2015年01月16日

サザン桑田の謝罪と、本人よりもっと愚かなファン達

 サザンオールスターズの桑田佳祐が謝罪しましたね。

 それを受けたファンの反応から、ファンの中にはもっと愚かな人間が少なからず居ることが解りましたね[E:gawk]



 サザン桑田、ライブ演出で謝罪文発表「深く反省すると共に、謹んでお詫び申し上げます」(スポーツ報知)

昨年末に行われたサザンオールスターズの年越ライブでの一部演出が問題視されている件で、桑田佳祐は15日、謝罪文を発表した。全文は以下の通り。

サザンオールスターズ年越ライブ2014に関するお詫び

いつもサザンオールスターズを応援いただき、誠にありがとうございます。

この度、2014年12月に横浜アリーナにて行われた、サザンオールスターズ年越ライブ2014「ひつじだよ!全員集合!」の一部内容について、お詫びとご説明を申し上げます。

このライブに関しましては、メンバー、スタッフ一同一丸となって、お客様に満足していただける最高のエンタテインメントを作り上げるべく、全力を尽くしてまいりました。そして、その中に、世の中に起きている様々な問題を憂慮し、平和を願う純粋な気持ちを込めました。また昨年秋、桑田佳祐が、紫綬褒章を賜るという栄誉に浴することができましたことから、ファンの方々に多数お集まりいただけるライブの場をお借りして、紫綬褒章をお披露目させていただき、いつも応援して下さっている皆様への感謝の気持ちをお伝えする場面も作らせていただきました。その際、感謝の表現方法に充分な配慮が足りず、ジョークを織り込み、紫綬褒章の取り扱いにも不備があった為、不快な思いをされた方もいらっしゃいました。深く反省すると共に、ここに謹んでお詫び申し上げます。

また、紅白歌合戦に出演させて頂いた折のつけ髭は、お客様に楽しんで頂ければという意図であり、他意は全くございません。

また、一昨年のライブで演出の為に使用されたデモなどのニュース映像の内容は、緊張が高まる世界の現状を憂い、平和を希望する意図で使用したものです。

以上、ライブの内容に関しまして、特定の団体や思想等に賛同、反対、あるいは貶めるなどといった意図は全くございません。

毎回、最高のライブを作るよう全力を尽くしておりますが、時として内容や運営に不備もあるかと思います。すべてのお客様にご満足いただき、楽しんでいただけるエンタテインメントを目指して、今後もメンバー、スタッフ一同、たゆまぬ努力をして参る所存です。

今後ともサザンオールスターズを何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社アミューズ

桑田佳祐(サザンオールスターズ)
(以上、引用終わり)


 謝
るくらいなら最初からするなと言いたいところだが、まだ謝るだけマシだ。 本心から謝っているかどうかは疑問だが・・・

 この謝罪を受けたファンの反応がまた笑える。 いや、笑えない[E:gawk]


 サザン桑田の謝罪にファン「ガッカリした」 作家からも「この程度の批判精神」と散々けなされる(J-CASTニュース)

  年越しライブや紅白歌合戦での演出についてサザンオールスターズの桑田佳祐さんが謝罪コメントを発表したことに、ファンの間では「すごくがっかりした。なんで謝るんだよ」と失望が広がっている。

   作家の東浩紀さんからは「世間の顔色見すぎだよね」と批判され、フィフィさんからは「世間に言論の弾圧をされたというアピールにはなるよね」という皮肉な見方をされてしまった。

「謝らない桑田さん格好良かったのに」と失望  

   桑田さんと所属事務所アミューズは2015年1月15日、連名で謝罪文を発表。年越しライブで紫綬褒章をズボンのポケットから取り出し、オークションにかけるマネをしたとされるパフォーマンスについて、

「表現方法に充分な配慮が足りず、ジョークを織り込み、紫綬褒章の取り扱いにも不備があった為、不快な思いをされた方もいらっしゃいました。深く反省すると共に、ここに謹んでお詫び申し上げます」

と謝罪した。また、紅白に出演した際のチョビひげについては「お客様に楽しんで頂ければという意図であり、他意は全くございません」と釈明した。

   一連のパフォーマンスは、「紫綬褒章への敬意を欠く」「安倍晋三首相をやゆしたのでは」と批判を浴びていた。11日にはアミューズが入居するビルの前に日の丸を掲げた集団が押し寄せ、「国民に向かって謝罪しろ、出てきて釈明しろ」と抗議活動を行う騒ぎに発展した。

   今回の謝罪を受け、サザンファンからは、

「大人の事情なんだろうけど桑田佳祐さんガッカリだ」
ロッカーなんだから謝る必要全くなし。この謝罪文で桑田さんにちょっとガッカリした」
「謝らない桑田さん格好良かったのに」

という声がツイッターなどネット上に広がっている。

   謝罪へ追い込まれた形となったことに「カッコ悪すぎ」「とことん貫けばいいのに」という意見も目立つ。批判していた人たちからは「これで納得する愛国者は少ない」「自己保身だけを心配しただけで反省してない」とさらに追い打ちをかけられた。

「世間に言論の弾圧をされたというアピールにはなるよね」

   東さんは一連の騒動について「とにかく決着はついたね。批判だったとしてもこの程度の批判精神だったということだ」とツイッターで見立てを語る。「政権以前に世間の顔色見すぎだよね」と手厳しい。

   桑田さんのパフォーマンスに対し、一部の人たちが政権批判、表現の自由と弁護していた動きがあったことは「絶賛して擁護してた人たちが滑稽」とバッサリ切って捨てた。

   また、「価値を見出せないのであれば辞退するべきでしたね」と当初からパフォーマンスを批判していたタレントのフィフィさんは「例えばフランスの件があった、このタイミングで自分のパフォーマンスについて謝罪したとする、世間に言論の弾圧をされたというアピールにはなるよね」と皮肉っている。(引用終わり)


 本当のファンなら『ガッカリだ』とか言ってはいけないなあ。
 あ、そのファンも反日左翼なんだ。 なら解る[E:gawk]

 『ロッカーなんだから謝る必要全くなし』って何?

 へえ、そうなんだ。 ロッカーは何しても謝らなくて良いんだあ~[E:coldsweats02](真央ちゃん風に[E:catface])

 ロック? そういえばなんでもかんでも『ロック、ロック』ってうるさいロッカーも居るねえ[E:gawk]
 なんでもかんでも『ロック』で片付けんじゃねえぞ[E:impact][E:pout]

 世の中には『言論の自由』だ、『報道の自由』だ、『表現の自由』だと煩い輩が多いけど、 モノには限度というものが有る。
 『自由』も限度を超えれば大変なことになる。
 フランスのテロがそれを如実に物語っているのでは無いか?

posted by ちゃんちゃん at 22:30
"サザン桑田の謝罪と、本人よりもっと愚かなファン達"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: