2015年11月03日

全日本大学駅伝は東洋大が青山学院を抑えて初優勝

 僕が三度目のフルマラソンに挑んでいる時、伊勢路では大学生達の熱い戦いが繰り広げられてました。

 結果は、優勝候補筆頭と予想されていた青山学院大学を東洋大学が倒し、全日本大学駅伝初制覇と成し遂げました[E:happy01]



 生中継は当然観れないので、録画して、結果を知らずに日曜日から今朝にかけて観ました。
 東洋大学の合言葉、『その1秒を削り出せ』が存分に生きた大会でしたね[E:happy01]

 まず、1区のキャプテン服部勇馬選手が、激闘を僅かに制し、区間賞を獲ってトップスタート。
 タスキを受けた2区の弟、服部弾馬選手も素晴らしい走りをしました。
 後半、素晴らしいスパートを見せ、差を付けて3区へ。

 3区~5区も素晴らしかったのですが、圧巻だったのは6区のラストスパート。
 先に抜け出した青山学院を後ろから一気に交わして抜け出しました。 あのスパートには青学の選手も絶望感すら感じたはずです。

 最終8区は青学の期待を一身に背負った『新・山の神』神野選手に対してさらに差を拡げ、東洋大学は全日本大学駅伝初制覇を成し遂げました。

 一時は『山の神』柏原竜二選手を擁し、箱根で無敵を誇りながら、最近はなかなか勝てなかったからでしょうか、酒井監督も泣いていました。 『その1秒を削り出せ』の酒井イズムが今回は生きたと思います。 良かったですね[E:happy01]

 東洋大学の皆さん、おめでとうございます!!
 お正月の箱根駅伝も、期待して観たいと思います[E:happy01]

 箱根と言えば、今年の箱根の5区で低体温症を発症して大失速した駒澤大学の馬場選手、陸上を辞めようかと随分悩んだようですが、今大会では見事に6区で区間賞を獲りました。 本当に良かったですね[E:happy01]

 駅伝って、本当に素晴らしいと思いますが、限界まで攻めるので身体には悪そうですよね[E:catface]

posted by ちゃんちゃん at 23:51
"全日本大学駅伝は東洋大が青山学院を抑えて初優勝"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: