2021年10月03日

第100回凱旋門賞(GⅠ)予想

 武豊の悲願成就を一番に願うものの、馬券は少しだけ現実的に買います
 
 
 武豊ブルームが勝てないなら期待したいのはディープインパクト産駒スノーフォール。
 前走ヴェルメイユ賞は敗れたものの、英オークス、愛オークス、ヨークシャーオークスの勝ち方は圧巻。 特に英オークスは2着馬に16馬身差を付ける圧勝劇。 遠い日本にもその勝ち方は強く伝わって来ました。
 以前より3歳牝馬の斤量アドバンテージは減ったみたいですが、ディープインパクト産駒による凱旋門賞制覇の瞬間も観てみたい。


 とはいえ、真面目に予想した結果、スノーフォールはタルナワとハリケーンレーンに続く3番手評価になりました。
 本当は武豊ブルームを買いたいところですが現実的には厳しそう。 ならば現実味も有って馬券も可能性のあるスノーフォール本命にて馬券を買います。


 ◎スノーフォール
 〇タルナワ
 ▲ハリケーンレーン

 馬券は、3頭の馬連・ワイドボックスと、スノーフォールから2頭への馬単。
 ワイドしか当たらなければトリガミも有りますが仕方ない。

 ウインズで紙馬券の発売が有るならブルームとスノーフォールの単勝記念馬券も買いたいところなんですが・・・


 昨日、エルコンドルパサーとオルフェーヴルの凱旋門賞映像を何年かぶりに観ました。
 どちらも結果は解っているのに高揚します。
 特に2012年のオルフェーヴルのレースは直線力強く抜け出したところでは敗けるの解っているのに背筋がゾクッとしました。 内にササらなければ、あと少し追いだしを遅らせていれば、そして何より池添騎手が鞍上だったら・・・ と考えずにはおれません。
 エルコンドルパサーの時は相手が凄かった。 良くあのメンバーであわやまで持っていけたものだと思えます。

 あれから9年、今年もそれに近い興奮をおぼえさせて欲しいところです。
 願わくば馬券が外れても良いので武豊に悲願の凱旋門賞制覇を。
 それが叶わないならばディープインパクト産駒スノーフォールの勝利を。
 それも無理ならディープインパクトの孫であるディープボンドの勝利を期待したいと思います。

 発走まであと3時間半。
 
posted by ちゃんちゃん at 18:35| 大阪 | Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください