2021年10月30日

第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)予想

 名城大学の5連覇濃厚。
 
 
 優勝はアクシデントの無い限り名城大学でしょう。
 層の厚さが段違いです。

 荒井優奈選手がメンバーから外れましたが、それでも、
  1区 山本有真選手
  2区 高松智美ムセンビ選手
  3区 和田有菜選手
 ではっきりとしたリードを取り、
  5区 小林成美選手
 でトドメという感じでしょうね。

 4年生の和田選手と高松選手が引退する来年以降は他の大学にもチャンス有るかもですが、残念ながら今年まではほぼノーチャンスでしょうか。
 5連覇濃厚。
 特に高松選手は高校1年生の時の高校駅伝大阪予選会とかで生で観て来た選手なので頑張って欲しいです。
 最近は伸び悩んでいるようにも見えますが、大学最後のシーズン、悔いの無い走りをして欲しいです。
 あの淀川河川敷で観た弾むような輝く走りをまた観たい

 対するは4年連続で名城大に続く2位の大東文化大学。
 しかし大エース関谷選手が抜けた今年は2位が堅くは無さそう。
 現エース鈴木優花選手と吉村玲美選手がきっちり力を出せれば大丈夫でしょうか。

 3位争いは混戦でしょうか。
 日本体育大学、立命館大学、城西大学あたりの争いでしょうか。

 他で注目は拓殖大学の1年生、不破聖衣来選手。
 もしかして5000mの持ち時計はトップ?
 不破選手は確か中学生くらいの頃からかなり騒がれてたのでは無いかと思います。
 体育会TVにも出たこと有ったと思うのですが、それで名前を憶えてました。
 順調に成長してくれてこの舞台ではなんと1年生でエース区間走るんですね。
 でも距離、大丈夫でしょうか?
 どんな走りを魅せてくれるのか楽しみです

 あと、大阪学院大学も頑張って欲しい
 
posted by ちゃんちゃん at 20:45| 大阪 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください