2020年11月18日

第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)予想

 今週は明日以降、仕事等の関係で長いブログ記事はアップできそうにないので、今日の内にクイーンズ駅伝の予想をアップしておきます。
 週末は競馬の予想のみ、買う場合のみ印と買い目のみアップするつもり。(マイルCSと東京スポーツ杯2歳Sを予想して買う気になった場合のみ)

 ちなみに3連休は休みなしで仕事の予定ですが、日曜日は午前中に終われそうな気がします。
 是非ともクイーンズ駅伝はテレビ観戦したい。
 
 
 本命は昨年の覇者、JP日本郵政グループ。
 毎年ここは怪我明けなどで万全な状態では無いながらもさすがの走りを見せるマラソン五輪代表の鈴木亜由子選手(昨年3区2位)を擁し、昨年1区区間新の広中璃梨佳選手は今季も好調で先日は5000mで日本歴代3位となる14分台を出している。 今年も駅伝では区間賞を外さない。
 昨年は出られなかった鍋島莉奈選手も復帰後好調で、戦力は昨年よりさらに充実している。 ミスが出れば解らないが、他の区間もブレーキになりそうなところは無く、文句無しの本命。
 1区広中、3区鈴木、5区鍋島か?
 アンカーは昨年に続き宇都宮恵理選手で昨年同様最高の笑顔でのゴールが観たい。

 対抗は昨年4位の天満屋。
 言わずと知れた、MGC覇者前田穂南選手が居り、小原怜選手も擁しています。 昨年準エース区間5区区間賞の三宅紗蘭選手も健在。
 3区前田、5区三宅、6区小原は昨年同様か。 他の区間はJP郵政Gより1ランク落ちるように思う。

 ▲はプリンセス駅伝優勝の積水化学。
 なんといっても新谷仁美選手の加入が大きい。 そして卜部蘭選手も新加入。 ただ、卜部選手は最短区間2区の3.3kmでも少し長い印象。 昨年3区3位の佐藤早也伽選手は怪我明けながらプリンセス駅伝1区区間新と好走。 今大会も期待できそう。
 2区卜部、3区佐藤、5区新谷と予想。
 1分差以内で5区新谷に繋げば逆転が有りそう。
 それか1区佐藤、2区卜部、3区新谷でしょうか? いや、僕が監督なら新谷は5区に起用しますね。
 優勝するなら、是非6区にはプリンセス駅伝同様森智香子選手を起用してやはり最高の笑顔でゴールして欲しい。

 △は昨年5位のワコール。
 昨年1区3位のマラソン五輪代表一山麻緒選手、5区3位の安藤友香選手が軸だが、個人的には昨年3区6位の福士加代子選手を応援したい。
 1区一山、3区安藤、5区福士か?
 僕なら3区一山、5区安藤、6区福士ですかね。

 ここまではシード権は大丈夫でしょうか?


 期待したいのはプリンセス駅伝5位の資生堂。
 プリンセス駅伝でも好走したルーキー中央大出身の五島莉乃選手、立命館大出身の佐藤成葉選手に加え、エース高島由香選手と強力な布陣。 ただそれ以外が弱い。
 1区佐藤、3区五島、5区高島と予想。

 続きそうなのはヤマダホールディングス。
 筒井咲帆選手は安定しているし、石井寿美選手に加え、西原加純選手の復調は大きい。

 続くのは、昨年2位ダイハツ、6位三井住友海上、7位デンソー、8位豊田自動織機、プリンセス駅伝4位九電工でしょうか。

 昨年3位のパナソニックは3区区間賞のエース堀優花選手が怪我、1区2位の渡邉菜々美選手も怪我、森田香織選手も怪我と故障者が多く、力を発揮できなさそう。 シード権も逃すと予想。

 昨年2位のダイハツも松田瑞生選手が復調気味も、大森菜月選手も登録を外れ、昨年6区区間賞の吉本ひかり選手が引退と、なんとかシード権をというところと予想。


 ◎JP日本郵政グループ
 〇天満屋
 ▲積水化学
 △ワコール
 ×資生堂
 ×ヤマダホールディングス


 さて、そんな予想の楽しかった今夜のランの状況。


 今日の走行距離 :   10.97km
                    55分37秒
                     5分04秒/km
                     11.83km/h
 今月の走行距離 :  140.95km


 日曜日は午前中で仕事が終われば、クイーンズ駅伝観戦後、走りに行きたいところ。
 
posted by ちゃんちゃん at 22:40| 大阪 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください