2020年11月28日

第40回ジャパンカップ(GⅠ)予想

 歴史的メンバーによるレース。
 
 
 三冠馬3頭が直接ぶつかるという、おそらくもう二度と無い可能性すら有る凄いメンバーによるレースとなりました。
 (来年新たな三冠馬が誕生すれば、あと2年の間に再度実現する可能性は有りますが)
 しかも内2頭が現時点で無敗で有り、残りの1頭は史上初の芝GⅠ8勝馬だから凄い。
 果たしてこの3頭で決まるのでしょうか?


 僕の本命は3番人気3歳牝馬のデアリングタクト。
 鞍上を不安視する声も有りますが、ローテーション的に一番有利で有り、何といっても秋1戦だし、合計でも5戦ととてもフレッシュ。 斤量も53キロと軽量で、成長力も有りそうだし、鞍上の不安も最も気楽に馬を信じて乗れると思えばむしろプラスに働きそう。 『勝っちゃった』って可能性も高そうに思える。 スローペースが予想され、3強の中で一番後ろから行きそうなのが少し心配。

 対抗は1番人気5歳牝馬アーモンドアイ。
 切れ味ならトップか?
 今日のネットニュースでレベルは違うが似たような古馬と無敗3歳馬対決が有ったという記事が有ったが、その1998年の毎日王冠を勝ったのは古馬だった。 そのレースでは無敗の3歳馬グラスワンダーとエルコンドルパサーを古馬のサイレンススズカが一蹴した。 今回はそこまで簡単では無いと思うが、古馬の経験は伊達では無く、秋2戦目というのも好ましい。

 2番人気3歳牡馬コントレイルはやはり菊花賞での激走の反動が心配で、マイナス要因が一番大きいように思える。 惨敗して欲しいとはもちろん思っていないが、馬券的には一番不安が大きい。

 僕の予想が外れても、3強が強いレースをしてくれれば満足。


  ◎デアリングタクト
  〇アーモンドアイ

  馬券は、デアリングタクトの単勝。
  オッズを見ながら、アーモンドアイとの馬連かデアリングタクト→アーモンドアイの馬単。 もしくはその両方。
 
posted by ちゃんちゃん at 16:42| 大阪 ☁| Comment(1) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 単勝があまりつかず、馬単も思ったよりうま味が無い。
 単勝は買うけど馬単は止めて馬連のみ買う。
 
Posted by ちゃんちゃん at 2020年11月29日 14:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください