2020年06月28日

中之島にかかる歩行者通行可能な橋を全部渡るRUNで、月間走行距離がなんとか150kmに到達

 中之島に直接繋がる、堂島川と土佐堀川にかかる歩行者通行可能な橋を全部走って渡って来ました
 
 
 今朝は十三の淀川河川敷を河口方向にスタートしました。
 予報より天気が曇りがちだったのはラッキー 走れば風が心地よかったです でも止まるとさすがに暑かったですね

 2号線を通り、5kmほどで中之島に到着。
 西側から攻めます。


 まず1本目の橋、船津橋(堂島川)。


01①船津橋.JPG


 2本目、端建倉橋(土佐堀川)。
 『はたてくらばし』と読みます。


02②端建蔵橋.JPG


 3本目、湊橋(土佐堀川)。


03③湊橋.JPG


 4本目、上船津橋(堂島川)。


04④上船津橋.JPG


 5本目、堂島大橋(堂島川)。


05⑤堂島大橋.JPG


 6本目、土佐堀橋(土佐堀川)。


06⑥土佐堀橋.JPG


 土佐堀橋から河口側を見ると・・・


07土佐堀水道橋.JPG


 水道管のキャットウォークですね。
 事前にネット地図で渡れないだろうことを確認してはいたのですが、もしも渡れたら悔しいので少し戻って確認しました。


08土佐堀水道橋.JPG


 やっぱり渡れませんでした
 土佐堀水道橋というみたいですね。

 7本目、越中橋(土佐堀川)。
 この橋は歩行者専用です。


09⑦越中橋.JPG


 8本目、常安橋(土佐堀川)。


10⑧常安橋.JPG


 右奥に見えるのは大阪市立科学館ですね。
 子供達が小さい時は何度か行きました。
 娘の腕が入口の円形自動ドアの戸袋に引き込まれてしまうという事件も有りました。
 怪我が無かったのは幸いでしたね~

 9本目、玉江橋(堂島川)。


11⑨玉江橋.JPG


 橋の向こう側に写っているのはABC朝日放送です。

 10本目、田蓑橋(堂島川)。


12⑩田蓑橋.JPG


 田蓑橋の北側たもとにはこんなものが・・・


13蛸の松.JPG


 『蛸の松』というみたいです。

 11本目、筑前橋(土佐堀川)。


14⑪筑前橋.JPG


 12本目、肥後橋(土佐堀川)。


15⑫肥後橋.JPG


 右奥に見えるのはフェスティバルホールですね。

 13本目、渡辺橋(堂島川)。


16⑬渡辺橋.JPG


 14本目、中之島ガーデンブリッジ(堂島川)。
 この橋は歩行者と自転車専用。


17⑭中之島ガーデンブリッジ.JPG


 15本目、錦橋(土佐堀川)。
 歩行者専用。


18⑮錦橋.JPG 


 10kmを超えたところで。
 16本目、淀屋橋(土佐堀川)。


19⑯淀屋橋.JPG


 右側に写っているのは大阪市役所。

 17本目、大江橋(堂島川)。


20⑰大江橋.JPG


 18本目、水晶橋(堂島川)。
 歩行者専用。


21⑱水晶橋.JPG


 以前にも書いたこと有るような気がしますが、確か僕が嫁さんにプロポーズしたのはこの橋の上。
 我が夫婦は結婚する前に色々有ったので僕からのプロポーズはそれが2回目でした。 1回目は正直忘れました
 『僕から』と書いたのはその2回の間に嫁さんからのものが有ったから。 でもそれを言うと嫁さんは微妙に怒るし、当時も嫁さんからでは悪いと思って僕からきちんとプロポーズをしました。

 19本目、栴檀木橋(せんだんのきはし:土佐堀川)。


22⑲栴檀木橋.JPG


 20本目、鉾流橋(ほこながしばし:堂島川)。


23⑳鉾流橋.JPG


 21本目、難波橋(なんばばし:堂島川・土佐堀川)。


24(21)難波橋.JPG


 写真に写っている文字では正直『なんばばし』とは読めませんが・・・
 中之島バラ園のところにかかるこの橋と次の天神橋は、中之島の結構細くなっている部分に架かっているので、橋は1本でカウントされています。

 22本目、天神橋(土佐堀川・堂島川)。


25(22)天神橋.JPG


 結局、中之島に架かる歩行者通行可能な橋は全部で22本有りました。

 この後、中津のカフェに寄ってから十三の淀川河川敷にゴールしました。

 コースマップ。


26map.PNG


 今日のラン結果。


 今日の走行距離 :  17.78km
                  1時間48分58秒
                      6分08秒/km
                      9.79km/h
 今月の走行距離 : 154.21km


 なんとか月間走行距離が150kmを超えました。
 あと1回走ってなんとか165kmまで持って行きたいです。


 来週以降、どこを走ろうかな・・・
 ネタを見付けないとです
 暑いからもう20kmくらいが限界かなあ・・・
 
posted by ちゃんちゃん at 00:16| 大阪 ☁| Comment(4) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水の都・大阪は八百八橋と呼ばれましたが、本当に多くの橋がありますね。
特に中之島は堂島川と土佐堀川にそれぞれ別の名前の橋が架かっているのでなおさらですね。

なお、難波橋は「なにはばし」と書かれています。
真ん中の二文字は変体仮名で「に」=「尓」、「は」=「者」のくずし字と思われます(^-^)
Posted by 手鞠 at 2020年06月29日 20:40
さすが手鞠さん。
というか、何故そんなこと御存知なんですか?(びっくり)

でも手鞠さんの解説を聞いてもそう読むのは難しいですね・・・

他に気付いたのはひらがなの橋名を左から書いているものと右から書いているものが有ることや、やはりひらがなの橋名で『ばし』と記載しているものと『はし』と濁点の無いものが有ることなど、こうやって見てみるとまた色々気付くものだなあと思いました。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年06月29日 23:28
いちおう国文科でしたので、そういう講義も…(^^;)
もうほとんど忘れてしまいましたが、「者」はまだお蕎麦屋さんの暖簾などで見かける機会もあるので覚えていました。

「そば」=「楚者」とか(崩してあるとそうとも読めませんが)

また、変体仮名は平仮名一文字にいくつか別の漢字も当てられているので、他の文字が使われている場合もあります。

「はし」と「ばし」は昔は「水が濁らないように」などと言って、読み方に限らず濁点を外して「はし」と刻んでいたみたいですが、だんだん読み方どおりになって来ているのかも。
Posted by 手鞠 at 2020年06月30日 13:15
 いやあ、普段使わない知識ですし、良く憶えてられるなと本当に感心しますね。
 僕なんか仕事で使わない建築知識なんてすぐ忘れてしまいますから(苦笑)

 『はし』と『ばし』にはそんな理由も有るんですね。
 勉強になります。
 こうやって色々気付いてみることで、自分も見識が深まるのは良いことですね。
 ありがとうございます。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年06月30日 19:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください