2021年05月20日

ミズノ淀屋橋店のビル、94年の歴史に幕

 ミズノ淀屋橋店のビルが解体されるそうな

 その歴史に驚きました。
 
 
 ミズノ、旧本社ビル解体へ 再開発で94年の歴史に幕(共同通信)

 ミズノは18日、1927年の完成から94年の歴史を持つ旧本社ビル(大阪市中央区)を解体すると発表した。旧本社ビルは現在直営店「ミズノ淀屋橋店」として活用しているが、6月30日に閉店する予定だ。地下鉄淀屋橋駅周辺の再開発の一環で、跡地は2025年に地上28階建ての高層ビルに生まれ変わる。

 旧本社ビルは創業者の水野利八が建設に踏み切った。8階建ての鉄筋コンクリート造り。日銀大阪支店や大阪市庁舎が近くにあり、92年の大阪市住之江区への本社移転後は直営店として親しまれてきた。

 建設当時は珍しかった懸垂幕による広告やライスカレーが人気の大食堂などが話題を集めた。
(引用終わり)


 RC造(鉄筋コンクリート造)の建物は一般的には60年程度の使用を想定されていることが多いのですが、多くは40年くらいで設備が追い付かなくなってきて建て替えされるものです。 なので94年も運用し続けたというのには建設業に携わる者として結構な驚きだったりします。

 このお店は会社の近くでもあり、結構行かせていただきました。
 僕の初めてのちゃんとしたランニングシューズとなったウエーブライダー15はこのお店でフィッティングしていただいて購入しましたし、フォーム診断をしていただいたこともあります。 手袋などの小物も結構購入させていただきましたね。

 ニュースに有る写真も凄いです。
 当該ビル以外は普通の民家のような建物ばかりです。 御堂筋も通っていなかったみたいで、淀屋橋の写真とはとても思えないくらいです。
 このビルも当時最先端のビルだったことだろうと思います。
 でもおそらく鉄筋は今のような異形鉄筋では無く丸鋼でしょうね。 幾度も改修されて耐震補強もされているのだろうとは思いますが、それでもよく94年も使い続けることができたものだと感動すらしてしまいます。
 奥のエレベーターも歴史を感じさせるもので、その周りに配置された階段もなかなか風情が有って好きでした。

 このニュースは昨日見たのですが、正直、個人的には新垣結衣さんのご結婚より興味深く読ませていただきました。

 94年という永きに渡る営業、お疲れ様でした。
 
posted by ちゃんちゃん at 18:06| 大阪 ☔| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください