2014年04月27日

目には目を

 埼玉の水族館の池で、塩素を入れて魚を死なせたクソ野郎が居るらしい[E:pout]


 水族館の池でコイ約300匹など死ぬ 何者かが塩素混入か 埼玉(フジテレビ系)

 埼玉・羽生市の水族館の池で、およそ300匹のコイなどが死んでいるのが見つかり、警察は、何者かが塩素を混入させたとみて調べている。
 27日午前7時半ごろ、県営さいたま水族館の池で、およそ300匹のコイなどが死んでいるのが見つかり、池の水からは、塩素が検出された。
 この池では、2014年2月にも500匹ほどの魚が死んでいて、その際も、塩素が検出されたという。
 水族館の職員は「命の軽視につながっていると思いますので、非常に憤りを感じております」と話した。
 警察は、何者かが塩素を池に混入させたとみて調べている。


 あくまで可能性の話だが、人間が塩素を投入した可能性が高いらしい。
 だとするなら、こういう、絶対に反撃できない相手に対する暴力は心底許せないし、腹が立つ

 イスラム教では無いが、こういうクズ野郎には、目には目を、で、300+500ということで、800回に分けて致死量の塩素を与え続けて死刑にして欲しい。 800匹の命の重みを感じながら、自分の犯した罪を実感しながらこの世から消えて欲しい。

 一人の人間の命と、その池に居た魚一匹の命が等しいなんて綺麗ごとは言わない。
 この犯人一人の命と、亡くなった魚一匹の命は、間違い無く魚の命の方が重い

 

posted by ちゃんちゃん at 20:58
"目には目を"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: