2015年06月27日

報道の自由? 言論の自由? 表現の自由?

 マスコミ・メディアのやっていることこそが、報道の自由や言論の自由を笠に着た『言論弾圧』・『言論統制』に他ならないだろうが[E:impact][E:punch][E:pout]



 <自民勉強会>谷垣幹事長「報道の自由軽視 看過できない」(毎日新聞)

 ◇木原青年局長更迭し1年間の役職停止処分 3人厳重注意

 自民党の若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」で報道機関への圧力を求める発言があった問題で、谷垣禎一幹事長は27日に記者会見し、代表の木原稔青年局長(衆院熊本1区、当選3回)を更迭し、1年間の役職停止処分にすると発表した。また、問題の発言を行った衆院議員3人を厳重注意とした。政府・自民党は火消しを急いでいるが、「言論の自由」を軽視する発言に世論も反発しており、安全保障関連法案の審議に影響するのは必至だ。

 発言者は大西英男(東京16区)、井上貴博(福岡1区)、長尾敬(比例近畿ブロック)の各衆院議員(いずれも当選2回)。大西氏は懇話会で「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番だ」と述べ、井上氏が同調。長尾氏は沖縄の2大紙を「左翼勢力に乗っ取られている」などと批判した

 谷垣氏は党本部での記者会見で、「報道や言論の自由を軽視し、沖縄県民の思いを受け止めるわが党の努力を無にする発言だ。国民の信頼を損なうもので、看過できない」と述べた。木原氏はこれに先立ち、熊本市内で記者団に党の処分に従う考えを示した。

 問題を受け佐藤勉国対委員長は26日、木原氏を国会内の自室に呼び、自ら辞任するよう暗に促した。しかし木原氏は対応せず、27日午前に谷垣、佐藤両氏らが電話で対応を協議。「安倍晋三首相の応援団なのに、問題を起こした。潔さを示すために切らないといけない」(党幹部)と厳しい処分に踏み切った。

 関係者の一斉の処分は、週明けの関連法案の審議への影響を避けるためだ。だが、谷垣氏周辺は「法案は沖縄に関連があるのに、『自民党は沖縄を理解していない』と誤解を与えてしまった」と問題の深刻さに危機感を強めている。

 一方、民主党の岡田克也代表は名古屋市で記者団に「(勉強会に)官房副長官も総裁特別補佐も出席しており、青年局長をクビにすればすむ話ではない。安倍首相はまるで人ごとだ」と述べ、首相の責任を追及する考えを示した。【影山哲也、駒木智一】(引用終わり)

 前段として、今回のこの勉強会のやり方や発言はまずかったとは思う。
 百田氏も含め、もっと言葉は選ぶべきだったし、過激な言葉を乱舞させるのであれば、もっと小さな所帯で、会話や情報が漏れない状態で行うべきだったとは思う。
 内容が漏れた時のマスゴミや野党の反応は簡単に想像がつくのだから、慎重さが足りなかったか、想像力が足りなかったかと言わざるを得ないと思う。

 とはいえ、間違ったことは言っていないだろうとも思う。
 沖縄2紙が左翼(寄り)だというのはちょっと調べれば誰でも解る話だし、日本の大手新聞社も朝日や毎日は言うまでも無いだろう。 もちろん関連TV局もだ。

 それと、今回この件を記事にしたのは以下のことが言いたかったからだ。
 上記記事中に、『言論の自由を軽視する発言』と有るが、今回の自民勉強会に参加した政治家達の『言論の自由』を奪おうとしているのはマスコミやメディアでは無いのか?
 マスコミやメディアは、ちょっと政治家や有名人が失言すると、『報道の自由』や『言論の自由』を笠に着て、こぞって悪意有る編集をして、世間に垂れ流す。 それは『本当に報道の自由』なのか? 『報道の自由』とはあくまで事実を余計な脚色や編集をせずに、ただ事実のみを報道する自由では無いのか? マスコミやメディアは、自社の思想や立ち位置から見た『都合の良い事実』にさらに脚色・編集をして垂れ流しているだろうが? 少なくとも沖縄2紙や朝日・毎日はそうだろう? お前らは、ただ事実をお前らの思想や立ち位置による余計な脚色や編集を無しに、完全フラットに流せば良いんだよ。 それがマスコミやメディアの本来有るべき姿では無いのか? 『我々が世間を動かしているんだよ』なんて思っているだろう? とんだ思い上がりだ。 いつまでも国民は騙され続けはしない[E:pout]

 沖縄2紙は潰すべきというのはまったくもって当たり前の話だし、ついでに朝日も潰しちまえば良いんだよ[E:gawk]

 

 

posted by ちゃんちゃん at 22:11
"報道の自由? 言論の自由? 表現の自由?"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: