2020年09月27日

コントレイル、無敗のまま菊花賞へ

 今日の神戸新聞杯は危なげなくクリアしました。
 
 
 アクシデントさえ無ければ無事にクリアするだろうとは思っていましたが、気合いを入れた程度であっさり勝ちましたね。
 おそらく鞍上は早めに不利を受けにくい外に出したかったのだと思いますが、結局4コーナーまで馬群の中でした。 一瞬ヤバいかもと思いましたが、前に見付けた隙間にシュッと入ってあとは気合いを入れただけで突き抜けましたね。 少々仕上がり過ぎな感じもしますが、相当余力を残して勝ちましたから、菊花賞はほぼ万全の状態で臨めることでしょう。

 シンボリルドルフ、父ディープインパクトに続き、史上3頭目の無敗の三冠馬の誕生が現実味を帯びて来ました。

 こうなると平成の牡馬三冠馬(ナリタブライアン・ディープインパクト・オルフェーヴル)誕生の瞬間を全て現地で立ち会って来た僕としては新しい令和の時代の三冠馬誕生の瞬間も現地で立ち会いたいところ・・・
 と思ったのですが、そもそも今年の菊花賞が観客入れて開催できるかはまだ怪しいところでしょうか
 観客入れるとしても制限有りでしょうか? となると、自宅からまた36km余りを走って行こうとしたら入れない可能性も有りますね。
 ヤバイな・・・ 僕が観に行けないということはコントレイルもミホノブルボン・ネオユニヴァース・メイショウサムソンみたいに負けてしまうということになります(バカ?:笑)

 今年は牝馬にも無敗の三冠馬誕生の可能性が有り、牡馬牝馬同時無敗三冠馬誕生の可能性も有ります。 どちらも史上初。
 こうなるとデアリングタクトの快挙のかかる秋華賞にも行きたいところ。 10月18日と25日は2週連続ロング走で京都競馬場に行きたいところですが、観客を入れるのか、制限を設けるとすれば先着なのか、事前に抽選でもするのか、興味深いところです。

 ちなみに牝馬三冠って平成に4頭も達成しているのですね。
 スティルインラブ・アパパネ・ジェンティルドンナ・アーモンドアイの4頭ですが、1頭も達成の瞬間、現地で立ち会って無いや
 
posted by ちゃんちゃん at 16:38| 大阪 ☔| Comment(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんちゃんさん、突然コメント失礼致します。
自分2000年頃塩村騎手の応援ページをさせていただいていて、ターオーさんやちゃんちゃんさんとはあまり絡めていませんでしたが幾度かはレス等頂いており、こちらのブログを見つけてとても懐かしくなりコメントさせていただきました。

お元気そうで&競馬などのおかわりもないようで何よりです。
不躾に失礼しました、今後もたまに拝見させていただきます!
Posted by ひでたか at 2020年10月02日 23:15
 ひでたかさん、コメントありがとうございます。

 大変申し訳無いのですが、思い出せなくてターオーさんのHPに残るリンク等確認して来ました。
 当時hidetakakunのHNで応援ページをされてたのですかね? hideさんという方も当時居て(確か1回お逢いしたような・・・)、最初はその方かと思ったのですが。 すいません。。。

 競馬はあまりやらなくなりました(今年は安田記念が馬券買った最後です)が、ずっと観ては居ます。 でも応援ページやっていた時みたいには現役の馬も知らないですね(苦笑)

 ちょっと検索してみて解ったのですが、ひでたかさんも当時、塩村御夫妻より応援していたことへの御礼メールをいただいていたのですね。 当時はターオーさんも僕もやはりメールいただきました。 その後、同い年夫婦という共通点と、長男が同い年という共通点も有って頻繁にメールのやりとりをしていた時期も有りましたが、最近は連絡取り合っていません。 最後の方にやりとりしていた時に塩村さんもすでに競馬界を離れられているところまでは聞きましたが、今はどうされているのか・・・ 息子さん達は騎手を目指さなかったと聞いたような気がします。 ご自身が大きな怪我を何度かしましたし、同じ道を歩むことは望まなかったのかもしれませんね。

 また良かったらこちらを覗いてやって下さい。
 今秋は競馬も盛り上がりそうですし。 とはいえそうそう競馬ネタは書いていませんが(苦笑)
 ターオーさんにもひでたかさんからコメントいただいたことメールしてみようと思います。 長く直接お逢いしてはいませんが、今でもたまにメールするので。
 今夏は彼の住んでいる浜松が無茶苦茶暑くて心配になったのでメールしたりしました。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年10月03日 00:57
お返事ありがとうございます!

すみません、ご説明全然できていませんでした。
おっしゃるようにhidetakakunの方になります。
当時は専門学生~社会人1年目頃だったはずでPC系の専門学校でしたので勉強がてらホームページ作っていました。

とてもお詳しく記載頂いてビックリしていますがおっしゃるとおり引退時に奥様、ご本人から御礼を頂いて感動した記憶があります。
自分はずるずる未だに少額で競馬は楽しんでいましたが、音無厩舎さんの方に調教助手としていらっしゃるものとおもっていたので塩村さんが業界から離れてらっしゃるのは知りませんでした。

ターオーさんは当時からコミュニケーションを積極的にとられるかただなとおもっていましたが、ちゃんちゃんさん含め長いお付き合いが出来てらっしゃるのはとても素晴らしいですね。

自分は今年ナリタタイシンやビワハヤヒデが亡くなられてウイニングチケットはまだ元気に過ごされているみたいですが先立って亡くなったネーハイシーザーに会いに行けなかったのが心残りでしたので、たまに当時の馬など検索していたら此方にたどり着きました。
シーザーや塩村さんのご縁に感謝ですね。

まったりとどうぞよろしくお願い致します。

Posted by ひでたか at 2020年10月03日 11:29
 ターオーさんに確認しましたが、『塩村克己応援隊』を運営されてたのですかね?
 そのような理由でHPやってたって珍しい理由ですね(笑)

 塩村さんは田中章博調教師がお亡くなりになった後、音無厩舎に移られたんでしたっけ? 塩村さんが業界から離れたのは確か2年くらい前にメールやりとりした際に聞いたような気がします。
 でも最初にメールいただいた時はターオーさんにも届いているのを確認し、『いたずらですかね?』なんて疑ったものです(笑)

 ターオーさんは僕にとっては初めてのリアルでお逢いしたネット友達でした。
 僕が色々わけ有ってオフ会に参加しにくくなったことで、オフ会も無くなり、集まることは無くなりましたが、たま~にメールのやりとりはしています。
 ターオーさんのおかげで僕は楽しい時期を長く過ごせましたね。
 おっしゃるように、塩村さんやシーザーにも感謝ですね。
 塩村さんの最後の騎乗の日、ターオーさんと僕が阪神競馬場で生観戦できたのも縁を感じます。

 また交流させていただければ嬉しい限りです。
Posted by ちゃんちゃん at 2020年10月03日 19:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください