2013年08月03日

日本は程度の低い隣国に合わせてはいけない

 先日のサッカー東アジア杯、日韓戦での政治的横断幕のことが話題になっているが、僕が言いたいのは、『日本が程度の低い隣国に合わせてはいけない』ということだ。

 
 「日本が先に旭日旗を…」韓国釈明のウソ 試合開始前から掲示、過去に何度も登場(J-CASTニュース)

 日韓戦で旭日旗を振った男性 「試合に勝ったので後悔ない」
(NEWSポストセブン) 


 
どちらが先だったかなんてこの際どうでも良い。 韓国側サポーターは、あれだけ巨大な政治的主張の横断幕や、伊藤博文を暗殺した安思根の肖像画(?)を用意していたことは、隠しようも無い事実だ。 どうやってもあの程度の低い国民性が日本に近づくことは数十年は無いだろうと思える。

 しかし、日本側がわざわざその程度の低い国民性に合わせる必要は無い。
 旭日旗を掲げた人物は、『やられたらやりかえす
』というサッカーサポーターの理屈に従ったというが、それが事実なら実に哀しいことだが、韓国人と大差無いレベルだったとしか僕には思えない。

 旭日旗の是非については日本サイドにも言い分が有ると思うが、僕が思うのは日本には立派な日章旗という国旗が有るのだからそちらを使えば良い話だろうということ。 洗脳されているだけなのかもしれないが、僕にも旭日旗は戦争時の日本軍のイメージが強い。 しかし、僕のイメージが間違っていたとしても、他に使える国旗という立派なものが有るのだから、何もわざわざ旭日旗を使う必要などないと思うのだ。
 サッカーファンは世界中で揉め事を起こしているように、サッカーファン自体のモラルが問われるといっても過言では無いと思う。

 今まで同様、日本はただ我慢していろと言うのでは無い。 アピールすべきことは、するべき場所で、するべき時に正々堂々とすれば良いと言うだけだ。 じゃあどこでしろと言うのだと言われると正直なところ答えには困るというのが正直なところだが、少なくとも今回のようなやり方は日本人ファンも良く無いと思う。

 先日の鉄道での女性救出劇が世界中から絶賛されているように、日本人のモラルの高さや助け合う精神は、何もしなくても世界の方々は理解されていて、世界各国の人々は日本が好きだという人も非常に多い。 何も程度の低い人間に合わせて行動する必要など無いのだ。




 

posted by ちゃんちゃん at 19:29
"日本は程度の低い隣国に合わせてはいけない"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: