2020年12月16日

普通に自粛している人がコロナ感染してもそれは結果論で批判すべきでは無いが、こんな時に忘年会などで感染しているような輩は批判されてしかるべきだ

 数日前のニュース記事ですが、こんな時に忘年会でクラスター発生とか・・・
 一体何なんですかね?
 せっかく脳みそ付いてるんだからちったあ考えろよと言いたいです
 
 
 福島市で3件目 忘年会でクラスター発生(福島中央テレビ)

福島県内では11日の検査で、新たに17人が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、福島市では新たなクラスターも確認され た。
11日に県内の新規感染者は、福島市、郡山市、会津若松市のあわせて17人で、1日の感染者数としては10日と並び過去最多。
県と福島市は12日午後に詳細を明らかにし、このうちの7人は福島市で新たに発生した感染者の集団、クラスター関連と説明した。
このクラスターについては、福島市内外に住む14人が、今月3日に飲食店で開いた忘年会に参加、11日までの検査で8人が陽性、4人が陰性と判明、残る2人については検査中だという。
県は、当日の店の利用状況から「接触者などは特定できている」としていて、このグループが利用した2つの飲食店の従業員を、市がPCR検査する方針。
(引用終わり)


 まあ福島だから大阪と違って感染者数は少なく、危機感にも差は有るとは思いますが、こんな時に10人規模で忘年会やってしまうってちょっと危機感無いんじゃないですかね? いや別にコロナ感染それ自体が怖いからという意味では無いですけど。

 正直、僕の職場もそういう話有りましたがさすがに中止になっていますよ。 そもそも計画しただけでも『正気か?』と思いましたが

 TV等、世間では、やれ『政策が悪い』、『対策が後手後手だ』とか、『Gotoトラベルを止めないのか?』とか言ってるくせに、いざ年末年始のGotoトラベルを止めたら、今朝のTVでは『Goto、突然のストップ』だとか報道する
 おいおい、Gotoトラベルのストップについては、『ようやく我々の主張を聞き入れてストップしてくれた』の間違いなんじゃあ無いのか? そもそも、『政策が悪い』とか思うなら、政策に頼らずに自分から自粛したら言いだけの話じゃないか。 何言ってるの? という話で、そもそも色々な情報はきちんと発信されているでしょ?

 僕は思うんです。
 これだけ今までの経過を見ていると、感染拡大経路ってほとんどが直接の接触感染か飛沫感染でしょう。 あとは一定の濃厚接触の場面での感染拡大。
 直接の接触感染は主に医療系や介護系の場面で有り、これはなかなか防ぐのが難しいと思うんです。 それ以外に防ぎにくい濃厚接触は家庭内感染でしょう。 残るひとつの飛沫感染はというと、会食の場面をなんとかすればほぼ撲滅できますよね? いや、会食を止めろと言ってるわけでは無いんです。 無駄に飲むなと言っているんです。

 この期に及んで飲みに行くことを我慢できないような連中は、飲みに行けばその量も我慢できずに酔うまで飲むでしょう。 酔うまで飲めば、大声を出したり、タガが外れてしまうでしょ? と思うんです。
 まあ、そうでない人も居るでしょう。 しかしながら、そうで無い人も多いのでは無いでしょうか?
 僕の会社は土建屋だから余計にそういう人が多いのかもしれませんが・・・

 行くなとは言いません。 僕ですらコロナ禍になってから、同期の転勤の時に2人だけで送別会はしましたし。 むちゃくちゃ疎な感じの地上階の居酒屋でしたけど。 コロナ禍になってから外で飲んだのはその1回だけです。 まあそもそも僕が普段飲むのはせいぜい月に1回無い程度でしたけど。
 僕が飲まない人間だということも有りますが、週に2~3回行っていた人間が月に2回くらいに減らしたくらいで『自粛している』とか言うなと言いたいんですよ。 行くなとは言いませんが、『月2回に減らして4人以下にして、一人1杯にしている』とか言うなら自粛していると言えると思うんですけど。

 我慢できない人間達が感染拡大させてGotoトラベル止めて、そのキャンセル料を税金で補填するとか、それこそふざけるなという話です。
 その税金を医療従事者や介護職の方々に配ってやれよという話です。 医療従事者なんて、ボーナス下がってるっていうじゃないですか。 労働時間・条件が過酷になっているのにボーナス下がってるとか可哀そうで仕方ないですよ。 あ、『ならお前が払えよ』とか言わないで下さいよ。 すぐそういう風に返して来る人が荒らしに来る人には居ますからね。

 居酒屋や風俗関係の経営者の方々がお店を開けるのは仕方ないです。 生活がかかっているんですから。
 ようは利用する側が行かなければ済む話です。 そういった業界の人には悪いですが。 どうせ遅れて我々建設業界にもその波は遅れてやって来るんです。 先日のボーナス、明細を嫁さんに渡す時、『おそらく今回が最高で、以降は下がるだけやからね』と言っておきました。 大阪万博が有るとはいえ、もう何年かは上がり目も無いですからね。

 最終的には皆にほぼ平等に波はやって来るんです。 だから無駄に税金を投入し過ぎるのはよろしく無い。 我々の子孫に負の遺産を遺すだけですから。
 もちろん我々建設業界に対して負の波はやって来ます。 今後は公共投資が確実に減りますからね。 企業も疲弊しているから民間工事も減るでしょう。
 でも医療従事者や介護従事者はなんともやりようが無い部分が有りますし、居なくなれば皆が困ります。 ですから税金を投入するので有れば、そういう業界に最優先かつ有効に投入すべきだと思うんです。 冒頭の話に戻りますが、国民はやれ『政策が悪い』とか言いますが、もっと悪いのは国民一人一人なんじゃあ無いですか? と思っています。 怒るのなら『医療業界や介護福祉業界に真っ先に投入しろ』と怒れよと。 『我々の業界を助けて、私を助けて』じゃないってんですよ。

 そしてこの期に及んで大勢で大声で飲んでしまうような連中からは逆に山ほど税金取り立ててやれば良いんですよ。
 むしろ『逆Goto』で居酒屋などでアルコール飲むような人々から余分に課金してはどうでしょう? 加減は難しいですが、客は減ってもその上乗せした分を税金とお店の取り分半分半分にすれば、税金も徴収できる上に居酒屋の人口密度も減り、収入も増える。 まあ、色々問題も有るでしょうし、現実的な提案では無いのは解っていますが、極端な話、それくらい腹が立っているということです。

 そもそもそういった不可抗力では無く感染拡大させるような連中のせいで、なぜ我々のような何も無くても自粛生活しているような生活をしていた人間までしわ寄せを受けなければならない? 『病気だから仕方ない』という話では無い部分も少なく無いと思うんです。

 僕の友人では飲みに行くのが好きなのに、誰よりも自粛している方が居ます。
 その彼は同期の送別会にも来ませんでした。 おそらく我慢するだろうと思ってはいましたのでもちろん無理には誘いませんでしたけど。
 正直、『そこまで我慢しなくても』というようにも思いますが、彼の信念に基づいた行動は尊敬に値すると思っています。 飲むのが好きな人の中にもこういう人は居る。 でもその真逆の人達も少なく無い数で居て、そういう連中が感染拡大に最も加担していると僕は考えています。

 本当に、いい加減にして欲しいです。

 国とか、誰かから言われてじゃなく、テメエで考えて適切な判断をして行動しろよ。 ということなんです。 そうやって考えれば、今の時期、大勢で飲みに行ったりとか、ベロベロに酔っぱらうまで飲むとか。 そんなの有り得ないでしょ? ってことです。
 そういうのが無ければ、旅行したって良いじゃないですか。 屋外なら少々密でも良いじゃないですか。 大阪のイルミネーションも中止になったそうですが、僕からすれば、屋外なんだから良いじゃない。 どうせ寒いんだから長居できないでしょうに。 せっかく準備していたはずなのに、準備にかかったお金や撤去するお金が勿体ない。 誰も楽しめずに税金が水の泡になるんです。 こういうのこそ批判しないといけないでしょう? これは吉村知事(それとも松井市長?)の判断ミスですよ。 で、マスコミはどうせやってもやらなくても批判ばっかりするんでしょ。 全く建設的じゃあ有りませんなあ

 本当に、嫌になりますなあ・・・

 医療福祉関係者が仕事で感染したら当然批判などすべきでは無いし、むしろより大切に・手厚く扱うようにするべきだとは思うし、普通に自粛している人が結果的に感染しても批判すべきでは無いと思いますが、忘年会なんかで感染するような連中は、正直少々叩かれても全く同情する気にはなりませんね
 
posted by ちゃんちゃん at 21:33| 大阪 ☀| Comment(2) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は飲むのが好きな方ですが、それでも、今年の忘年会には反対ですね。

中でも一番腹が立つのは、ちゃんちゃんさんもご指摘のマスコミによる、どっちに転んでも政権批判というやり口ですね。飲みに行く人達よりもタチが悪いです。

医療はいいんです、って良くないですけど、止まってはいけない業界なのでお金さえ渡せば頑張ってくれます。

飲食・旅行業界を救うのは、関連業界が広すぎて、協力金では全然足らず、やっぱりGoToキャンペーンを呼び水にして皆で経済を回すしかありません。特にGoToトラベルを潰すのは、殺人ではないかとさえ思います。
その中で、特に感染リスクの高い業種は止めないといけませんね。何が危険かは、もう分かりきっているのですから。

そもそも忘年会は必要不可欠なのかな、とも思います。年度末の歓送迎会は重要だし、その時期なら換気出来るのでリスクは低いです。中止と言うよりは春に合併開催ってことにするのはダメでしょうか?

自分の腹案としては、飲食店には多めの時短協力金かGoToイート対象店舗のどちらかを選ばせる、なのかな、と思います。感染拡大と言っても週ベースで感染者数1.1倍程度です。これを0.9くらいに下げるのに急ブレーキを踏む必要は無いと考えます。
Posted by プー at 2020年12月16日 22:58
 ありがとうございます。

 記事本文に書くのを忘れていましたが、最近のTVも相当緩んでますよね。
 少々離れて衝立をしていますが、以前していたマウスガードとかは無しで結構大声出しています。
 酷いのは街ロケでマウスガードすら無しにガンガン一般市民と触れ合ってます。
 映画やドラマの撮影だって、成立させるためには仕方ないですが、至近距離に顔を近づけて唾飛ばして撮影していますよね。 当然、何のガードも無しにです。 そりゃ芸能人の感染が多いわけですよ。

 僕は忘年会も歓送迎会も不要派です。 そもそもお酒が入らなければ懇親できないという考え方が間違っていると考えるからです。 平時ならそれも良いですが、今はそうでは無いでしょうし。
 さらに言うと、我々の業界に多い接待での酒席なんて全く不要だと思っています。 もちろん現状では有った方が楽なのでしょうが、そういった慣習が無ければ無いで、他に手段は有るでしょう。 飲まないと仲良くなれないような関係なら無い方がマシです。 まあ、きれいごとだとは解っていますが・・・
 まだゴルフ接待の方がマシです。 ある程度健康的ですし。 ただお金はかかりますが(苦笑)
 以前、一度テニス接待というのが有りましたが、あれはなかなかコストもかからず健康的で良いなあと思いました。 僕は飛び込みで参加してしまい、場を荒らしていいまだに反省していますが、アイス差しいれたので許して欲しいところです(苦笑)

 ちなみに送別会や歓迎会についてはやりたい人だけが集まってやれば良いと考えています。
 いちいちそれを部でやったりすると、僕みたいな工事課長という立場では拒否できないどころか段取りも司会進行も会計もせざるをえません。 なので、まとめてえきる歓送迎会程度は有った方が助かったりもします。
 このコロナ禍の中、異動していった後輩は送別会をしれやれなかったですが、僕はその代わりにバドミントン用のウェアを送りました。 コストとしてはその方が高くついてはしまいましたが、飲みに行く代わりにそういうのも有りだと思っています。

 あと、年末年始の挨拶、あれも要らないと思います。
 これはコロナ関係無しに思っていましたし言っていました。
 営業チャンスは解りますが、新年だけで良いだろ? って感じです。
 こんな時にも営業さんは年末の挨拶に行ってますよ。 もちろん新年も行くはずです。
 ついこの前行ったばかりやんけ! って感じです。

Posted by ちゃんちゃん at 2020年12月17日 08:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください