2021年02月28日

鈴木健吾が男子マラソンの日本記録を更新!! : 最後のびわ湖毎日マラソンが劇的に閉幕

 不覚ながら、今日、日本新記録が出るなどとは思わず、走りに出ていてライブで観れずの上、NHKの録画が肝心の部分を電波状況の悪さで録画もできずでした
 
 
 鈴木健吾、日本新は「自分が一番びっくり」 初の2時間4分台(毎日新聞)

 第76回びわ湖毎日マラソン(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛)は28日、大津市の皇子山陸上競技場を発着点とするコースで行われ、鈴木健吾(25)=富士通=が2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。従来の日本記録は2020年の東京マラソンで大迫傑が出した2時間5分29秒で、日本選手の2時間4分台は初めて。びわ湖毎日は大阪マラソンとの統合が決まり、22年からは大阪に舞台を移すため、滋賀県での開催は今大会で最後となった。(記録は速報値)

 ◇給水取り損ねたのをきっかけにスパート

 鈴木健吾選手の話 (2時間4分台での日本記録で優勝)こんなタイムが出るとは思わなかった。正直、自分が一番びっくりしている。短い期間だったが、年明けからのマラソン練習で良い練習が積めた。

 (36キロ過ぎの給水所でのスパートは)給水を取り損ね、行くしかないと。周りの選手の表情を見ていけると思った。(ペースは)そんなに速い感覚ではなかった。今までのマラソンでは後半に失速していた。1年前にびわ湖を走って、その時も後半に失速し、その悔しさをもって故障をせずに1年間戦ってきたことが良かった。

 最後の大会で日本記録を出すことができ、誇りに思う。東京(オリンピック)の代表にはなれなかったが、パリ(五輪)を見据えてやっている。今日は今までのマラソンで一番ゴールしてから余裕があった。

 ◇鈴木健吾

 愛媛県宇和島市出身。小学6年で陸上を始め、宇和島東高3年で全国高校総体5000メートルに出場。神奈川大では4年連続で箱根駅伝を走り、3年時に2区で区間賞。4年時には、初マラソンとなった東京で2時間10分21秒をマークした。2019年の東京オリンピック代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は7位だった。富士通所属。
(引用終わり)


 鈴木健吾選手は箱根2区で区間賞獲得経験も有り、強いという認識は有りましたが、正直、まさかこんな凄いタイムを出せるとは全く想像していませんでした。 東京マラソンでは無くびわ湖ですからね。
 表情を観ていると、ずっと楽そうに走っているようには見えましたが、スパート後の走りは本当に圧巻でした。 5kmのラップはなんと最後のラップ(35km~40km)が最速を記録。 さらにラスト2.195kmのタイムは6分16秒で、なんと2分51秒/kmペースです。 前半ハーフより後半ハーフが速いというネガティヴスプリット。 さぞ気持ち良くゴールできたのでは無いかと想像します。
 スパート後のペースが38km過ぎても落ちそうになかったので、『もしかしたら日本新出るかも?』とは思いましたが、まさか4分台が出るとは・・・
 今回で最後となったびわ湖毎日マラソンの最後がこんな劇的な結末を迎えようとは思いもしませんでした。

 鈴木健吾選手、おめでとうございます!!
 そして大会関係者の皆様、最後になってはしまいましたが、最後、本当に良かったですね!!
 最後ということで、沿道にも結構な観戦者が出ていました。 歴史の有る大会ですし、いつも沿道から応援を送ってらした方々でしょうから仕方ないでしょう。 どうか批判しないであげて欲しいです。 外部で、マスク着用ならほぼリスクは有りませんから・・・

 それにしても、一番肝心な38km以降、ゴール後の2時間7分くらいまで電波が悪くて録画できていなかったのは痛すぎる・・・
 ランから帰宅して、早送りしながら観ていて、36kmのスパートのあたりからは早送りせずに観ていたのに、まさか一番肝心な部分が録画できていないとは・・・
 朝一は綺麗に録画できていたのになあ・・・


 それにしても好タイムが多く出ましたよね。
 日本男子マラソン界の底上げが進んでいると実感します。
 社会人1年目の土方選手が6分台で2位ですよ。
 5位までが6分台、15位までが7分台、28位までが8分台、42位までが9分台でサブ10ですよ!!
 気温も丁度良く、風も微風と条件は良かったみたいですが、それでもこれは凄い。 厚底シューズの登場から、選手達のマインドバリアーが取り払われたことが大きいのだろうと思います。
 本当に素晴らしい!


 第76回びわ湖毎日マラソン大会リザルト


 川内優輝選手もここに来て自己ベスト更新とは素晴らしい!



 川内優輝「努力が報われた」「妻の存在が大きかった」109回目のマラソンで初の7分台(デイリー)

 「びわ湖毎日マラソン」(28日、大津市皇子山陸上競技場発着)

 現行のコースでは最後となる大会が行われ、通算109回目のマラソンとなった川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=が2時間7分27秒の自己ベストで10位に入った。これまでの自己記録は13年のソウル国際でマークした2時間8分14秒。

 川内は「10年前から思い続けていた目標の2時間7分台を出せて本当にうれしい。10年間の努力が報われた。信じて、あきらめずにやってきて良かった」と率直な喜びを口にした。

 5回目の挑戦だった今大会。スタート後から無理をせず、第2集団の前方に位置取り、最後まで自分のペースを守った。自己ベストが出た要因を問われ、3つ挙げた。

 一つはペースメーカーを務めた1月末の大阪国際女子マラソンをにらみ、練習では10年前ぐらいのように余裕を持って距離を積んできたこと。2つ目は、今大会に向けた最後の1カ月のトレーニングで実業団のコモディイイダの練習に加わり、大阪国際への土台があった上でスピードの刺激が入ったこと。3つ目が厚底シューズに変えたことと打ち明け、この2カ月ぐらいは厚底シューズを試していたという。

 川内は練習について「この2カ月ぐらい、完璧にはまっていた。『これだけ練習をやってきて、自己ベストが出なかったらどうすればいいんだ?』というぐらい、この1カ月は調子が良かった。やってきた自信が結果についてきた」と打ち明けた。

 私生活では一昨年に結婚。ランナーでもある侑子夫人(35)の存在についても問われ「支えてもらっている。私の場合、年齢を重ねて太りやすくなってきている部分がある。そこで体重を絞るときに、体力が落ちないようにしながら太らないようにメニューを考えてくれている。うまく体重調整できたことも大きい。妻や弟(鮮輝)が厚底を履いて調子を戻している。自分も『薄底で過去の自分を超えるとか、悠長なことは言ってられる場合じゃない』と思って。今までの次元では考えられないようなタイムを出しているのであれば、自分も対応していくしかないなと思って。そういう決断をするきっかけにもなった。妻の存在はびわ湖に向けて大きなものだった」と打ち明けた。

 レースは鈴木健吾(25)=富士通=が、大迫傑(ナイキ)の持つ2時間5分29秒の日本記録を大幅に更新する2時間4分56秒の日本新記録で初優勝を果たした。鈴木は02年の武井隆次以来、日本人19年ぶりの優勝だった。
(引用終わり)


 33歳、109回目のフルマラソンで自己ベスト更新は凄い。
 当然、シューズのおかげだけでは無い。 本人の努力が有ってこそ。
 素直に祝福したい。
 
posted by ちゃんちゃん at 16:54| 大阪 ☁| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に凄いですね。
隣に選手がいたために給水できなかったのを切り替えてのスパートですから、精神力も半端ないですね。

このニュースを知らずにジョギングに出ましたが、自分も調子良かったです。
日本中を元気にする大快挙だったのだと思います。
Posted by プー at 2021年02月28日 22:29
 プーさんもまさか今日、日本記録が出るとは思って無かったんですね(笑)

 さっきNHKのニュースに鈴木選手が生出演していましたが、あの給水は摂ろうか摂るまいか悩んでらしたそうです。 なので失敗したから他の選手が取っている間に行こうと思ったそうですね。 あの失敗が無ければ4分台は出てなかったかもとおっしゃってました。 何が良い方向に出るかは解らないですね。

 鈴木選手、今回は前半は少し自分のリズムで走れていなかったそうですが、途中から良いリズムになったとか。
 最後はきっとアドレナリン出まくりだったのでは無いかと思います。 凄いゾーンに入っていたのでしょうね。
 ただ、真価を問われるのはこれからですね。
 元々地力は有ってもサブ10もなかった選手ですし、安定して6~7分台で走れるようになって欲しいです。 次のレースが大事ですね。
Posted by ちゃんちゃん at 2021年02月28日 23:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください