2021年01月03日

10区大逆転劇で駒澤大学が戴冠! : 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走

 復路は面白かった!
 
 
 往復総合公式記録(公式HPより)


 いやいや・・・
 創価大学の優勝は無いと思っていましたが、またもやみくびっていました
 9区終了時は『もういくらなんでも創価大学で決まり』と思ってしまいましたよ。 それがそこからのまさかの逆転劇になるとは・・・
 本当に、勝負はゴールまで解らないものですねぇ・・・


 さて、大逆転優勝したのは駒澤大学。
 僕の優勝候補筆頭では有りましたが、まさかこんな勝ち方をするとは全く想像していませんでした。
 復路は全員が堅実に走りましたが、特に6区の花崎選手と10区の石川選手が見事でした。 しかし、創価大学も踏ん張り、9区終了時点で3分19秒もの差が有りましたから、大八木監督自身も『まさか』の逆転劇だっただろうと思います。 逆転の立役者となった石川選手の感想が『「やってやったぜ」と思いました』ということでしたから、正直な感想なのでしょう。
 とにかくできることを精一杯やることで、この結果を手繰り寄せたのだから凄い。
 優勝、おめでとうございます!!


 2位は大逆転を喫した創価大学。
 3位は有るかもと思っていましたが、あわや総合優勝の2位。
 復路も7区原富選手と9区石津選手が頑張りました。 特に9区石津選手は駒澤大の山野選手との1万メートル持ちタイムが1分近く違うのに、詰め寄られるどころかむしろ大きく引き離し、正直決定打の走りをしたと思いました。
 10区の小野寺選手は今夜は眠れないでしょうね・・・ しかし幸いにも3年生。 来年、このリベンジをして欲しいです。
 しかし、なぜあのような大逆転劇が起こってしまったのでしょうか? 監督の指示はどのような感じだったのでしょうか?
 あくまで想像なんですが、10区スタートの最初から優勝を意識してゆっくり入り過ぎたのでは無いでしょうか? 僕が監督でも差が3分も有ればそういう指示をするかと思います。 ただ、最初からずっとゆっくりだとそれに身体・特に心肺が慣れてしまうので、なかなか上げるのが苦しくなるケースが有ると思うんです。 ですので、最初の2kmくらいをしっかり突っ込んで、それからペースを落とせば良かったのかなと思うんですよね。 普通に考えれば小野寺選手の力ならキロ3分で押せるはずですから、最初は2分50秒くらいで入って、それから3分5秒くらいに落としたとしても、仮に追い付かれてもスタミナを残せたのでは無いかと想像しています。 しかし、その力が残っていなかったため、駒澤の石川選手に一気にかわされてしまいました。
 まあ、あくまで外野の想像ですし、そんなに簡単な話では無いのはもちろん解ってはいますが・・・


 3位は東洋大学。
 いや、御免なさい・・・ シードすら危ういなんて予想していました
 やっぱり東洋大は箱根に強いですね。 昨年が相澤選手を擁しながら10位でしたから、もうそうそう上には来ないと予想してしまいました。


 4位はさすがの青山学院大学。
 総合優勝の駒澤大とは僅差でしたが見事な復路優勝でした。
 復路は全員が区間4位以内と安定した走りでした。 神林主将は故障だったとは、ツイていませんが、その後の原監督のコメントとか読む限り、そういうこともひとつの絆となった結果がこの復路成績になったのかと思います。
 来年は返り咲いて欲しいです。


 今年は予想が難しかったです。
 創価大と東洋大はシードを外す予想でしたし、東京国際大もシードを外すと思っていましたがシードを獲りました。 逆に明治大学は表彰台も有るかと思っていましたがシードを外しましたし、中央大も城西大もシードを外しましたし。
 来年は往路から強いと思われているチームが強いレースをして欲しいです。
 
posted by ちゃんちゃん at 20:11| 大阪 ☁| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心底驚きました。
10区にリレーした時点で買い物に出かけ、帰宅時してすぐテレビを点けましたが、
1号車の画面に2人映っていて、何だこりゃ!? となりました。
そして、みるみるうちに石川選手が追い抜いて奇跡の優勝となりました。

ちゃんちゃんさんの仰ることと、次第に差が縮んでゆくことに強いプレッシャーを感じてしまったのかな、とも思いました。なにせ誰にも想定外の事態だったのですから。
10区の序盤から2人の走りがどのようになっていったか、見逃したのが本当に悔やまれます。
いずれにしても石川選手が諦めなかったことは不可欠な要因でしょう。

改めて、駅伝の面白さと恐ろしさを感じました。
Posted by プー at 2021年01月03日 21:32
 20分も見なければ『??』となりそうな10区でしたよね。
 肉体的には問題無いはずですから、精神面の問題だったのでしょう。

 15kmくらいでの二人の差とラップを聞いた時に、『これは届くぞ』と思いましたが、そこからは本当に面白かったです。

 しかし、本当に恐ろしいですね・・・
Posted by ちゃんちゃん at 2021年01月04日 07:29
コメントを書く
コチラをクリックしてください