2014年02月26日

できることからやるしかない

 泉州国際市民マラソン(23.9kmにてDNF)が終わって10日が過ぎた。






 膝痛は日常生活をこなすには全く支障の無いレベルまで回復した。 駆け足くらいは全く問題が無い。

 しかし、左膝の違和感は消えない

 何をするにも、まずは病院に行きたくて色々調べてみたが、『ここ』という病院はなかなか少ない。

 以前、左膝の屈伸時の異音の話をした時に、友人S君から『異音は半月板損傷の可能性が有るとか聞いたこと有るから、一度病院で診て貰った方が良いかも』と言われていた。
 実は、僕はこの時、非常に無知だった。 恥ずかしながら、実は半月板とはお皿のことだと思っていたのだ[E:coldsweats01] 泉州の後、色々気になって調べてみたら、お皿は膝蓋骨と言い、半月板とは違うことが解った[E:coldsweats01] アホですな[E:gawk] いつも出る痛みはお皿の位置では無かった
ので、半月板は関係無いとか思ってしまった。 知ってから考えたら、半月板損傷では無いにしても、半月板にも何か原因が有る可能性も有るということは考えられた。
 先に知っていて、病院に行っていれば、また違った展開も有ったかもしれないのにね[E:gawk]

 で、このあたりを詳細に調べて貰うためにはやはりMRIが必要らしい。 そこで、MRIを使え、スポーツ整形に長けた病院を探したが少ない。 結構な費用もかかりそうなので、どうせ診てもらうなら、良い病院で診て貰いたいし。

 で、今日、1軒の病院に電話をかけてみたが、一般の診察は平日午前しかやっていないとのこと。 仕事サボってまで行けない・・・
 どうせなら、『ここ』と思えた病院に行きたいので、かなりショックだった・・・
 ゴールデンウィークは相当仕事になることが既に決まっているので、GW明けに代休とって行くか・・・ それまでは相当自粛しなければならない・・・ 一番走り込める季節だというのに・・・


 帰宅して、腸脛靭帯炎予防の為の筋トレをやろうとした。
 一番膝を痛めずに効果が出そうだと思えたランジをやってみた。

 ・・・いきなり左膝に鈍痛が。。。

 右膝は大丈夫らしい。
 左膝は、日常生活には全く支障は無いが、負荷をかけるのはダメらしい[E:weep]

 ちょっとショックだった
 秋の淀川でリベンジしたいが、どうせ夏場に走り込むことはキツイので、昨年以上の準備をすることは、このままでは難しい。 今から来年の秋を目指すのはモチベーションを保てるか自信が無い。

 数分、気分が落ち込んだ。

 でも、できることをやるしかない

 オリンピアンと一緒にしてはいけないが、真央ちゃんは、国際スケート連盟や日本スケート連盟、日本のマスゴミ達、フジTVをはじめとするTVメディアなどから集団リンチを受けても、一切の弱音を吐かず、また、自身の弱い部分との果てなき戦いも、最後は全てを乗り越え、世界中の人々を感動させたでは無いか。 その戦いに比べれば、僕の落ち込みなんてゴミみたいなもんだ。 当たり前だと言われればその通りだが、僕は僕なりに本気で悩んだりしていた。 フルマラソンを完走できないまま、ランを止めるなんて絶対に嫌だ。 目標のサブ4も、なんとしても達成したい。


 ということで、なんとか今できることを始めることにした。
 腸脛靭帯炎防止の為のふとももまわりの筋トレを中心に行いたい。

 以下が今日のメニュー
 (黒字は元々やっていたメニューで、赤太字は新たに導入したメニュー、緑太字は、今後入れたいメニュー)

 ・ V字腹筋 20秒☓10set
   (ふとももに2kgのボールを挟みながら)
 ・ 2kgのボールを持っての腕の曲げ伸ばし
   10回☓10set(左右共)
   (座った状態で、腕の逆のふとももを伸ばして上げながら)
 ・ 2kgのボールを持っての手首の曲げ伸ばし
    腕を伸ばして 10回☓10set(左右共)
   (座った状態で、腕の逆のふとももを伸ばして上げながら)
 ・ e3グリップを握り、腕振り 100回☓10set
   (座った状態で、ふとももを伸ばして上げながら)
 ・ 不安定カーフレイズ 10回☓3set (手を壁につかずに)
 ・ 腕立て伏せ 20回☓5set +α
 ・ 片側1kgのアンクルウェイトを付けての行動
   (仕事の内業時、現場で危険性の無い時、電車通勤時)
 ・ ランジ 10回☓2set(左右共) → 30回☓2set
 
・ ゴムバンド使用の開脚運動

 

 

 案外、ふとももに2kgのボールを挟みながらのV字腹筋はきつい
 壁に手をつかずに行う不安定カーフレイズも、バランスの悪い僕にはかなり難しい。 10回は続かない。 30回続けれるようになるまで続けたい。

 筋肉痛は出るかな? 少しの筋肉痛を伴う筋トレが望ましい。

 たまにランジに挑戦し、膝が大丈夫なら回数を増やす。
 30回のランジに耐えられるふとももができたら・・・

 いや、我慢できずにスロージョグはするかもしれないな・・・
 まだ少し先の話では有るが・・・


 少し走れるようになれば、ミズノのランニングフォーム診断シシテム『F.O.R.M』(プレミアムコース)を受診してみようと思う。 何かフォームの問題点とかが新たに解るかもしれない。
 必要なら、インソール工房で、新たにインソールを造って貰おうと思う。(アシックス ライトレーサーは正直、今の僕には早過ぎたため)


 走れない自分が悔しい

 走れなくなった愚かな自分が情けない

 まずは30kmを2時間46分台、ハーフを1時間45分で走れていた自分を取り戻したい






posted by ちゃんちゃん at 22:49
"できることからやるしかない"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: