2020年04月20日

ノーマスクRUN そこまで言われないと駄目ですか?

 コロナウィルスよりも何よりも、とにかく徹底して自粛しなくては『悪』というこの世の中の風潮にもう耐えられない
 
 
 たむけん マスクなしランナーに「ええ加減にせぇよ」山中教授もジョギングエチケット提唱(デイリースポーツ)

 タレントのたむらけんじが20日、ツイッターを更新し、マスクなしで走る「アホランナー」に「ええ加減にせぇーよ!」と強く訴えた。このたむらの意見に、ノーベル賞受賞者の山中伸弥教授が提案するジョギングエチケットを添付し、賛成する意見が相次いだ。

 たむけんはツイッターで川沿いの遊歩道に来たが「驚いています」と唖然。「子供やご年配の横をマスクもしてないランナーがハァハァいいながら駆け抜けていく!アホランナーええ加減にせぇーよ!」と激怒。「マスクなしで走りたいんやったらおまえの家の中走りまくっとけ!」と厳しい言葉でランナーたちに訴えた。

 このたむけんのツイートには、ノーベル賞受賞の山中教授のHPを添付する人が複数いた。山中教授はHPとYouTubeで自身の趣味でもあるランニングについての注意を挙げている。

 山中教授は「ジョギングエチケット」として、「新型コロナウイルスは感染しても多くの人は無症状です。発症する場合も、潜伏期にすでに感染力があると考えられています」と説明し「ジョギングするぐらい元気でも、実は感染しているかもしれません。走って大きな息をするときは、咳やくしゃみと同じ様に周囲への配慮が望まれます」と訴え。

 ただ、山中教授自身はマスクをつけて走ることが顔にくっついてしまうことから「苦手」だといい、代わってバフと呼ばれる筒状の布を口元に巻いて走っているとした。

 ファンからもたむけんの意見に「おっしゃる通り」「同感です」という声が上がっているものの、「アホランナー」などの物言いに「言葉は選ぶべきです」などの意見もあった。
(引用終わり)


 マスクを着用せずに屋外で走ること。 本当にここまで言われないといけないことですかね?
 嫌がる気持ちは解らなくは無いですよ。 でも『アホランナー』やら『おまえの家の中走りまくっとけ!』とまで言われないといけないことでしょうか? 僕にはそうは思えないです。

 少し前にランナーの呼気の飛散具合のシミュレーションとか有りましたが、あれ見たらさすがに僕だって『うっ!?』となりますよ。 でもね、あれで本当に感染するって言うのなら、2月16日には僕の参加したKIX泉州国際マラソンを含めて普通に開催されていた大規模な都市型マラソン大会が沢山有ったんですから、その多くでクラスターが発生していないとおかしく有りませんか? そりゃあの頃と今では潜在的な感染者の数は相当違いますよ。 でもあの時だって無症状感染者が居なかったと考える方が不自然でしょう? 42kmもの間、あれほどウィルスを周囲に撒き散らし、それでクラスターが発生していない方がおかしいんですよ。 でもそうはなっていないでしょ? つまりは屋外スポーツの多くは相当に感染リスクが低いと言えると思うんですよ。 むしろマラソンにしても他のスポーツにしても、リスクが高いのは周囲で応援している方々の方では無いでしょうか?
 しかしながら、通常の練習レベルのジョギングではそういう周囲が密になる可能性は極めて低いわけです。 なのにそこまで言われないといけないのでしょうか?
 こう言っては失礼ですが、山中教授だって感染症の専門家では有りませんし。


 たむらけんじ氏のtwitterのリンクと、該当のツイート画像を貼っておきます。


 たむらけんじ氏twitter


IMG_3887.PNG


IMG_3888.PNG


 このツイートについてコメントには、『ここまで死者感染者が出てる中意識が低過ぎる。』なんてコメントも付いていましたが、僕からすれば、逆にこのコメンテーターもたむらけんじ氏も毎年どれくらいのインフルエンザ感染者が出ていてどれくらいの死者が出ているのか知ってて言ってるのか、はなはだ疑問に感じるのです。 インフルエンザには年間1000万人が感染し(無症状含む)、1000人弱から3000人が亡くなってるんですよ。 もちろん、ワクチンが無いという点でコロナウィルスはインフルエンザと決定的に違い、感染力は解りませんが、致死率は高いと言えるでしょう。 しかしながら死者がまだ300人にも達していません。 もちろんこれからもっと増えるにしても、これをもって先のコメントが出て来るのはこういったデータを知らないとしか思えないのです。 結局、ただ不安から来る自分の意識を正義と捉え、それにのっとらない者に対して攻撃的になっているだけなのでは無いでしょうか?

 それにしてもたむらけんじ氏の言葉が悪い。 僕の様な一般人のブロガーと違い、彼ら芸能人は良くも悪くも影響力が大きいんですよ。 ですので言葉も選ばないといけないし、言うことも決め付けや押し付けになってはいけないと思うんです。 『ノーマスクでのランニングは酷かった』? こっちだってウォーキングしている人が増える中、できるだけ距離とって抜いたりすれ違ったり、色々気をつけて走ってるんですよ。 できるだけ呼吸が乱れないように気を付けてです。 それなのに『ノーマスクでのランニングは酷かった』ですか? もういい加減、その不謹慎狩りや自粛厨みたいな行為止めませんか? あなたがた芸能人がそういうことをすれば一般人がそれに乗っかってエスカレートするんですよ。 コロナウィルスで死ぬ人も居るでしょうが、そういう不謹慎厨や自粛厨、もっとエスカレートすればゼロリスク厨とかの追い込みが、コロナに感染していない人間を殺すことだって有るんですよ。 本人は正義感でやっているんでしょうが、それが他人を殺すことだって有ります。 芸能人や有名人、もちろん政治家も含めてですが、そういった想像をして言葉を選んで発しないといけないんですよ。 本人の望む望まないにかかわらず、そういう力を持っているんだと認識すべきです。 これは以前から僕がずっと言って来たことです。 たむらけんじ氏は今までも別に面白いとは思っていませんでしたが、いつも観ている『せやねん』のレギュラーですし、親近感は持っていました。 以前にはラーメン屋とのやりとりで大人なところも見せて好感を感じることも有りました。 しかしながら今回のツイートではその後のやりとりを見ていても、言葉については少々の反省をしていても、自分の言っていることは絶対に間違って無いという想いがひしひしと感じられて非常に残念です。 最初に、『マスクして走って欲しいなあ』程度に留めておいて、反対意見には『そういう考え方も有るかあ』となっていれば僕もこんな風に記事にしたくなるほど頭に来ることも無かったんです。
 正直、あんな風に言われたら、こちらだって同じレベルから『そんなに怖いんやったら死ぬまで家に引き籠ってろ!』って言いたくなるってもんですよ。 『同調圧力ええ加減にせぇーよ!』って
 『不謹慎だ、不謹慎だ』だという不謹慎厨の方がよほど不謹慎だというものですよ

 おそらく、たむらけんじ氏のこのツイートに賛同する方々は、河川敷でマスク無しで遊ぶ子供でさえ、嫌な目で見るのでしょう。 本当に、なんて心の狭い世の中になったんだろうかと。
 言っては失礼かもしれませんが、先のインフルエンザのデータとか、あまり知らずに自分の頭で考えることをせずに意思決定をしているように僕には見えます。 僕は絶対に自分で考えて決めたい。 色々な情報から自分が信用できる、納得できる情報を取捨選択して意思決定したい。 『ちゃんと自分の頭で考えているか?』と、僕は問いたい。
 オープンエアでの人が密集していない場所でのマスク着用、僕は不要だと考えます。

 僕も含めてですが、どんどん人々の心が荒んで行ってますね。。。

 マスク着用でのランニングは、ある意味、呼吸器には高負荷のトレーニングには成り得ますが、僕はそんなにマゾでは無い。(←これは冗談ですよ。 念のため。) 逆にすぐにゼエゼエ言いそうで、自分も含めて感染リスクが少なく無いような気もします。
 どうせやるなら、そういう高負荷の状況を造る、専用の呼吸抑制器具も有りますから、僕ならそれを使いますね。 まあ、結構高いし買いませんし、やりませんけど。


 今日も会社では朝一、始業前からコロナ絡みで頭の来ることが有りました。 朝から最も尊敬している上司の言葉も半分無視でした。
 で、帰りにはこのたむらけんじ氏のニュース記事を見てまた頭に来ました。
 本当に、毎日ロクなことが有りません。 毎回言っていますが、なんて生きにくい世の中になってしまったのでしょうか。
 半分本気で、会社が潰れたら良いなあとか、人類滅亡しても良いなあとか、考えてしまいます。 もともと僕にはそういうところが有りましたが、最近はそういうことを考える頻度が極めて高くなって来ています。 順番さえ守れたら、僕も死んでももう良いなあとも。 とりあえず、子供たちを社会に出す程度の蓄えと生命保険は有りますしね。 まあでも、順番守るにも、あと数年くらいはかかりますかね・・・(兄は除いて) 数年経ったら、きっとこんなことも無かったかのように暮らしているのでしょうけどね・・・


 さて、今日も速攻帰宅して、ハアハア言わないようにゆっくりと11kmランして来ました。(速攻帰るも何も、そもそも今日は午後休とって母の病院に付き添い、明日の仕事をスムーズにするためにと会社に戻って明日の準備をしていたのですが)


 今日の走行距離 :  10.97m
                   59分57秒
                    5分28秒/km
                    10.98km/h
 今月の走行距離 : 130.33km


 最近、こんな練習ばっかり・・・


 あ、今日はひとつだけ良いことが有りました


IMG_3890.JPG


 キャラメル&ミルクの500mlペットボトル
 自宅近くの自販機でしたが、100円でした。 いつもいちご&ミルクなんですが、どちらもサンガリア社製。 実はうちの息子が受けるらしい


 あと、とても気分が悪かったので、まずまず完璧に近い予想だった昨日の皐月賞のVTRを観ました。
 余裕を持って的中したレースは何度観ても面白いし気持ち良い
 
posted by ちゃんちゃん at 23:02| 大阪 ☀| Comment(6) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョギングしている人はよく見かけますが、マスクしている人は殆どいませんね。
やっぱりマスクして走るのは苦しいです。

換気が良ければ感染リスクは極小と思いますが、
自分は小心者なので、誰もいなければマスクを外し、人が近くにいれば着用、としています。
Posted by プー at 2020年04月21日 16:44
 夜の淀川河川敷では多くみて半分くらいの方がマスクして走ってますね。 徐々に増えています。

 自分が心配でマスクを着用するのは誰であっても自由なので全然結構ですし、それはランナーもその人がしたければすれば良いと思うんですよね。 でも、それを他者に強要するのはやはり違うと僕は思うんです。 その理由は本記事中に書いた通りの理由なんですが。

 それを『アホランナー』とか、その後のやりとりでもたむらけんじ氏は『悪』とか『誰かを死の危険に追いやる可能性がある』などと極端なことを返しています。 その可能性はゼロでは無いでしょうが、極めてゼロに近いのに、『何言ってるの?』というレベルの話です。 もっと言えば、そんなこと言ってたら車は運転できません。 『それは比較対象がおかしい』とおっしゃる方も居るでしょうが、別におかしくは無いと僕は思うんです。 インフルエンザ同様、やはり年間3000人以上の命が亡くなってますからね。

 僕もマスクをのど元にかけ、すれ違い時だけ口にかけるとか、しないと駄目なんですかねぇ。
 そこまでしたく無いなぁ・・・ というか、正直する気も無いですし・・・
 昨夜は眠りも浅く、早朝目が覚めて眠れなくなったので、今日はランオフにします。 ちょっと疲れが蓄積しています。。。



 
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月21日 18:51
人には、見えない・初めてのリスクを過大に評価する「認知バイアス」があるので、難しいのでしょうね。

マスコミの煽りも凄いですね。
たった今のニュースで、「感染は拡大し、」東京で123人、全国390人の感染者が確認されました。
だそうです。
火曜日にその数字なら、上出来なんですけどね。
Posted by プー at 2020年04月21日 23:43
 プーさんのおっしゃる通りですね。

 今朝のニュースでも『さらに感染拡大』とデカデカと報じていましたが、感染者数のグラフを見ると、1週間毎の感染者数の増加を見ると、横ばいに転じています。 なぜこれを見て『この調子で頑張りましょう!』と言えないのか? と思ってしまいます。 まあ、僕は一旦収束しても、少し緩めたらまた増えると考えているので、そういう理由で『この調子で頑張りましょう』とは言えないのですが、マスゴミはただ不安を煽っているだけですよね。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月22日 08:19
たむけんさんは毎年大阪マラソンのeoTVの生番組で司会をしているし
ご自身もランナーなのに、このツイートは残念です
何より言葉が悪すぎ。

私も山中教授のサイトを見てから気になって
気を付けるようにはしていましたが
そこまで言われないとだめ?と私も同感です

的中レースV鑑賞・・・確かに気持ちよくストレス発散できそう
こんないつまで続くかわからない息の詰まる日々
いかにうまくストレス発散できるかがポイントですよね


Posted by みおた at 2020年04月22日 13:03
 高学歴の人は、『大事なのは中身』と主張する方が多いですが、僕はやはり言葉の選択は大事だと考えています。 特に影響力の強い有名人や政治家などはそれが言えると考えています。
 最近だと堀江貴文氏なんかは良いこと言ってるのにその言葉遣いがいつも残念ですね。

 ランニングについては僕もマスク以外で気を遣えるところは遣っていますが、ただマスクしていないだけであそこまで言われる筋合いは無いと感じています。 あとでまた新しく記事を上げるつもりですが、本当にオープンエアでの運動行為自体にどれほどのリスクが有るのか? という疑問が強いです。

 皐月賞は久々の快勝でした。
 あと1・2着が逆なら本当に完璧で、ヴェイパー買っておつりが来るくらいの勝利になったんですけどねぇ(苦笑)
 一昨日は、TJARのDVDも観ていました。 今年の名古屋ウィメンズの録画とかもストレス解消になりますよ!
Posted by ちゃんちゃん at 2020年04月22日 19:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください