2020年02月07日

ノーミス続出の男子SP : フィギュアスケート四大陸選手権

 地上波で放送された演技はほとんどがノーミスの素晴らしい演技でした
 
 
 その中でも特に良かったと感じたのは鍵山優真選手。
 3Lzに!が付いたものの減点は免れましたし、何と言っても4Tの着氷と、3Lz+3Tのセカンドの着氷が『ふわっ』という感じで、シニアに上がった頃の真央ちゃんのジャンプを観ているようでした。
 FSは最終Gに入りましたし、表彰台を目指して頑張って欲しいです

 友野君も気魄の籠った良い演技でした。
 ただスピンではトラベリングが目立ちましたし、加点を伸ばせなかったでしょうか。
 4回転2本決めても最終Gに入れないとは厳しいですが、明日も是非攻めた演技を魅せて欲しいです。

 海外選手では、ジェイソン・ブラウン選手が特に良かったです。
 4回転こそ無いですが、ステップとか凄く良かったです。
 あと、ボーヤン選手の好演技も嬉しかったです。
 3Aの着氷は少々乱れましたが、4Lzをしっかりと決めたのは大きかったですね。
 チャ・ジュンファン選手は3Lz+3Loが決まって良かった。 セカンドループはやっぱり好きです。 3AがURは残念。

 羽生選手はほぼ完璧な演技でしたが、あの別次元の加点の激しさには観ていてなんだかなあという想いばかりが湧きあがり、素直に喜べません。
 ジャンプ3本のGOE評価、27しか無いのに、その内15が5で、残り12全てが4ですよ。 何? 基礎点って?
 このルール改悪の際、こういうことが容易に予想されたので、僕は大反対でしたが、悪い意味で予想通りというか何というか・・・
 観ていてバカらしくなるというのが正直なところです

 その後のプーシャワーも、げんなりしてしまう大きな要因です。
 確か今年の四大陸は一度は投げ込み禁止になったと聞いたような気がするのですが、最終的にはどうやらそうでは無かったようです。
 今回は羽生選手が何度も集めに回っていましたが、それでも進行には影響が出たでしょう。 続く演技者であるブラウン選手も何か拾っていましたし。
 演技の進行を妨げるようなファンには観に行って欲しく無いですね
 あのブラウン選手の行動を観るだけで無く、あの羽生選手の姿を観て今後もまだ激しく投げ入れを続けるというのなら、そんなファンはクズですね。 限度を考えて控えろよという感じです
 明後日のFSはあのようなことが無いように祈りたいです。 唯一許されるとすれば、それは羽生選手が最終滑走だった時でしょう。


 男子SPジャッジスコア


 昨日の女子SPは日本選手が頑張りましたね。
 明日は特に坂本選手には思い切った演技を期待したいです


 フジテレビの放送は安定の舐めた放送でした。
 昨日の女子SPはなぜか男子の羽生選手の過去の演技を繰り返し流していました。
 そんなのエエから一人でも多くの女子SPを流せっちゅうねん! という感じでした

 今夜は今夜で放送時間内に予定されていた鍵山選手の演技からLIVEで流すのかと思ったらまさかの録画放送・・・
 ホンマ、エエ加減にせえよ!!って感じです
 
posted by ちゃんちゃん at 23:01| 大阪 ☁| Comment(8) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽生選手、スーパースラム達成おめでとう!
って、スーパースラムって何じゃ?(笑
無良くんのインタビューでは「そんなものが有るのは初めて聞きました!?」だってさ。(爆笑
ここのところ話題が無かったんで、マスコミが盛り上げるために持ち出したんでしょうかね?
女子ではザギトワちゃんが達成しているらしいけど、全く報道されませんでしたよね。
飼い犬のことをあれだけ話題にしていたにもかかわらず・・・

まあ、史上初とかの箔が好きなようなんで良かったんじゃないですかね?
ちなみにプル様の時代にはJGPファイナルは無かったそうなんで、達成しようにも出来ませんよね。
もしあったらおそらく制覇していただろうから、羽生くんの史上初は無かったのかな~?
Posted by Mizo at 2020年02月10日 09:33
無良君、そんなこと言ってたんですか(笑)

まあ、本人はどうか知りませんが、マスコミがそういう箔を付けたいというのはそうなんだと思います。
女子ではザギトワ選手が達成済みということはあえて報道しないのでしょうね。少なくとも僕は見かけて無いです。まあ、スーパースラムとやらに興味が無いのであまりそういう記事を見てないからかもしれませんが(苦笑)

おっしゃるように、プルシェンコ氏の時代にJGPFが有れば達成しているでしょうね。
それならそれで、『憧れのプルシェンコ氏に次ぐ史上二人目の達成』とか言うのでしょうが。たぶん、プルシェンコ氏の時代にスーパースラムなんて言葉が作られてたかどうかは相当怪しいですが(苦笑)

昨夜は早く寝たかったのも有って感想記事は書きませんでしたが、友野君、鍵山君、ナム・ニューエン選手、チャ・ジュンファン選手が良かったと思います。
羽生君の『SEIMEI』は、過去のGPFの演技が衝撃的過ぎて、スケールダウンした印象しか感じなかったというのが正直な感想です。


Posted by ちゃんちゃん at 2020年02月10日 12:18
スーパースラムはオリンピックチャンネルというマスコミ?が言い出したことで、ISUの正式タイトルでは無いようです。
だったら無良くんが知らなかったのも当然かな?
一説によるとおヨナさんが達成した時に、持ち上げるために言い始めたという噂もあったりして・・・
今回報道が出ているのは、爆上げ度が似ている二人ならではなのかもしれませんね。

真央ちゃんのファイナル含むGPシリーズ全制覇は「何スラム」と呼べば良いんでしょうかね?(笑
他に達成した人っているのかな?
羽生くんはファイナルにはめっぽう強いけど、GPシリーズはあまり勝っていませんよね。
ジュニア時代の栄冠を引っ張り出すよりも、シーズン全勝とかのほうが価値が高いと思うんだけど・・・
それにザギちゃんは3シーズンでスーパースラム達成しちゃってるわけだし。
(おヨナさんは5シーズンで羽生くんは11シーズン。(笑)
Posted by Mizo at 2020年02月11日 09:25
羽生君ファンを刺激しまくるような比較はやめておきましょう。
中には悪質なファンも居るので。

まあ、そんな言葉は正式には無いでしょうね。テニスのグランドスラムすら怪しいですし。おそらく達成者が出た為に作られた言葉でしょうし。
おっしゃるように、ジュニア時代のタイトルも並べてわざわざそんな名称を創ることになんの意味も無いですね。
ただ、羽生君を擁護する訳では有りませんが、ワールドを控えた四大陸にあまり価値を見出せませんから、羽生君ほどの選手が特に出る必要も無いでしょう。なのでなおさらそんな言葉作ったところで、別に羽生君の戦績の価値が上がるとも思えませんし、マスコミやファンがその言葉を使えば使うほど、安っぽくなるだけだと思いますね。

ヨナってJGPF勝ってたっけ?
と思ったのですが、そうか、真央ちゃんがシニアのGPF勝った裏で勝ってたんですかね?(笑)
Posted by ちゃんちゃん at 2020年02月11日 10:08
過激なファンは確かに怖いです。
毒を吐くなら自分のブログでやるべきでした。(笑

真央ちゃんがよく出ていたので四大陸も大きな大会ってイメージを持っていましたが、ウチのカミさんに言わせれば「国内2番手の選手が出る大会」って認識なんだとか。
確かに今回しょ~まもネイサンも居ませんもんね。
盛り上がりに欠ける大会を何とか注目させようとのフジTVの仕掛けかもしれませんね。
それでも視聴率は「ポツンと一軒家」に持っていかれたみたいですが。

おヨナさんは真央ちゃんが出なかったJGPFで勝っています。
2006ジュニア選手権も真央ちゃんの連覇が期待されましたが、おヨナさんに次ぐ2位でした。
現地で体調不良になったとかで、「何か盛られたのでは?」なんて憶測もありましたね。
なんせシニアのGPFを制覇して、トリノ五輪の年齢問題で騒がれた後でしたから。
まさかジュニアの大会で勝てないとは、日本中が思っていなかったんでしょう。
その後、良くも悪くものライバル関係になって行くわけですが・・・
Posted by Mizo at 2020年02月11日 13:02
まあ別に良いんですけどね。
11シーズンってのだけは余計だったかも?(笑)
まあ、今後も毒吐いて下さって結構ですよ。『これ以上は止めておきましょう』と
思えば言うようにしますので(笑)
ちなみにヤグディン氏とプルシェンコ氏がJGPF以外勝っているみたいですね。

四大陸は世界選手権に出れない選手を出してあげて欲しいなと前から思っています。
世界選手権に出る選手が調整のためにどうしても出たい場合はそちらを優先させるのは仕方ないとは思っていますが。

真央ちゃんの時はそういうの有りましたね。
まあ、さすがに何か盛られたというのは考え過ぎだとは思いますが。
真央ちゃんはGPF初制覇の後くらいから体型変化の影響が大きかったような気がしますし。

Posted by ちゃんちゃん at 2020年02月11日 13:19
私のパソコンが、たまたまだったのだと思うのだけど、羽生アンチを探っていたら、羽生選手コーチ変更云々で、こちらのブログへ来てしまった。最新の記事はマラソンのことばかりで、あれ~?となったけど、フィギュアスケートの記事も定期的に挙げられていることに気づき、2年前くらいまでですけど、それらの記事、そこでのコメントのやり取りは読ませてもらいました

羽生選手はまず姿かたちが完璧なので嫉妬されるのは、ある意味仕方がないかなと私は思う。たぶん羽生選手を叩きたくて言った言葉が、結果誉めてるじゃんという言葉にも時々出くわすが、選手でいられる期間が短い競技はフィギュアースケートに限らず多々あるけど、11年ってそんなに長い期間トップクラスで、活躍されているんですね、となるような気がします。ザキトワさんは、15歳でオリンピックに出れたことを嫌味にいう人はいまだに多いのに、こればっかりは、早ければいいというものでもないような気がします。すみませんコメントを受けるのは嫌いじゃないような印象感じましたので、これを言いたかったのでコメントしました
Posted by ママン at 2020年02月12日 09:56
ママンさん、はじめまして。
コメントありがとうございますm(_ _)m

そうなんですよ。
羽生選手が大会に出ると、何故かその記事が検索にかかりまくりでアクセス数が無茶苦茶伸びるんです。
他にも沢山、羽生選手のことは書いているんですけどね。

嫉妬に見えますか。
そのつもりは無いのですが、その様に感じられたのならそうなのかもしれませんね。
ただ、ここ2年間くらいの記事をお読みいただいたということなので解らないかもしれませんが、羽生選手がシニアに上がった頃は応援有るのみでしたよ。
姿形が良いというのもフィギュアスケートにとっては一つの良い要素だと思っていますし、羽生選手は何より華が有りましたからね。
しかし、『絶対王者』を口にするようになってからの羽生選手は好きになれなくなりました。日本選手ですし応援はしていますが、宇野君や友野君の方をもっと応援したいという気持ちになりましたね。
彼の言動は自身を鼓舞するためも有るのでしょうが、僕はあれをどうしても好きになれません。

11年という長い期間、トップクラスで闘い続けるのは確かに大変で、評価されるべきことですね。真央ちゃんもそうでしたし。

もし良ければもっと昔の羽生選手関連記事を読んでいただけたら幸いです。真央ちゃんが引退して以降、どうしてもフィギュアスケートから興味を失って行っているので、最近はフィギュア関連記事を書くことが減りましたが、以前は良く書いていました。
でも今でも地上波放送は欠かさず観ていますよ。で、書きたい時には書きます。これからも。

おっしゃるように、コメントを受けるのは嫌いでは無いですよ。
一方的に自分の意見を押し付ける人で無ければ大歓迎です。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年02月12日 10:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください