2020年02月01日

厚底シューズ問題は予想通りの位置に着地しそうだが、また新たな問題も・・・

 既存のネクスト%は容認という感じでしょうか。
 まあ、そりゃそうでしょうね
 
 
 今日未明からこの件については多くのニュースが出ていますが、その中で一番要点を掴んでいると思った記事を紹介しておきます。


 厚底シューズで世界陸連が新規則発表 ナイキ現行モデルは可”2時間切り”靴は規制に(デイリー)

 陸上長距離界で男女マラソンの世界記録更新など好タイムが続出している米スポーツ用品大手ナイキの「厚底」靴「ヴェイパーフライ(VF)」の規制を巡り混乱する中、世界陸連(WA)は31日、シューズに関する規則の修正を発表した。

 新ルールでは靴に関して、20年4月30日以降は、レースの4カ月前からオンライン、または店頭で購入できること(医学的理由などでカスタマイズされたものは許可される)が決められた。また、ソールの厚さは40ミリ以下、複数の剛性の埋め込みプレートは使用できないなどの要件を満たさない靴は無期限停止となる。

 現状のナイキのVFは、ソールの厚さが最大で37ミリ、反発を生むカーボンファイバーは1枚のため“合法”に。昨年10月に男子の世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が昨秋の非公式レースで、人類初の2時間切りとなる1時間59分40秒を出した際に履いていたプロトタイプ「アルファフライ」については、カーボンプレートが3枚使用されており、規制される見込みとなった。

 競技審判は競技者のシューズが規則を順守していないという合理的疑いが発生した場合、レース終了時に検査のため靴を提供するように要求する権利を持つ。

 昨秋からVFについて調査していた世界陸連の研究チームは「近年のシューズテクノロジーの発展により、スポーツの完全性が脅かされる可能性があるという懸念について十分な証拠があると結論付けた」と、表明。今後は新たなワーキンググループを設立し、市場に参入する新たなシューズを調査、監視していくことを発表した。
(引用終わり)


 東京マラソンで設楽選手や大迫選手がアルファフライを履くかと期待していましたが、それは無くなりそうですね。
 というか、僕自身が履いてみたかったので少々残念。 ただ、この辺りで規制が入るというのは適性だったのでは無いかとも思う。
 これで与えられた条件の中での各メーカーの凌ぎ合いが始まるので、ランナーにとっても悪く無い。 それでもしばらくはナイキの独走になるだろうとは思いますが。

 ただ、新しい問題点も有ると思う。
 記事に有るように、『医学的璃理由でカスタマイズされたもの』は認められるとのことでは有るが、それでも市販品が前提とのこと。
 箱根駅伝10区で区間新を出した創価大の嶋津選手のシューズはNGになるし、先週の大阪国際女子マラソンを制した松田選手のシューズもベースが市販品で無ければNGとなる。 こうなると一番痛手を被るのはニューバランスとコンビを組んだ伝説の靴職人・三村さんになってしまうのかもしれない。 他国は解りませんが、元々日本は三村さんがやって来たように、選手一人一人に合わせた特注シューズで闘って来た。 体格的・体質的に恵まれない日本人には不利な条件となったかもしれない。
 
posted by ちゃんちゃん at 14:36| 大阪 ☀| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください