2021年08月09日

まさか!? トランスジャパンアルプスレースが2日目朝に中止に・・・

 なんと台風接近を受け、TJAR2020は中止になってしまいました。
 
 
01中止.PNG


 初日はコンディション良く、先頭の土井選手はもちろんですが、後続の選手の皆さんも順調なようだっただけになぜ? と思ったのですが、今朝の段階で、北アルプスの槍ヶ岳から上高地を越えて中央アルプス付近は豪雨模様で、槍ヶ岳付近でも張ったテントが飛ばされるほどの強風が吹き荒れていて大変な状況とのことでした。
 10時頃からはこちら大阪の平地でも結構な強風になっていますから、コース上、山の上は大変な状況になっていることでしょうね・・・

 安全第一なので仕方ないとは思いますが、永い選手であれば5年以上をかけ、仕事のかたわら、オリンピアン以上の努力をして来た選手も居るはずです。 そういう選手の心中を察するともう言葉もありません。

 今回大会から、『2大会連続出場選手は次回大会にエントリーできない』という規定もできていましたし、今回含めて2大会連続で参加の選手は次回大会(今回が1年延期されているので次回は来年の予定)にはエントリーすらできないのか? という不安も有るでしょう。 そしてこの新規定で今回大会にエントリーできなかった参加希望者は、次回大会はどうなるのか? さらに狭き門になるのか? と不安なことでしょう。 危険を伴う大会を安全に運営するためには30名という参加者の上限を増やすことは考えにくいことでしょうし・・・

 中止を聞いた時のトップ土井選手の表情です。
 (Dogsrcaravanのtwitterより)


02土井選手.png


 なんとも言えない表情をされてますよね。
 土井選手は今朝6時には北アルプスを降り、上高地を通過したそうです。
 これは2016年大会で記録された望月選手の大会記録の時より2時間速いペースだったそうです。
 (望月さんのデータはtwitterでテクノロジーの物好き様よりご提供いただきました。 ありがとうございました。)

 土井選手は独走されていましたが、後続の選手の皆さんも良いペースでした。 前回2018年大会の覇者である垣内選手も土井選手からは6時間近く遅れているとはいえ、垣内選手自身、前回大会より4時間速いペースで進み、土井選手との差も少し詰め始めたところでしたので残念なことでしょう。


 そして僕のようにこの大会を楽しみにしていたファンもかなり居ることと思います。
 オリンピック同様、1年延期になったためなおさらです。
 実際にinstagramtや twitterを通じてそういった方と繋がることもできました。
 このブログを読んで下さった方も予想より多くいらっしゃったようです。
 個人的にはそういった方々ともっと長く一緒にこのTJARを楽しみたかった。
 本当に残念でなりません。
 今大会は僅か1日余りのお付き合いでしたが大変楽しい時間を共有することができました。
 繋がる事のできた皆さん、ありがとうございました!
 次回、TJAR2022大会でまたお逢いできることを楽しみにしております!!

 大畑選手と片野選手も少しですが交流させていただきありがとうございました!
 無事の撤収をお祈りするとともに、今後の活躍を期待しております!!

 最後に、苦渋の決断をされた大会スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。
 スタッフの皆さんもほとんどが元選手でしょうし、辛い決断だったことでしょう。
 あとはとにかく安全に、スタッフの皆さん含め、全ての関係者が無事に撤収されることをお祈りしております。
 ありがとうございました!!
 
posted by ちゃんちゃん at 12:53| 大阪 ☔| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリンピックに気を取られていたのか
TJARのことすっかり忘れていて
スタートギリギリで気がつきました

出場選手の予習もそこそこでしたが
中止とは残念すぎます( ;∀;)

延期になり結局中止とは・・・
2022に優先的に出場とか!?ないんでしょうね。。
選手のみなさんの無念さ。お察しします
Posted by みおた at 2021年08月09日 23:18
今回の出場者を2022年大会に優先出場としてしまうと、2016・2018年大会連続出場者や新規出場希望者が非常に狭き門になってしまいますからね。優先出場は無いでしょうね。

twitterやinstagramの方でのファンの方々とのやりとりで思ったのですが、一度まっさらにして、全員応募OKが良いような気がしますね。
ただこんなレースは毎年走れないので、参加条件だけは今年の出場者に条件を緩和してあげた方が良いような気もします。そもそも応募できる条件が異様に厳しいので。

今年は新たなスター誕生の可能性も高かったですし、前回大会の覇者の垣内選手が追い上げ始めてましたので面白くなりそうだったんですけど、本当に残念です。
Posted by ちゃんちゃん at 2021年08月10日 07:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください