2012年08月30日

淡路島一泊旅行・夏 part4 : 最終回、淡路島脱出編・後日談

 さて、今回の旅行記はこれで最終回になります。

 休暇村南淡路を出てから帰宅までと、後日談です[E:happy01]

 10時に休暇村を出発し、前回も行った福良港に有る『足湯うずしお』に行きました。

 その時、福良港の海を見ると・・・

 なんとアジの数百匹以上の大群が水面に見えます[E:coldsweats02]

 これは釣らないと・・・ と思いましたが、サビキのエサが無い[E:weep]

 でも、エサなんか無くても釣れるんじゃ無いかということで、サビキの仕掛けを用意しました。 しかし・・・ 魚群が見えなくなっていて、釣れない・・・
 いったんあきらめかけましたが、うずしおクルーズの出る港の建物のインフォメーションで聞くと、近くの釣具店を教えて下さいました。
 息子と二人でその釣具店に行き、サビキ用のアミエビを購入。 再びチャレンジしますが、すぐには釣れない・・・
 息子が『アジは中層やから、ちょっと落としてみようか』と言い、仕掛けを少し落としこむと・・・

 バンバン連れ出しました[E:happy01]

 ここからは釣れたアジを外すのと、エサをカゴに入れるのが忙しいのなんの[E:happy02] 入れたらすぐかかります[E:happy02]

 最初は息子だけでしたが、お土産屋さんを見ていた娘と嫁さんも合流して交代で釣ります。
 何故か嫁さんは一度に4匹・5匹とかかります[E:coldsweats01]

 結局1時間半ほど、エサが尽きるまで釣りましたが・・・

8aji

 この通り[E:happy02]

 結局62匹釣りました。

 これで二日間、8種80匹釣ったことになります

 今回の旅行での釣りは大満足の結果となりました[E:happy02]


 この後、コンビニで昼食を買ってうずしおクルーズの出る建物の屋上の日陰で食べ、春にも行ったたこせんべいの里へ向かいました。 そこでお土産を買った後、高速に乗って淡路サービスエリアへ。
 ハイウェイオアシスでは試食したり、まったり過ごし、暗くなってからサービスエリアで思い思いのメニュー夕食をとりました。

Akasiohasiyuu

 夕方の明石海峡大橋。
 今回の旅行は最後まで天気に恵まれました[E:happy01]

Akasioohasiyoru1

 夜の明石海峡大橋です。


 19時半過ぎに淡路サービスエリアを出発すると、阪神高速の渋滞も消滅し、順調に帰れました。 京橋PAでトイレ休憩し、21時前には帰宅しました。

 で、翌日曜日、僕は仕事だったんですよね・・・[E:weep]
 6時前には起きて仕事に行きました。 でも運よく昼頃に帰宅でき、昼食は自宅で食べることができましたが、わが家では早速釣った魚が料理されてました[E:happy01]

Sakanaryouri1

 塩焼きと煮付け。

 魚が小さいので、塩焼きはイマイチでした。

 夜には・・・

Sakanaryouri2

 天ぷら[E:happy02]

 これはみな美味しかったです[E:happy01]

 特にキスが美味しかった[E:happy01]

 アジは沢山居たので、僕の実家と嫁さんの実家に15匹ずつ分けました。


 今回の旅行は、釣り三昧で体力的には実にハードでしたが、とても楽しかったです。

 来年もまた夏に行ってみたいです[E:happy01]

posted by ちゃんちゃん at 22:34
"淡路島一泊旅行・夏 part4 : 最終回、淡路島脱出編・後日談"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: