2020年04月09日

罰則無し要請で自主的に休業する日本企業 果たしてこれは、日本人の誇るべきマナーなのか、ネット社会の闇・同調圧力の恐ろしき影響なのか?

 賛否どころかほぼ批判しか無いとは思いますが、今日はちょっと書いておきたいと思います。

 読者様にはドン引きされてしまう可能性も高く、以後読んでいただけなくなってしまうかもしれませんが、黙っていられないので・・・
 もしお読みになられて不快感を感じる方がいらっしゃるようで有れば申し訳有りません。 先に謝っておきます。
 そういう自分にとってのリスクが有っても書きたかったことなのでお許しいただきたいと思います。。。
 
 
 今朝も徒歩通勤しました。
 夜ラン11km→徒歩通勤4km→夜ラン11km→徒歩通勤4kmと約36時間で実施しましたが、徒歩通勤が効いているのか、両スネが張っています。 やり慣れないことをすると、やはり影響が有りますね。


 昨夜、嫁さんから梅田の大手のお店は休業に入ったと聞きましたので、今朝の徒歩通勤時には歩きながら周りをちらちら確認しながら歩きましたが、確かに阪神百貨店は平日の食料品販売エリアを除き休業しているようですし、カフェのチェーンも軒並み休業しています。 北新地辺りの飲食店も休業しているようです。 驚いたのは、淀屋橋のミズノもGW明けまで休業だとか。 ミズノが密になりますかね? かなり疑問です。 もちろん自社従業員の通勤によるリスクを回避するという意味は解りますが・・・

 今日、某建設会社は緊急事態宣言の出た地域では原則として現場を止めるという話も聞きました。 建設会社としてはこれによる同調圧力が怖いです。 体力の有る会社は生き残るでしょう。 僕の会社規模の会社ならば簡単には潰せないとは思いますが、下請企業には倒産が相次ぐ危険性も出て来ました。
 こうやって我先にとリスクを怖れて大きな体力の有る企業が率先して自粛して、それに同調しないと悪だという世間の同調圧力に屈し、結果、同系中小企業が批判にさらされて休業に追い込まれて存続できないというような構図はいただけません。 逆方向に向かう骨のある大企業が有っても良いと思うのですが、まったく有りません。
 今は非常に経済と安全のバランスが悪い。 今は同調圧力による安全に極端に寄ってしまっているのでは無いでしょうか?


 いったいいつまでこんな状態を続けるつもりなのでしょうか?
 ワクチンができるまでなんて言ってたら1年以上かかるという話ですし。
 海外の感染拡大状況を見ていると、気温や湿度が少々高くなってもこの感染状況が画期的に好転するとは思えませんし、抑え込めば抑え込むほど新規感染者は爆発的には増えない代わりに長く細く発生し続ける可能性が高いはずです。 今の自粛状態がいったいいつ解けるのかは正直解りませんので、補償をするにしても、現段階ではいつまで? どの程度? の補償が必要なのか全く想像がつかないので下手に補償に動けないように思えますし、何しろ莫大な費用が必要になるのでは無いかと思います。

 僕が一番考えてしまうのは、僕(我々)の子供や孫の世代にその負担を押し付け無いで欲しいというのが正直一番大きいです。

 一部、クラスターが発生する可能性が高いような業種(三密の揃うような業種)には強く自粛要請をした上で補償も最低限かけ、経済活動をできる限り続けて企業や個人にはしっかりと納税させ、その納税で医療の充実や補償にお金を回した方が、経済的損失は少ないのでは無いかと思うのです。

 もちろん、死者は今よりもかなり増えるでしょう。
 でもです。 そもそも究極を言えば、地球上に人間は必要でしょうか?
 地球環境にとって悪い影響しか無いですよね?
 増え過ぎた人間は減るべき時期に来ているのでは無いでしょうか?
 僕が子供の頃の世界人口は40億人台だったのに、今は軽く70億人を超えています。

 言っておきますが、僕はノイローゼになっているわけでも無く、気が狂ったわけでも有りません。
 選民思想というわけでも有りませんし、自分でも変わっているんだろうなとは思いますが、特別ヤバい奴だとも思っていません。 もちろん自分の思想がこうだからと言って、他人も自分も殺そうとは思いません。 殺したい奴は居ますけどね。
 今日、いま書いていることは僕のもともと根幹に有る考え方なんです。
 人間の愛や情は凄く尊いものだとは思いますが、しかしながら地球上に必要な生物だとも思えないのです。 最近の同調圧力の酷さやネットで見る暴言の数々を見ていると、正直、人間が嫌いになりそうでは有りますが、愛も情も凄い生き物でも有るので、とことん嫌いにもなれないのです。


 今の世の中のような同調圧力(特にネットを通じた)のせいで、『自分が、自分の会社が、クラスターを発生させてしまったら社内で、コミュニティで、業界で、日本で、社会的に抹殺されてしまうのでは無いか?』というリスクばかりを怖れ、金銭的にも精神的にもあまりに負担が高過ぎます。 こんな楽しくない世の中であって良いのでしょうか?

 正直、出口も見えないのに毎日ビクビクして過ごさないといけないようなこんな社会に我が子供たちを置くことが我慢なりません。
 しまいには子供たちに『こんな世の中に産んで申し訳ない』という気持ちさえ湧いて来ます。

 今日、こんな話を同僚としたところ、『自分が罹るとは思って無いから、そんな言が言えるのでは?』と言われましたがそうでは有りません。 もちろん死にたいわけでは無いですが、今みたいな極度の閉塞感・同調圧力によるプレッシャーの中で生きるくらいなら、子供たちに負の遺産を遺すくらいで有れば、その死者の数の中に自分が入ってしまっても良いと思っています。 少なくとも癌で亡くなるよりは楽なはずですから。 僕は父の1年半の闘病生活を見て来て、あんな辛い死に方は絶対にしたくないと思いました。

 ただ、コロナウィルスで亡くなった場合、家族にも見送って貰えない・見送ることができないというのは、僕だって無茶苦茶辛いです。。。

 表題に書きましたが、今の日本の雰囲気は本当に日本人の誇るべき道徳なのでしょうか? もちろんその部分は大きいとは思いますが、僕にはネット社会の闇の一部である恐るべき同調圧力による暴力から身を守る為の対応なのでは無いかと、本気で思えています。


 確か先日も書きましたが、いま抑え込めば抑え込むほど、最終的には日本だけがダラダラと感染者を出し続けて世界からこのままでは日本だけが取り残され、死者の数が少ないにも関わらず、世界中から批判の的になり、オリンピックも無くなって批判され、とんでもない経済的損失だけが残るのでは無いかと本気で危惧しています。

 お願いだから、誰か、他に経済的損失を最小限に抑え、我々の子供や孫の世代に残す負の遺産をできる限り少なく済ませるような良い案を出してはくださらないものでしょうか?

 とうとう極小規模で開催されていた淀川のマラソン大会も緊急事態宣言を受けて4月大会の中止を決めたようです。
 一番良い気候のこの時期に、スピード練習には最高の舞台だっただけに無くなったのは痛い。 ますます練習に対するモチベーションが上がりません。
 今週末は土日セット練習を考えていましたが、母が買い物か何かで困っているようなら、そちらの対応を優先しようかな・・・ カメ達に新鮮な生餌も与えてあげたいし・・・ それは来週の予定にするつもりだったんですけどね・・・
 天気が良ければ生餌を捕りに行くのもリフレッシュになるかもしれませんし。
 本当は亡父の姉兄のところに行ってあげたいのですが、万一僕が感染していたらほぼアウトですので行けませんしね・・・


 暗いニュースばかりの世の中ですが、昨日は競馬は無観客での開催を続けるというニュースが入って来ました。
 大きなレース以外での東西の馬の移動や、土日通じて1人の騎手は同じ競馬場で乗らないといけないとか、移動制限を設けて対処するようです。
 こんな時にギャンブルなんて、という方も居るとは思いますが、少しは娯楽が無いと、疲れてしまいますので良いことだと思います。

 早く、明るい世の中が戻って来て欲しいです・・・


 今日もコロナに振り回された1日でした。
 まもなく新入社員を受け入れなければなりませんが、東京から移動して来るという理由で異様に気を遣っていて、予定が二転三転しています。 結局その負担は、大阪建築においてはほぼ僕にのしかかって来ます。 今日はその予定調整で凄く時間を取られました。 しかもその新入社員4名を車に乗せて1日移動しないといけないという。。。 5人乗りに5人乗車。。。 密やんけと。。。 でもこれは新入社員も嫌でしょうし、誰か手伝わせて2台で移動しようかな。。。
 今週は本当に長いです。。。 こんな長い1週間は何年ぶりでしょうか。。。


 僕の考える最悪のシナリオにならなければ良いのですが・・・
 無茶苦茶不安です。
 せめて僕の想像が外れることを期待しています。。。
 
posted by ちゃんちゃん at 22:40| 大阪 | Comment(23) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あえて嫌がられる必要があるのかなと思いつつコメントいたします。
批判はしませんが批判ととられるかもしれませんので先に謝っておきます。

自分はマスクもしませんしフラフラと走り回っているし3連休には旅行に行ったりしてますので、どちらかというとクラスター発生源予備軍なのかもしれません。
それでも体調には気を付けて人込みには出掛けず買い物も必要最低限にして暮らしております。
自分の考えとしては人にうつさないように生きる、それだけです。
自分の勤め先は定年らしい定年がなく70才以上の人がうようよいます(笑)
その人たちを見てて感じることはコロナに非常に敏感になっているということです。冷ややかな言い方になりますが、やはり長生きしたいのでしょう。
その人たちの人生を邪魔する権利はないだろうというのが自分の結論です。
余談ですが、姫路城マラソンの件もボランティアさんが不安だろうなぁと考えたら不思議と納得してしまいました。

自分はなんだかんだ言ってまだ今年50です。たぶん罹患しても何とかなるでしょう。
ただ両親は80以上ですから罹ればアウトの可能性は高いです。
先日も実家に行きましたが外部の人間と接触は避けたいのでしょう。早々に帰ることになりました。不安があるのなら仕方ないことです。自分としても志村けんさんのようにあっけなく逝かれると困りますからね。
やはり近しい人にはうつって欲しくないです。たとえ治るとしても。

いわゆるマクロ的に見ればいろんな意見があるとは思いますが、ちゃんちゃんさんはとても家族思いの方と思っています。ミクロ的に見て身内が罹患したら悲しむと思いますよ。その時は絶対治ってほしいと思うに決まっています。
だからあんまり過激な意見は自重されたほうが良いのではと思っています。このブログの1ファンとして振り幅の大きい意見は勿体なぁと。

あまりにも皆さん静観されているのでつい・・・とりとめもない長文失礼しました。
Posted by 銀ベェ at 2020年04月10日 00:45
賛成です。
自分の数理モデルでも、抑えすぎて解放したら再流行します。
8割でなく5割が丁度良いという計算結果です。

あと、死者数はどうでしょう。
ソースによって違いがありますが、失業率が3%増えたら自殺者が5000人増えるとして、それに対してコロナ感染症での死亡率3%から考えると、17万人の感染者を抑制できていたらこの自粛・休業が勝る、となりますね。

死者の年齢から推測される命の価値にまで踏み込んだら・・・自分のブログに書く自信はありません・・・

ベストなシナリオとしては、自粛で時間稼ぎしている間に、医療資源(マスクや軽症者用施設等)、検査、治療薬などの態勢が整えば、早く解除してほしいですね。
Posted by プー at 2020年04月10日 08:46
あるよ。
みんなコロナで死ぬことが怖いのだろう?
致死率が今よりもっと下がれば不安はなくなる。
それは、治癒した患者の血液や血漿を重症者に投与(輸血)することだ。
人間の作る抗体を使うんだ。
致死率が90%のエボラ出血熱において、1995年にコンゴで感染が起きた際には、回復した元患者の血液を8人の患者に輸血し、そのうちのなんと7人が回復をしている。
輸血のリスクはあるがやってみる価値はある。なんでやらないだろうと思う。
Posted by まーさん at 2020年04月10日 09:01
いつもマラソン記事を楽しませてもらっています
ブログのファンなのでここ最近の内容に反動が大きく、思う所を書かせてください

生きていく上で経済活動は最重要ですが人が居ないとそれも動きませんよね
コロナが蔓延して多少の死亡者が出ようとも免疫獲得を推奨されてるようですが
身近でそれが起こる事を想定しての考えでしょうか?
極端な考えの割に社内で一番最初の感染者は嫌だとかつまらない体裁をお持ちで
蔓延した方が良いと言うのに亡き父の姉兄の所には感染リスクを考えて自重する
発言と行動が内と外で乖離し過ぎな気がしてなりません

蔓延、免疫獲得が通常生活復帰へ最善とお考えならばまずご自身そして家族から感染するのがベストではないですか?

自分の見えない所で広がるのは大賛成で、身近に来るのはある程度こなれてきてからねって虫が良すぎませんか
Posted by あるく at 2020年04月10日 15:44
> 銀ベェさん

 コメントありがとうございます。
 正直、この記事はコメント付かないとなかなかキツいというか、さらに重たくなってしまうので早々にコメントいただけてありがたかったです。 特に読者さんの中ではたぶん僕をかなり深く知って下さっているであろう銀ベェさんのコメントはありがたいです。 言いにくかったのでは無いかと思いますが、本当にありがとうございます。
 ただ、思った以上にコメントいただきました(笑)

 銀ベェさんのコメントは批判だとは思いませんが、忠告だとは思っておきます。
 銀ベェさんのコメントは僕を想って下さってのことだと思いますので、逆に今後の僕がその想いを裏切る結果になる可能性も有るわけで、こちらの方こそ先に謝罪しておきます。 申し訳ありません。

 銀ベェさんがマスクしないというのは少し意外です。
 僕はマスクすると何かポーっとして来て熱出たようなだるさを感じる人間なのでマスク嫌いなんですが、最近はさすがに仕事中で近くに他の方が居る時や通勤電車の中では周囲が嫌だろうなと思いますのでマスクするようになりました。

 銀ベェさんのご両親は親族との接触もあまり望まれていないようですか。
 僕の両親はご存じの通り、父が他界して80歳を過ぎた母が一人で暮らしています。 だからでしょう。 足があまりしっかりしていないことも有りますし、僕や兄が行くのを楽しみにしていますし(特に兄を)、灯油をストーブのタンクに入れたりとか、アテいしてくれていますし。 母が接触したくないようならさすがに行きませんが、行くと喜んでくれている様子なので、毎週末、たとえ1時間でも行くようにしています。
 僕と逢うことはリスクだとは思いますし、当然母を感染させたくは無いですが、母が嫌じゃなく、むしろ喜んでくれているようなので、最大限気を付けて今週末も会いに行きます。 今朝、買い物連れて行くと電話したら喜んでましたし。 僕も日曜日はランオフにして、土日でエビ獲りしたり、リフレッシュしようと思っています。

> だからあんまり過激な意見は自重されたほうが良いのではと思っています。

 お心遣い、ありがとうございます。
 僕の性格を良くご存じかと思いますので、なかなか難しいだろうことはご理解しただいていると思います。 なかなか素直にご忠告に従うことはできないかもしれませんが、心には留めさせていただきます。

 本当にありがとうございます。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月10日 18:35
> プーさん

 ありがとうございます。

 ただ、僕の意見に賛成と言ってしまうと、他の方に誤解を招いてしまいますのでご注意下さいね(笑)
 実際には全面賛成なわけでは無く、自粛の程度とリスクのバランスを考えるべしという見解なのでしょうし。

 プーさんのSEIRモデル。
 きちんと読み込めていないので正直良く解らないのですが、接触8割削減と5割削減では後者の方が期待できるというのは興味深いですね。 8割削減は緊急事態宣言をGW明けにおさめてしまうからということでしょうか?
 ただ、5割削減を続けても、6月いっぱいはダメそうですね。
 僕は数学的なことは正直イマイチ理解できていないのですが、世界各国の状況と日本の状況を考えた時、肌感覚でしか無いのですが、ワクチンができるまではとにかくこんな感じなのでは無いのかな? と思ってしまうのです。 結果、プーさんのおっしゃることを信じられないのか? ということになってしまうのでしょうが、ウィルスのマイナー変異の可能性も有りますし、高温でも高湿でも極端に活動が落ちそうにありませんし、どうしても最悪の方向を想像してしまいます。 申し訳有りません。
 現状ではプーさんのような医療従事者への負担がものすごく心配です。 なので、分配するような現金が有るのなら、なんとかそちらへ回して少しでも見返りと人的資源を投入して欲しいと切に願っています。

 マスクはプーさんの予想通り、そろそろ入手できそうな空気になって来ましたね。

 ところでプーさんのSEIRモデルですが、僕のブログの読者の方もご興味有るかもしれませんし、こちらに紹介させていただいてもよろしいでしょうか?

 
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月10日 18:59
> まーさん

 そんな手段が有るのですね。
 でもしないということは、何かできない理由が有るのでしょう。

 少なくとも日本では何か行動を起こすにも、薬の認可を取るにせよ、ものすごく障壁が多く有りますし、時間もかかりますから・・・
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月10日 19:05
> あるくさん

 はじめまして。
 コメントありがとうございます。
 普段からブログをお読みいただいているということ、ありがとうございます。
 最近の記事で失望させているようでしたら申し訳有りません。 ただ、僕はこういう人間です。

 ご質問にお答えさせていただきますね。

> 身近でそれが起こる事を想定しての考えでしょうか?

 もちろんそうです。
 ウィルスは相手を僕の身内であろうが、他人であろうが、関係無く襲います。 よってそれをこちらが選んで防ぐことは当然できません。 手洗いやうがいなど、できる範囲の予防を心がけた結果、リスクが多少上下するだけの話だと思っているので、最低限というと語弊は有りますが、そういうリスク低減はすべきだし実際に僕もしています。 その結果、かかってしまったら仕方ないと思っているだけの話です。

> 極端な考えの割に社内で一番最初の感染者は嫌だとかつまらない体裁をお持ちで

 つまらない体裁ですか?
 それがいけないことですか?
 社内や、下手したら社会から抹殺されかねないくらいのその同調圧力が何より怖いと言っているのですよ。

> 蔓延した方が良いと言うのに亡き父の姉兄の所には感染リスクを考えて自重する
> 発言と行動が内と外で乖離し過ぎな気がしてなりません

 乖離しているとは思いません。
 蔓延した方が良いとは言っていますが、あくまで適度な自粛をした上での程度の話です。 感染して免疫を獲得した方が良いとは言っていますが、別にわざわざ進んで感染すべきとは言っていませんよ。
 それに亡父の姉兄ですが、姉は90歳を軽く超えていて、幼少期に下半身が麻痺し、ずっと不自由に90年近く生きて来ました。 今ではほぼベッドの上で24時間生活しています。 血縁の全く無い母も心配していますので2~3か月に1回くらい母を連れて一緒に行くのですが、逢いに行くといつも『早く死にたい。 迷惑をかけたくない。』なんて言われるんですよ。 とても辛いことです。 兄も90歳に近づいて来ていますが、25年くらい前でしょうか、脳卒中で倒れてからはしゃべりもろれつが回りにくいですし、その後も何度か軽い脳系の疾患も有りました。 そういう大きな持病を持つ、抵抗力の弱い高齢者を気遣ってはいけませんか? 何度も言いますが、リスクとのバランスを言っているのですよ。

> 蔓延、免疫獲得が通常生活復帰へ最善とお考えならばまずご自身そして家族から感染するのがベストではないですか?

 何の為にそんなことしなくてはいけないのですか?
 自分が感染しないことは他人への感染リスクの低減にもなります。
 先も書きましたが、蔓延した方が良いとはいっても誰も進んで感染しろとは言っておらず、あくまで自粛による感染リスクと経済的損失のバランスだと言っているのですよ。
 僕も極端ですが、あるくさんもなかなか負けずと極端な考え方をお持ちですね。

> 自分の見えない所で広がるのは大賛成で、身近に来るのはある程度こなれてきてからねって虫が良すぎませんか

 どこにそう書いていますか?
 その部分を示して下さい。
 よろしくお願いいたします。

Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月10日 19:41
> プーさん

 一点追記です。

> 死者の年齢から推測される命の価値にまで踏み込んだら・・・自分のブログに書く自信はありません・・・

 僕もそこだけは文章にはできません。
 それは仮に事実で有ったとしても、正義や道義には反していますので。
 ただ、年齢は関係無く、命の価値に差は有ると思っています。 この世には生きている価値の無い人間は残念ながら居ます。 もしかしたら僕自身がそういう人間なのかもしれませんが・・・
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月10日 19:45
なかなかの爆弾を投下しましたね~!(笑
最近の他のエントリーでコロナのことについての考えを書かれていましたので、私的には今回の内容も「ああ、ちゃんちゃんさんらしい考え方だな。」と思い違和感はありませんでした。
まあ、人それぞれ思うことは違っているでしょうから、批判が来るのはしょうがないでしょうね。
そういったことも覚悟の上でっていうところも、ちゃんちゃんさんらしいなと思います。

当方は感染者の少ない地域ですので、まださほどの影響は出ていません。
そのため仕事中をはじめマスクはほとんどしていませんし、普段と変わらない生活をしています。
なので東京とかで起こっていることは、どこか他人事のような感覚ですね。
「今、東京に居るやつらはこっちに帰ってくるなよ!」って思ってるぐらいですかね~。
東京ではありませんが、例の京産大の学生さんが私の住む市内に帰ってきて発症しましたからね。

先日、TVで木村さんという元厚労省の医系技官だったおばさんが自分の考えを発現していました。
感染拡大は抑えることは出来ない。
ある程度広がれば拡大幅は穏やかになる。
といった内容だったと思います。
その上で、日本は死者数が他国に比べて極端に少ないのに、何故このタイミングで緊急事態宣言を出したのか?とのことでした。
「出すのが早すぎる!」って意見をTVの出演者が言ってるのを聞いたのは初めてでしたね。
実際に3月末時点での人口10万人あたりの死者数は、イタリアが18人ちかく、スペインが16人ちかくに対して、日本は0.04人なんだそうです。
これって250万人に1人ってことですよね。
宝くじよりも確率は低いかも・・・?

資金力に余力のある大企業はすぐに休業を決断できるでしょう。
でも中小企業はなかなかそうはいきません。
私のところでも休業イコール倒産危機ですからね。
なんせ2人でやってる超零細企業ですから・・・
今のところ仕事のほうには影響が出ていませんが、こちらでも飲食店は客足が減っているようです。
このままいけば潰れるお店も出てくるんじゃないかと思います。
お上の言うことに従う忠実さを持つ日本人ですから、自粛の要請レベルで十分だったんじゃないかとは思います。
休業要請までやるとちゃんちゃんさんが危惧しているように、経済的な影響はかなり大きくなるでしょうね。
しかも「パチンコ屋が入っていない!」とかトンチンカンな議論も起こっているようで・・・

「補填額が少ない。」だとか、「支給まで時間が掛かりすぎ。」とか、海外と比較して批判しているコメンテーターさんも多いです。
ただ、そういった国々は消費税が20%超で国民総背番号制なんだそうです。
なので財源に余裕があり、すぐに振込み可能のようです。
今回批判している社会派を自認している方々は、消費税増税にもマイナンバーカード導入にも反対していたような・・・

まあ、私には終息を願うことしか出来ませんが。
ちゃんちゃんさんのような勇気も無いし・・・(笑

余談ですがMTTの円盤ですが、まだ1枚目しか見ていません。
2枚目もおもしろそうなんで、楽しみです。
カルボナーラ塩ラーメンも先日の休みの昼食に自分で作ってみました。
たしかにけっこうイケますね。
5袋セットですからヤミツキになっちゃうかも?
Posted by Mizo at 2020年04月10日 20:09
ありがとうございます。

ご紹介いただければ幸いです。

ワクチンは異物としての危険があるので開発に慎重を期する必要があり、来冬に間に合わないと思っています。それ以外の方法で打開するのなら、という話でした。

5割削減も8割削減も、GW明けに終了という想定です。自分としても驚きの結果ですが、今までの日本政府の、ゆっくり感染拡大して免疫を付けるという政策は大筋で正しいことの現れだと思います。

世界では、ドイツがいち早く終息を迎えようとしています。
永遠に続くわけではないことを忘れずに迎え撃ちたいと思います。
Posted by プー at 2020年04月10日 22:23
>Mizoさん

他の方もそうですが、Mizoさんも僕のことを理解して下さり、僕の良いところ(有るのか?:笑)も悪いところも含めてお付き合いいただけるのでありがたい限りです。
『考え方は人ぞれぞれで同じなわけは無い』だから『意見はしても自分の考えを押し付けたりはしない』ということを実践もされていますし、そのような方々とお付き合いさせていただけるというのは僕にとって本当に大きな財産です。
ただ、今回の記事はそういう方々に見放されるかもしれないというリスクは感じていました。それでも書かずにはいられなかったのです。
結果、見放されるかどうかは解りませんが、反応いただけただけでもありがたかったです。誰にも何も反応されないまま見放されるというのが一番恐れていたことなので。
最近は特に自営業をされているMizoさんには厳しいことを書いていましたし、正直なところ申し訳無い気持ちも有りました。ただ、どのような職業をしていたとしても、1ヶ月や2ヶ月自粛したくらいですぐに補償を求めるようでは社会人としてダメだというのは正直な想いなんです。半年や1年になればまた別の話だとは思うのですが。

岡山は感染者も少数ですし、そんな感じなんですね。
今夜は21時前に梅田の商店街を歩いて帰りましたが、居酒屋やパチンコ店など、8割がた閉まっていて、まるで大晦日の夜のような感じでした。本当に異常事態だなという感じです。

その木村さんという方は凄いですね。TVではなかなか言えることでは有りませんよ。
おっしゃるように、今回のコロナ感染の度合いや国の対策の成果を語ろうと思ったら、確かな数字は総人口に対する死者の割合しか無いのに、TVなどのマスコミはそこにはほとんど触れず、世間の不安を煽り、政権を貶めるのみです。僕は常々それを勉強できるブログを愛読していますので、常にその数字は掴んでいました。前にもそのブログをご紹介していたかもしれませんが、改めてここにURLをご紹介させていただこうと思いましたが貼れなかったのでブログタイトルを紹介させていただきますね。

『農と島のありんくりん』さんです。

僕と考えが完全一致しているわけでは有りませんが(むしろ今回のことでは違います)、素晴らしい管理者と論客の集まるブログです。ラン友さんでもあるプーさんもこのブログでお知り合いにならせていただきました。是非読んで下さればと思います。

>ちゃんちゃんさんのような勇気も無いし・・・(笑

勇気と言っても蛮勇だったでしょうか(笑)
とにかく今のこの同調圧力の酷さに、『こんな風に考えている奴もいるんだぜ!』と一石を投じたかっただけなんですよね。僕ごときでは波紋すら立たないことは解っていてもなんです(苦笑)

DVD、まだ1枚目だけですか。
2枚目も是非オススメですよ!

濃厚塩カルボナーラ麺も試されたのですね。
月イチくらいで僕も食べたいです(笑)

Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月10日 22:45
>プーさん

ご承諾ありがとうございます!

後で記事を上げさせていただきますね。
明日はまったりですが朝から22km走るつもりですので、手短な記事でアップして眠ることになりますが、ご了承ください(すいません:汗)

他者接触8割削減も5割削減もGW明けに緊急事態宣言終了の仮定ですか?!
それは驚きの結果ですね!
なぜそうなるのでしょうか?
もうわけわからないです(苦笑)

ドイツは収束なんですか?
プーさんのシミュレーション通りなら、医療崩壊ギリギリで持ちこたえ、真夏を迎える前には先の光明が見えますね。
そうなった時、ずっと現政権を批判して来た連中やTVの自称社会派の安物コメンテーターさん達はどのような顔をするのでしょうか?それはそれで楽しみですが、その時になったら自分は正当化して、違うことでまた政権を批判するのでしょうね(笑)
僕は僕でその時はプーさんに謝らないといけません(苦笑)
でもそれで良いので、収束して欲しいですね。

僕の悲観的記事、書くの早まったでしょうか?(苦笑)
でも、書いたこと自体は後悔しません。今の世の中の暴力的ですらある同調圧力に対する反発心を書いたことは全く後悔すべきこととは思っていないので。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月10日 22:57
本当に気持ちの暗くなる日々が続いていますね。
ちゃんちゃんさんの気持ちもある意味よくわかります。
このところの同調圧力もなかなか気分のいいものではありませんしね!

ただ、”増えすぎた人間が減るべき時期に来ているのではないでしょうか?”
という書きぶりには僕も違和感を覚えます。

そのように言われると、日々コロナウイルスの恐怖と戦いながら、普通の社会生活を送っている愛すべき人間が減るのをなんとか防ごうと頑張っているアメリカの、イタリアの、そして日本の医療従事者、そして、その活動を支援しながら、経済のバランスを取ろうと色々と考えている政策決定者が浮かばれません。
確かに経済の見通しも立ちませんが、人間がいなくなっては経済活動がどうのこうのと言っていられないと思いますし。

不安な日々はみんな平等です。
今は、自分のできること、できる範囲で、感染が広がらないように工夫して頑張らないといけませんね。

5月こそはマラソン大会でまた一緒に気持ちよく走れるのを楽しみにしています!
Posted by keroro-g at 2020年04月10日 23:57
>keroro-gさん

このような記事にコメント下さりありがとうございます。

keroro-gさんもおそらくその恐怖と闘いながら奮闘されている側の方だろうと思いますので、おそらくかなり気持ちを抑えてコメント下さったのだろうと思います。
確かにおっしゃる通りで、そういう方々の気持ちに配慮の無い言葉選びだったかと思います。
申し訳ありません。

ただ、究極を言えばむしろこの地球上に人間は不要では無いかと思うという、さらに極端な思想が僕の根底には有り(実はこの考えは子供の頃から有りました)、その思想から出た言葉だと思っていただければありがたいところです。別に無抵抗で絶滅したら良いという意味では有りませんが。僕だってだからといって自殺するような度胸が有るわけでは有りませんし。

今回のことで政治を批判するような気持ちもほぼ無く、難しい舵取りをされていると認識してしていますし、何もしてもしなくても結局批判されるわけですから因果な職業だなと思います。それ以上に医療従事者の方々は大変な想いの中、とんでも無いリスクから恐怖と闘われているものと思っています。ですのでそこへの注力は見返りも人的支援も必要だと考えています。

地球上に人間は不要ではとは書いても、人間の心の闇も有っても尊いものも有ることももちろん解っていますので人間の命を軽んじているわけでもありません。
ただ、現在の同調圧力に逆らうことがもう社会的に許されないような空気は絶対に受け入れられないのです。そこには絶対に一石を投じたかったのです。僕のブログでいくら吠えても世間に届くわけでは無いと解ってはいても、少しでも多くの人にこんな風に考えている人間も居るんだぞ、みんな右倣へと言うなよ、強制するなよ、押し付けるなよと、そう主張せずにはおられなかったのです。

かなり乱暴な見解とはいえ、結構考えて吟味して書いたつもりなんですが、一部の職種の方の気持ちをないがしろにしてしまったことは反省しないといけませんね。
申し訳ありませんでした。
なかなか難しいです。
いつも結構考えて書いているつもりなんですけどね。


来週末の大会は残念ながら中止になってしまいましたが、5月大会ではkeroro-gさんに笑顔で話しかけていただける僕で有れば良いのですが、50過ぎても未熟ですからね。たぶん一生未熟なんだと思いますが(苦笑)
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月11日 00:39
こんな実態を明かさない人間にも返信して頂けるのは誠意を感じます
ありがとうございます

ご質問のお答えですが
多少の死者が出ようと免疫獲得の方が良い
と書かれていますが、その犠牲者がお子様でもその様な考えを貫けますか?
ちゃんちゃんさんが見えない所でその状況に置かれている家族は存在するのです
それを想像された事は有りますか?
それでも死ぬのは仕方ないと?


経済はある程度の次巻を掛けて取り戻す事が出来ますが、亡くなった息子、娘は戻りません

万一亡くならなかったとしても、肺炎まで症状が進行すれば日常生活に支障が無い状態まで回復しても、ダメージを受けた肺組織は完全回復しません
それが子供ならあと数十年生きていく中で今回の様なウイルスが発生した時に、肺にダメージ跡が有る無しで生死を分ける可能性も拭いきれません
あくまで仮定の話しですが

他人事てすが志村けんさんのお兄様の悲痛な姿を見ているだけで大変痛ましく思います
しかしその様な光景がTVに映らないだけでも実際に幾多も起こっているのです
Posted by あるく at 2020年04月11日 09:32
>あるくさん

あるくさんのおっしゃる身内の死を含めたリスクに関してですが、人でなしとか人間としておかしいとか言われるかもしれませんが、僕のような発言をしていて身内は別だと言ったらそれこそ人でなしなのでは無いでしょうか?
もちろん自分の身内が犠牲者になっても同じことですよ。
そりゃもちろん身内には生き残って欲しいですし、健康に生きて欲しいですよ。誰だって同じでしょう。
ですがもしかかって亡くなれば、それはそれで受け入れるしか無いじゃないですか。いくら頑張ってもかかる時はかかりますし。
正直、子供達は若いですので重症化率や死亡率は低いだろうとは思っていますよ。
たぶんかかっても大丈夫でしょう。そういう思いは有ります。子供が死ぬよりは自分が死にたいです。
子供は大丈夫だろうから良いと言っているわけでは無いですが、高齢の方はリスクが高いでしょう。しかし人は何時か死にます。それがコロナなのか、癌なのか、インフルエンザなのか、それとも事故なのか、その他なのかでしょう。
プーさんのコメントに少し出ていた『命の価値』に繋げて欲しくは無いですが、人は(身内ではですが)やはり順番に死んで行くべきだと思います。子供が親より先に死ぬなんて親不孝では無いですか?
僕は3年前に父が亡くなった時に強烈に思いました。弟に先立たれた姉兄がどれほど悲しかっただろうかと。身体が不自由なのでお葬式にも連れて来ることはできませんでした。特に姉は歳が離れていて、うちの父が幼少の頃に父(僕の祖父)を亡くしているだけに父はまるで息子のような存在でしたから、癌を告げた時に凄く泣きました。僕はその場に立ち会っていましたが、凄く辛かったです。そして先に逝く父も相当に姉兄を心配して逝ったと思います。その想いを受けて、何の血縁も無い僕の母も姉兄を心配していつまでも行きたがるのです。そして姉は行くたびにいつも『早く死にたい』と言います。ですので、やはり人は順番に死ぬべきなんだなと強く実感しました。

コロナが元で無くても人は死ぬときは死にます。それをいちいち想像する必要は無いとは思いますが、志村けんさんが亡くなられた時、埋葬すらまともにできなかったと知り、今回のコロナの一番辛いのはそこだなと思いましたね。

>経済はある程度の次巻を掛けて取り戻す事が出来ますが、亡くなった息子、娘は戻りません

経済で奪われてしまう命も病気で失われた命同様取り戻せませんよ。
ですから経済と安全とのバランスが大事だと言っているのでは無いですか。

ちなみに今回のコロナでの現在の日本の死者数は100名程度ですが、インフルエンザでの毎年の死者数は数百人から3千人の間です。今回はもっと増えるかもしれませんし、だから自粛しなくて良いとは言いませんが、これでもいちいちその死者やその家族を想像しないといけないでしょうか?

>こんな実態を明かさない人間にも返信して頂けるのは誠意を感じます
ありがとうございます

あるくさんがいつから僕のブログをお読み下さっているのかにもよりますし、マラソンの記事だけ読んで下さっているのなら気付かないかもしれませんが、僕はたいていどのようなコメントにもきちんとできる限り誠意を持って返信しています。それは僕がブログを書く上で大切にしていることですし、書く以上責任が有ると思うからです。よほどの方はブロックしますが、そのような方はほぼ来ませんね。そういう方は僕がそういういう措置をする前に自ら一方的に捨てゼリフを吐き捨てて去ってしまわれます(苦笑)
ブログを書くということは、今回のような記事は特にですが批判を受けるリスクを生じます。ただの批判なら良いですが、僕が大切に思っているコメンテーターさんやROM専の友人達などに見放されるリスクの方が重いところです。
ブロガーには自由に発信できるだけに責任とリスク、そして身元を晒すリスクも生じますので、できる限り誠意を持って返すようにしていますし、自分が間違っていると気付けばきちんと謝罪します。そして自分がそうしているので、僕よりずっとリスクの低いコメンテーターさんには自分のコメントに対する責任だけは持って貰いたいと思っていますし、責任を持つことを要求しています。ですのであるくさんには僕の先の返信コメントに書いた、

>> 自分の見えない所で広がるのは大賛成で、身近に来るのはある程度こなれてきてからねって虫が良すぎませんか

> どこにそう書いていますか?
> その部分を示して下さい。
> よろしくお願いいたします。

この質問には誠意を持ってお答えください。
これだけは要求させていただきます。
今回のコロナに関して、明確に書いているところですよ。あるくさんが『そう感じた』では通用しません。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月11日 19:20
>> 自分の見えない所で広がるのは大賛成で、身近に来るのはある程度こなれてきてからねって虫が良すぎませんか

> どこにそう書いていますか?
> その部分を示して下さい。
> よろしくお願いいたします。

これに対する返答ですが
記事の
>>自分はコロナウィルスはむしろ早く蔓延して集団免疫を獲得して(少々死者は増えても)早目に終了させた方が良いと思っています

この文章で早く蔓延を望まれている割に

>>自分が最初の感染者になることが一番嫌ですし、できることはしようと思いました。

蔓延って事は誰かが必ず1番になる訳です
しかし自分がそれを避けたい理由が同調圧力が怖いからと…
同調圧力を表立たせているのは果たしてどなたなのでしょう?

少々の死者は仕方が無いというお考えなのにこの文章の高齢の身内は死なせたくないって考えは理解出来ません
それこそ蔓延すればたった一人の育ての親が亡くなる事例だって発生するでしょう
しかしそれはそれ、身内は身内って事ですか?
新型コロナウイルスで亡くなっても仕方が無いと思うならご自身の感染有無に関係なくお顔を見せて少しでも喜ばせてあげるのが最善ではないですか?

>>本当は亡父の姉兄のところに行ってあげたいのですが、万一僕が感染していたらほぼアウトですので行けませんしね・・・

考え方にかなりの隔たりを感じますのでこれ以上は平行線になると思います
ちゃんちゃんさんのコメント欄に言いたい事ばかり書いて身勝手ですが私からの発信はここでおさめようと思います
Posted by あるく at 2020年04月11日 22:27
>あるくさん

結局僕の言っていることを勝手につまみ食いして勝手に解釈しているだけですね。

>自分が最初の感染者になることが一番嫌ですし、

これはあくまで『社内』での話です。
蔓延する過程で仮に自分の会社が早々になったとしても、全体にすぐ拡がるなら全然OKですよ。ただその中で1番になりたくないのは正直なところです。2番ならOKですよ。仮にその結果で僕の会社が潰れるとしてもです。そもそもいつも僕は自分の会社が潰れても構わないと言っています。自分から辞める度胸は有りませんが、潰れるなら仕方ないし僕の力ではどうしようも無いからです。仮に潰れてもなんとかやって行ける自信は有りますから。でも安定を捨てる度胸は持ち合わせていないだけです。
何度も言わせないで欲しいのですが、そもそも僕は地球上に人類は不要では無いかと言う極端な思想の持ち主です。だからといって自殺する勇気は無いですけどね。それを勝手というのなら言って下さい。でも誰だって自分の食い扶持を自分から捨てるのは勇気が要りますし、命を捨てるのも勇気が要るのは当たり前の話です。家族が居るのですからなおさらの話です。

>少々の死者は仕方が無いというお考えなのにこの文章の高齢の身内は死なせたくないって考えは理解出来ません
それこそ蔓延すればたった一人の育ての親が亡くなる事例だって発生するでしょう
しかしそれはそれ、身内は身内って事ですか?
新型コロナウイルスで亡くなっても仕方が無いと思うならご自身の感染有無に関係なくお顔を見せて少しでも喜ばせてあげるのが最善ではないですか?

一体誰が『身内は身内』なんて言っていますか?
誰が進んで自分の身内を死なせたいなんて思うんですか?
できる範囲でリスクを減らすのは当たり前のことでしょう?
仮に自分が無症状感染者かもしれないとして、無理に顔を見せる必要が有りますか?僕とさえ会わなければほぼ他者との接触の無い亡父の姉兄が『来てくれ』と電話でも有れば明日にでも行きますよ。自分のリスクを怖れずに喜んでくれるなら。でも下手したらGWに帰省したい子供に『帰って来るな』と親に言われるかもしれないようなこんな時期に、何もこちらから進んで行くことは無いでしょう?たった一人の母は明らかに来て欲しそうですし、自転車で10分の距離に居ますから毎週行きますけどね。感染リスクより息子に来て欲しいと思っている様子ですから。僕だって親孝行したいですしね。
少々の死者は仕方ないという考えだと、まず先に自分の身内を死なせないといけないんですか?誰だって自分の身内は死なせたくないでしょうよ?
いったい何度『バランスの問題だ』と言ったら解っていただけるのでしょうか?今は異常だと言っているのです。

>考え方にかなりの隔たりを感じますのでこれ以上は平行線になると思います
ちゃんちゃんさんのコメント欄に言いたい事ばかり書いて身勝手ですが私からの発信はここでおさめようと思います

結局、あるくさんも勝手に僕の言葉を切り取って勝手に変に解釈した挙句(ある意味物凄い創造力だと感心すらしますが)、平行線だからと言って一方的に言い捨てて去られるのですね。結局たまにフィギュアカテで絡んで来る身勝手な羽生君ファンと一緒だったとは非常に残念です。
とても気分が悪いです。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月11日 23:14
確かに創造力でコメントを書いてるかもしれませんね

可能であれば私とのやり取りをコピペでブログの記事にして頂く事は出来ますか?
コメントでは無く記事に載せるだけで色々な意見が出ると思うのです
ご自身の考えに一貫性をお持ちなら是非お願いします
Posted by あるく at 2020年04月12日 00:53
かなりの出遅れ感がありますが(^_^;)

頭が悪くて皆さんの様に論理的に
語れないのですが
今回はこの辺りで終りにしませんか?

お恥ずかしい限りで
同調圧力の意味も解らず
ウィキペディアで調べました(^^)

マスク2枚の件も皆さん、
いろいろ批判されてますが
ちょうど使い捨てが無くなりそうなんで、
逆に良かった〜と思ってます。

先月、娘が入籍しました。
元々、彼が暮らしていたアパートで
生活していて家電もそのまま使っています。
冷蔵庫が小さいので大き目の冷蔵庫を
今日は買ってあげようかな(^^)

日曜日の朝は長めのランをしてますが
愛媛は大雨で走れないので
まったり〜と朝ごはん食べてます。
早朝から失礼しました!!


Posted by あお at 2020年04月12日 07:08
>あるくさん

創造力でコメントを書いているかもしれないことを認めていただけたならもうそれで結構です。

でも、ブログを継続して書き続けるということは、もちろん書き手の責任が大きいことが大前提ですが、新聞やTVなどのマスゴミのように言葉を切り取りされたり勝手に意味を変えて受け取られて場合によっては拡散されてしまうことが一番困るんです。ですから、そこを正すためにはとことんやってしまうんですよ。安全圏から批判して来る人に対してはなおさらです。こちらはコメンテーターに比して大きくリスクを持って発信していますから。まあ、それも込みで続けてるんだろ?と言われてしまえばそれまでなのですが。

>可能であれば私とのやり取りをコピペでブログの記事にして頂く事は出来ますか?
コメントでは無く記事に載せるだけで色々な意見が出ると思うのです
ご自身の考えに一貫性をお持ちなら是非お願いします

まとめサイト的な感じですか?
いまいちよく解りません。
あと僕の考えの一貫性とその記事を書くことの関連性も良く解りません。
ここまでやりとりしていて、記事を書くのって結構時間もかかるし気も遣う、それでもリスクもはらむ大変な作業だということを御理解いただけないのでしょうか?
僕は『記事を書け』と言われることが好きでは有りません。相手がブロガーで無ければ特にです。ブロガーの苦労を知らない人に『記事を書け』と言われるのが凄く嫌いなんです。ブロガーからすれば『じゃああなたが書けよ』と思うんです。

僕が誰かに依頼されて書く時は自分にメリットが有ったり、『確かにな』と思った時だけです。14年間のブロガー生活で誰かに頼まれて記事を書いたのはたぶん数えるほどしか無いと思います。はっきり憶えているのはMizoさんに依頼されたフィギュアスケートの採点問題カテをカテゴリ分けした特のまとめ記事くらいです。

>ご自身の考えに一貫性をお持ちなら是非お願いします

この1行が余計だとは思いませんか?
このようなまるで『一貫性を持ってるならできるだろ?』的な言い方をされるのは特に不愉快です。僕に何のメリットも有りませんし。
ですので書きません。

最後まで攻撃的で申し訳有りませんが、少しでもブロガーの苦労や負担を御理解いただきたいと思います。
『好きでやってるんだろう』と言われるのは仕方ないですが、『だからこれくらいしろよ』はブロガーで無いコメンテーターには気安く言われたく無いです。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月12日 09:22
>あおさん

御心配をおかけしてしまい申し訳有りません。
今回のことで疲れていたのか、今朝は珍しく8時過ぎまで眠っていました。
起きたら頭も痛くて頭痛薬飲みましたよ。効いたみたいでもう頭痛は引きましたが(笑)
ならばやめとけよというところなんですが、勝手に異訳されて批判されるのは我慢ならず、最後はブロガーの聖域まで踏みにじられたような気がしてしまい、そこもなんとか理解させたくて・・・という感じです。

あおさんが頭が悪いとは思いませんが、僕はもっと頭が悪いので、止めておけば楽になれるのに、一定の線を踏み越えられるととことんやらないと気が済まないのです。
利口に生きれれば良いのですが、そこは無駄に頑固で不器用なんですよね。だから会社でも誰もやりたく無い仕事をやらされています。ただ僕の場合はそれが天職で、それを武器に大阪に居座っていられるのですが(苦笑)
今回はこんな考え方も有るぞと言わずにはいれなかっただけなんです。

マスク2枚の件については僕も冗談だろ?と最初思いましたが、あの時点では苦肉の策だったのだろうとすぐに理解しました。とはいえ、プーさんもおっしゃってますがそろそろ入手可能になりつつある空気は感じますので、そのお金は医療や福祉の方へ回しておいた方が良かったかなと考えています。まあ、結果論ですが。

娘さんのご結婚、twitter読ませていただいているので確認させていただいてましたよ。おめでとうございます!!
あおさんも近い将来、おじいちゃんでしょうか?(笑)
うちはまだ息子が就職活動に入ったところですが、良い娘さんと長くお付き合いさせていただいているのでこのまま結婚して欲しいなと思っています。5年後くらいにはおじいちゃんになれるかも(笑)
昨日はしょうもない話ですが、その息子の彼女は『どうぶつの森』を今はやらずに待っているとのこと。息子の就職活動が終わり、息子に余裕ができてから一緒にやりたいそうだという話を嫁さんから聞き、昨朝は精神的に弱っていたのでほっこりした話を聞き涙出そうに嬉しかったです(苦笑)

是非冷蔵庫買ってあげて下さい。僕がお願いすることではありませんが(笑)

今日はもともと僕もランオフの予定でした。
先週はコロナによる仕事への影響で色々有りましたので、いつもより疲れていましたし。
昨日は走り足りませんでしたから、今朝起きたタイミング次第では軽く走ろうと思っていましたが、もうこのままゆっくりします。母を買い物に連れて行ったりする以外はゆっくりしたいなと思います。

朝からお気遣い、ありがとうございました。
自営業者さんに対する厳しい意見も書いたりしているので、見捨てずに気遣いまでいただき、ありがたい限りです。

あ、今年は神戸マラソンにエントリーされたのですね。
お互い当選してお逢いできたら嬉しいです!!
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月12日 09:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください