2021年11月01日

第39回全日本大学女子駅伝(杜の都駅伝)は名城大学が圧勝で5連覇達成! そして新たなニュースターが誕生!!

 名城大学全員が素晴らしい走りを魅せて圧巻の5連覇達成。
 そして大学長距離界に、いや、日本陸上競技界に凄い新星が現れました!!
 
 
 優勝は全区間で素晴らしい走りを揃えて来た名城大学が5連覇を達成しました。
 アクシデント無ければ勝つとは言ってましたが、予想を上回る圧勝劇でした。

 1区3年生の山本有真選手は終始落ち着いた走りでラスト力強く抜け出しました。
 この区間は大東文化大の吉村玲美選手も居ましたし、どうかと思いましたが名門大の意地だったですかね・・・

 2区4年生の高松智美ムセンビ選手は驚いたことに大学で競技引退とか。
 その全てをぶつけるような気魄溢れる走りで自らの区間記録を塗り替えてさらに後続に差を付けました。
 高松智美ムセンビ選手は高校駅伝大阪予選会で大阪薫英女学院1年生の時に見て、その弾むような走りには驚かされました。
 姉の望選手とともに出てて、『あんなん反則やん』くらいに思ったものですが、その彼女が引退とは・・・
 今日は素晴らしい走りでしたが、最近は伸び悩んでいるようにも見えました。 姉の望選手もナイキオレゴンプロジェクトに行きながら伸び悩んでいましたし、色々考えることも有ったんでしょうね・・・
 競技引退後、どうされるのでしょうか? 幸せになって欲しいですね
 でもまだ富士山女子駅伝が残っていますので、そこでも悔いの無い走りをして欲しいです。

 3区4年生の和田有菜選手も区間賞の走りでさらに後続に差を付けました。 主将の意地でしたね。
 予想通りでしたが、ここでほぼ勝負を決定付けてしまいました。
 副主将の高松選手とともに、4年生2人が見事な走りを魅せてくれました。
 実にカッコイイです

 4区1年生の谷本七星選手だけ持ちタイム的にどうかと思っていましたが、なんと区間新記録を出してしまいました。
 やはり名門入学の1年生は違いますね。 4年生が抜けても来年も盤石という感じです。

 唯一区間賞を獲れなかったエース区間5区も3年生小林成美選手が苦しそうな表情をしながらも区間3位の走りでアンカーに襷を繋ぎました。

 そしてアンカー6区2年生の増渕祐香選手も区間新記録。
 1区でトップに立ってそのまま逃げ切る完全優勝でした。 凄いです

 名城大学の皆さん、5連覇おめでとうございます!!


 2位はやはり5年連続で大東文化大学。
 2位も5年連続となると悔しいでしょうが、ちょっとどうしようも無い感じ。
 特に今年は大エース関谷選手が卒業してしまいましたし、苦しい状況でした。
 1区の吉村玲美選手が転倒と、苦しいスタートになりましたがそれでも2位を確保したのは素晴らしいです。
 エース区間5区の鈴木優花選手も拓殖大の不破選手には遅れをとったものの区間新記録の快走で3人抜き、意地の走りでした。
 鈴木優花選手は1年生の時から名城の和田選手や高松選手と切磋琢磨して来たところを見て来ました。 そんな3人が卒業してしまうとは寂しい限りです。
 鈴木選手には富士山女子駅伝でも良い走りを魅せて欲しいです。 最後の登りの鈴木選手は強いですしね!!


 3位は失礼ながら正直驚きの拓殖大学。
 なんといっても5区の不破聖依来選手の走りは圧巻なんて言葉で済ませられるような走りでは有りませんでした
 各校のエースが集う区間なのに、次々と前を行く選手を並ぶまもなく抜き去る走りで加世田梨花選手の持つ区間記録をなんと1分14秒も短縮して6人抜きで表彰台圏内へ牽引。 いや、本当に凄い。 正直、彼女は中学生だったか高校1年生だったかくらいの時に体育会TVに出たりしていましたし凄いのは知っていましたが、まさかこれほどとは・・・ いきなりのエース区間起用もどうかと思っていました。 最近はやたらスーパールーキーという言葉を使いますがあまり頻繁に使うと値打ち無いなあと思っていましたが、彼女はスーパールーキーどころか日本陸上界のスーパースターになる可能性も秘めていそうです。
 9.2kmの5区をゴールしてすぐに10000m換算タイムを計算して驚きました。 計算するとなんと30分26秒。 新谷選手の日本記録に迫る事わずか5秒 本当に驚きです。(この換算タイム試算は僕が日本一早いのでは? と思っていましたが、同時に他の方もやってたみたいです
 距離がどうかという僕の心配も、そもそも来年の世界陸上を10000mで狙っているそうですから問題無かったみたいですね
 作戦としては『3分10秒ペースで区間新』だったそうですが、あっさり3分3秒で押し切ってしまいました。
 拓殖大は4区の門脇選手が区間9位だった以外は他の4区間は区間二桁順位。 そんな中5区では2位に59秒差を付ける走りでしたから、ほぼ一人で表彰台を決定付けた感じでした。 でも来年は他の選手も刺激を受けて強くなるでしょうから、拓殖大の今後が楽しみです
 ところで不破選手は実に綺麗な上下動の少ないフォームなんですが、良く見るとヒールストライクっぽい走りなんですよね。 もしかしたらまだまだ強くなるのでしょうか? それともあの走りが彼女のベストなんですかね? いずれにしろ将来が楽しみな選手が登場しました。 華も有りますし
 不破選手のおかげで最高に面白い全日本大学駅伝になりましたし、感謝感謝です
 今日のMVPは間違い無く不破選手だったと思います


 第39回全日本大学女子駅伝対抗選手権リザルト
 
posted by ちゃんちゃん at 00:48| 大阪 ☀| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください