2015年02月02日

フィギュアスケート 過去10シーズンの基礎点とGOEの変遷

 検証シリーズは一応今回で終了です[E:catface]

 後日、僕の考える『(仮称)素人感覚との乖離の少ない採点基準(案)』についての記事は書く予定ですが[E:happy01]



 早速、まずは過去10シーズンの基礎点とGOEの一覧表です。

Photo

 今回も、全ての画像がクリックにより大きくなります[E:catface]


 男子の基礎点の変遷。

10_2

 男子の各シーズン最高
基礎点の変遷。

Photo_2

 男子は4回転時代に突入し、じりじりと基礎点も伸びていますね。
 ただし、リスクも大きいからか、下限もあまり変わっていません

 羽生選手の基礎点の高さが目を引きます。
 4回転もそうでしょうが、後半に3Aを含むコンビネーションを二つ入れられる強みでしょうか


 次に女子の基礎点の変遷。

10_3

 女子の各シーズン最高基礎点の変遷。

Photo_3

 男子と違い、基礎点は伸びていません。 いや、むしろ下がっています[E:gawk]
 その中で、浅田真央選手の基礎点の高さが目を引いています[E:happy02]
 キム・ヨナの基礎点は実は結構低い。 いかにGOEで稼いでいるかですね[E:gawk]

 2011-12シーズンくらいから、女子の基礎点の下限が上がっているのは2010-11シーズンからジャンプの回転不足判定が緩和された(アンダーローテーション)からでしょうか。

 しかし、基礎点が上がっていない現状は、正しいスポーツのあるべき姿とは思えませんね[E:gawk]

 女子の場合、ベテラン選手の基礎点のベストが2006-07シーズンから2007-08シーズンに固まっていることが、次の各シーズン最高基礎点の一覧表で如実に解ります。

Photo_4

 女子で70点を超えたのは浅田真央選手のみです
 次に高い点は65点以下ですから、いかに浅田選手の基礎点が高いかですね[E:happy01]


 次に、男子のGOEの変遷。

Goe10

 男子各シーズン最高GOEの変遷。

Goe

 チャン選手と羽生選手の高さが目を引きます。
 今後は羽生選手の独壇場となるでしょうね。

 次に女子のGOEの変遷。

Goe10_2

 女子の各シーズン最高GOEの変遷。

Goe_2

 男子と違いGOEがかなり上昇しています

 基礎点が上がっていない分、各選手ができばえに注力し、GOEで勝負をするようになって来ているという部分が有るのかもしれませんが、僕にはむしろ、ジャッジがGOEで差をつけるのがエスカレートして来ているように見えます。
 そしてやはりキム・ヨナは別格らしいです[E:gawk] 確かにジャンプ自体のできばえは認めますが、羽生選手などのように、難しい入りをしたり、難しい出をしたりしているようには見えません。 なのに、2回もGOEで15点以上も稼いでいる。 男子でも15点以上のGOEを稼いだのは、チャン選手・羽生選手・小塚選手のみです。 かなり疑惑の有るジャッジだったと言えると思います[E:gawk]

 最後に、各シーズン最高GOEの一覧表を付けておきます。

Goe_3

 冒頭にも書いたように、検証シリーズはこれで終了です。

 大した成果は得られませんでしたが、やって良かったと思っています。
 改めて疑惑を感じる内容も有りましたし、恣意的な採点を減らすには、素人感覚との乖離を減じるにはどうすれば良いか? 少しでも選手の感覚との得点・順位の乖離を減らすにはどうすれば良いのか? それを考える材料にはなりました。

 また少し熟考して、僕の考える『(仮称)素人感覚との乖離の少ない採点基準(案)』をまとめて記事にしたいと思います。
 まあ、昔書いたもののマイナーチェンジになるとは思いますけど[E:coldsweats01]

posted by ちゃんちゃん at 23:06
"フィギュアスケート 過去10シーズンの基礎点とGOEの変遷"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: