 大学からは早稲田大の中谷雄飛も居て、バランスが良い。

 4番手以降もざっくりと。

 宮城県。
 仙台育英勢の高校生は穴が無く、大学からは箱根3区2位の帝京大の遠藤大地、社会人からは旭化成の村山紘太と強力。

 三重県。
 こちらも各世代バランスが良いが、特に中学生が強い。
 2区の倉本晃羽は全国中学駅伝1区区間賞で、3000mの持ちタイムはなんと8分27秒台。 スゴイ

 埼玉県。
 まずまず世代バランスが良いが、何と言っても超大砲、設楽悠太。
 アンカーに配置されたが、どれだけ抜くのか楽しみ

 広島県。
 こちらもまずまず世代バランスが良い。
 3区青学大の吉田圭太に期待。
 先日観たテレビで知ったのですが、原監督の友人の息子さんが吉田圭太だそうだ。 彼の活躍は父親も監督も嬉しいことと思う。

 静岡県。
 社会人・大学生・中学生が強い。
 何と言っても7区アンカーには先日の箱根2区で相澤晃と併走を続けた東京国際大の伊藤達彦を配置。 また相澤とランデブーとは行かないだろうか? なったらドラマ

 最後は兵庫県。
 こちらもバランスが良い。
 しかし大砲が居ない。


  ◎京都
  〇福島
  ▲長野
  △宮城
  △三重
  △埼玉
  △広島
  △静岡
  ×兵庫


 主な区間の楽しみな対決は・・・


 3区
   駒澤大 田澤廉(青森)全日本7区1位、箱根3区3位、出雲3区2位
   青学大 吉田圭太(広島)箱根1区7位、全日本7区2位
   青学大 岸本大紀(新潟)出雲2区1位、箱根2区5位
   國學院大 浦野雄平(富山)箱根5区3位、全日本2区2位、出雲3区3位
   東海大 阪口竜平(京都)
   東海大 西川雄一朗(兵庫)
   東海大 西田壮志(熊本)全日本4区1位、出雲6区2位
   帝京大 遠藤大地(宮城)箱根3区2位
   旭化成 小野知大(宮崎)ニューイヤー6区1位
   トヨタ自動車 西山雄介(三重)ニューイヤー3区1位

 駒澤大の田島廉が楽しみだが、青学大、東海大のチームメイト対決も面白い
 そういえば以前、まだ学生だった一色恭志、下田裕太と、社会人になった神野大地が青学対決という場面が有ったが、あの時は大人げなく神野が勝ったなあ(対決した人が記憶違いあったらすいません)


 7区
   Honda 設楽悠太(埼玉)ニューイヤー4区3位
   旭化成 村山紘太(宮城)
   GMOアスリーツ 一色恭志(京都)
   東洋大 相澤晃(福島)箱根2区1位、全日本3区1位、出雲3区1位
   東洋大 宮下隼人(山梨)箱根5区1位
   東京国際大 伊藤達彦(静岡)箱根2区2位、全日本2区1位
   拓殖大 赤﨑 暁(熊本)全日本3区3位、出雲1区3位
   國學院大 藤木宏太(北海道)箱根1区2位
   早稲田大 中谷雄飛(長野)箱根1区5位

 何と言っても東洋大の相澤晃が楽しみなのに加え、ライバル伊藤達彦。
 しかし、ここは設楽悠太に先輩の貫録を見せて欲しいところ
 7区は社会人が弱いのが少々残念
 
posted by ちゃんちゃん at 20:11| 大阪 ☀| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小野知大選手は大分ではなく宮崎からですか。

実家の近くということもあり
中学生のころから応援していましたが
2年目でニューイヤーは驚きました。

宗さん等旭化成が
スカウトしてたようです。

Posted by ちょび at 2020年01月18日 22:07
中学生時代から応援していたとは観戦も力が入りますね。

僕も注目して観ますね。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年01月19日 00:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください