2020年02月06日

ナイキ厚底第4世代『アルファフライ』は新規準適合か?

 ナイキが厚底第4世代となる『アルファフライ』の発売を正式に発表しました。
 先日、世界陸連が発表した新規準にも適合するという考え方とのことで、東京五輪にも着用可能という話です。
 
 
 NIKE、新型厚底シューズ「アルファフライ ネクスト%」発表。NIKEの代名詞「ズームエア」を前足部に搭載

 NIKE(ナイキ)は2月6日未明、新型ランニングジューズ「ナイキ エアズーム アルファフライ ネクスト%(Nike Air Zoom Alphafly NEXT%)」(以下、アルファフライ ネクスト%)を発表しました。NIKEのアメリカ版公式サイトによると、2月29日にリリースされるようです(日本国内は未発表)。

前足部に搭載された「ナイキ ズームエア ポッズ(Nike Zoom Air Pods)」
 クッション性やエネルギーリターンの向上を目的に、NIKEを代表するテクノロジーでもある「ズームエア」を、ここにきて搭載してきました。前足部に、「ズームエア」が2つあり、「ナイキ ズームエア ポッズ(Nike Zoom Air Pods)」という名称が付けられています。

進化した「カーボンファイバープレート」
 「ヴェイパーフライ ネクスト%」と同様に、ZoomXフォームやカーボンファイバープレートを搭載していますが、その前モデルからよりアップデートされたものになっているとのこと。なお、カーボンファイバープレートは、1枚のみ。ソールの厚さは40mm以下で、オフセットはヴェイパーフライ NEXT%から変わらず8mmとなっています。

アッパーに搭載された「アトムニット(Atomknit)」
 アッパーには、非常に優れた通気性を持つアトムニットを新採用しています。ちなみに、ヴェイパーフライ ネクスト%のアッパーには、ヴェイパーウィーブという素材が使用されています。

 NIKEは、「アルファフライ ネクスト%」について、「アスリートに大きな恩恵をもたらすように設計されたフットウェアイノベーションシステムである」と紹介しています。なお、「アルファフライ ネクスト%」のほかにも、長距離用シューズの「ナイキ エアズーム テンポ ネクスト%(Nike Air Zoom Tempo NEXT%)」と「ナイキ エアズーム テンポ ネクスト% フライイーズ(Nike Air Zoom Tempo NEXT% FlyEase)」、短距離用スパイクの「ナイキ エアズーム ヴェイパーフライ(Nike Air Zoom Viperfly)」、中距離用スパイクの「ナイキ エアズーム ヴィクトリー(Nike Air Zoom Victory)」もあわせて発表されています。

 しかしながら、今回発表されたプレスリリースでは、「アルファフライ ネクスト%」についてこれ以上のシューズの詳細、価格などについて言及されていません。また日本国内向けの情報についても現時点で発表なし。続報が出次第、随時お伝えしていきます。
(引用終わり)


 新規準に適合しているという点についての記載が無い記事をわざわざ引用してしまいましたが、それは他の沢山のネットニュースで取り上げられていましたし、この記事を引用した理由としては、アルファフライの写真がたくさん掲載されていたことと、同シリーズのシューズの写真も掲載されていたためです。
 キプチョゲ選手がイネオス159チャレンジで使用したプロトタイプのプレートを3枚から1枚にデチューンし、新規準に適合させたのですね。 ちょっと対応が早過ぎるのが気にはなりますが

 ただ、この『新規準に適合している』という部分については本当にそうなのか、個人的には疑問を感じている部分は有ります。
 確か、新規準を決定するにあたり、現在の取り決めはあくまで仮のもので、これから詰めて行く為に、『当面、新技術の導入は認めない』といった記述をどこかで見た気がするからです。 この発表を受けて自分でも検索したのですが、なぜか見付かりませんでした。 もしかしたら僕の気のせいの可能性も有るのですが・・・
 僕が気になっているのは、『ズームエア ポッズ』がそれ(新技術)にあたらないか? ということ。
 まあ、ナイキはかなり昔からこれを使っているので、『新技術』ということにはならないとは思うのですが・・・

 このシューズが新規準に適合するというのなら、僕は是非ともこれを入手したい。
 来週の泉州でサブ4達成を前提としての話にはなりますが、来季の10kmサブ45、ハーフサブ100の為の秘密兵器にしたいところ。
 耐久性が向上した上に、クッション性がさらに高まっていそうですし、何よりアッパーのニットが復活し、さらにそれが水分に対して強くなった(別記事で読みました)というのだからこれは買いです。 僕レベルのランナーなら、おそらく足に優しいことは有っても怪我のリスクが高まるということも無いと思っていますし、是非とも夏のボーナスで購入したいところ。

 今後もこのシューズの扱いを注視したいと思います。
 
posted by ちゃんちゃん at 18:17| 大阪 ☀| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください