2015年07月23日

真央ちゃんのショー復帰と、小塚君の婚約♪

 ついに真央ちゃんがショーに復帰しました。

 調整状況もまずまずに見えます[E:happy01]



 【フィギュア】真央「力戻ってきた」現役復帰後初演技(スポーツ報知)

 フィギュアスケートの元世界女王・浅田真央(24)=中京大=が22日、北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われたアイスショー「THE ICE」の開幕公演に出演。5月に現役続行を宣言後、初めて公の場で演技を披露した。復帰初戦のジャパン・オープン(10月3日、さいたまスーパーアリーナ)から本格的に始まるシーズンへ向け「力が戻ってきている実感がある」と自信を見せた。

 華麗な滑りで5522人の観客を魅了した。自らが座長を務める公演。真央は黒いシルクハットとタキシードをまとい、15―16年シーズンのエキシビション「踊るリッツの夜」を初めて披露した。ダブルアクセル、3回転トウループ、3回転ループを着氷。ステッキを手に音楽に合わせてコミカルに舞った。

 10月の初戦まで約2か月。演技後、気になる現状について「練習を始めた頃よりも感覚や自分の力が戻ってきている実感がある。レベル的にはジャンプはいつものこの時期としてはいい方」と手応えを口にした

 5月に入って、休養前まで師事した佐藤信夫コーチに再び指導を依頼して練習を重ねてきた。「始めた頃は焦りもあった。すぐに去年のレベルのものをやろうとしてできなくて、これが現実なんだなって。でも日々できてきている。少しずつ焦らずやっていけば、初戦に間に合う」

 6月はカナダで新シーズンのプログラム作りに時間を費やした。ショートプログラム(SP)はジャズの「素敵なあなた」、フリーはオペラ「蝶々夫人」に決定。「演じてみたかった」という「蝶々夫人」は「自分の意志を持った希望に満ちた強い女性を演じ切りたい」と強い思い入れを明かした。

 復帰初戦はフリーのみで競われるジャパン・オープン。そこで新プログラムを披露する。その後はグランプリシリーズ第3戦中国杯(11月6~8日・北京)と第6戦NHK杯(同27~29日・長野市ビッグハット)に参戦する。「『THE ICE』が終わったら、試合に向かって一直線な気持ちになると思う」。復帰ロードを着実に歩んでいる。(高木 恵)

 ◆真央の去就に関する経過
 ▽13年4月14日(世界国別対抗戦の女子5位から一夜明け会見)「ソチで最終にしようかなと考えています」
 ▽14年2月25日(6位に終わったソチ五輪から帰国後、日本外国人特派員協会の会見で進退を問われ)「今のところはハーフハーフ(半々)」
 ▽3月29日(世界選手権で優勝)「体はまだいけるけど、あとは自分の気持ち」
 ▽5月19日(アイスショーの会見で1年休養を宣言)「ソチまで頑張るという気持ちでやってきて、やり切った気持ち。1年間じっくり考えたい」
 ▽12月18日(イベントでショーに向け練習していることを明かし)「ジャンプの調子が上がり、より『ハーフ、ハーフ』の思いが強くなりました」
 ▽15年3月19日(中京大卒業式で)「今後どうなっていくかわからない。これからも中京大のアイスリンクを拠点にやっていこうと思う」
 ▽5月18日(都内で現役続行会見)「1年間、休養してきましたが自然と試合が恋しくなり、試合で良い演技ができたときの達成感をまた感じたいなと思い始めました」
 ▽6月29日(ラジオで新シーズンのSPは「素敵なあなた」、フリーはオペラ「蝶々夫人」で滑ると発表)「蝶々夫人は一度滑ってみたいと思っていた曲で大好きなプログラム」(引用終わり)

 昨夜は疲れも有り、早く寝たので、昨夜と今朝のスポーツニュースを録画し、先ほど確認した。 あまりしっかりと演技を放送している番組は少なかったが、一応EXの三つのジャンプは確認できた。
 その三つのジャンプは、特別良い出来栄えのものでも無かったが、悪くも無かった。 というか、この時期なら本人が言うように例年より早い仕上がりでは無いかと思う。
 疑問なのは、なぜあまり得意では無いトゥループを入れて来たのか? 得意のフリップを入れて来なかったのには少し疑問を感じた。 コストナー、ロシェットとの共演ではトゥループはスッポ抜けていたが、EXではしっかりと決めていたのでまあ問題は無いように思う。

 さあ、ショーではあるが、いよいよ真央ちゃんが本格的にリンクに帰って来た。
 あと2か月余りで、いよいよ新シーズンの競技が始まる。

 真央ちゃん競技復帰まで、あと72日


 真央ちゃんの競技復帰に一日遅れで、小塚選手におめでたいニュースが入って来た。

 大島アナ&小塚婚約【コメント全文】 「まっすぐで純粋」 「スランプ支えてもらった」(デイリースポーツ)

 フィギュアスケートの小塚崇彦(26)とフジテレビ・大島由香里アナウンサー(31)が婚約したことを23日、所属のトヨタ自動車とフジテレビを通じてファクスでマスコミ各社に発表した。来年入籍予定。挙式・披露宴は未定。大島アナは結婚後も仕事を続ける。

 【以下、2人のコメント全文】

 小塚崇彦「2010年のバンクーバー五輪帰国後の先輩たちとの食事会で知り合いました。それから3年後、股関節の怪我によるスランプで辛かった時期を支えてもらい、また、話をしているだけで焦る気持ちも消え『スケートに戻ろう』と思わせてくれる存在になっていきました。その後もそれぞれの立場で切磋琢磨しあい、私にとって忘れることのできない全日本選手権を共に2度経験してくれたことが、今回の婚約を決断する大きなキッカケとなりました。

 現役スケーターということで、彼女に不安を与えたり心配な気持ちにさせたりすることもあるとは思いますが、より一層責任感を持ち、仕事に取り組んでいきたいと思います」

 大島由香里アナ「氷上で魅せる通りのまっすぐで純粋なところ、日本を背負って戦う姿を尊敬しています。どんな経験を通しても喜怒哀楽を心から共有でき、私の知らない世界を次々と見せてくれる人です。

 これからも仕事に邁進し、支えて下さった多くの方々に少しでも恩返しができるよう、互いに成長してまいりたいと思っています。今後とも、温かく見守りご指導いただければ幸いです」(引用終わり)

 相手がフジのアナウンサーというのは微妙な気持ちにもなりそうなところだが、小塚選手が選んだのだから、余計な心配も必要無いだろうか。
 その相手である大島アナも、小塚選手の『まっすぐで純粋なところ』を尊敬していると言ってくれている。 その『まっすぐで純粋なところ』が時に審判批判っぽい部分に出てしまうという傍から見れば危うい部分も有るが、そういった正義感がストレートに出てしまう人間性に、僕はむしろ強い魅力を感じている。 申し訳ないが、正直、演技以上に。

 この婚約が、小塚選手の精神的支えに出てくれればと思う。
 来年は世界選手権の出場枠が二枠だけに、厳しい戦いになるだろうことは容易に想像がつくだけに・・・

 小塚選手、大島アナ、おめでとうございます
 大丈夫だとは思いますが、離婚とかせず、末永く仲良く過ごして欲しいなと思います[E:catface]

 

posted by ちゃんちゃん at 23:07
"真央ちゃんのショー復帰と、小塚君の婚約♪"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: