2015年11月27日

羽生が4回転を2発決め、世界歴代最高得点を更新して首位発進!! : フィギュアスケート グランプリシリーズ第6戦NHK杯 男女SP

 羽生結弦がボーヤンとの高難度対決を制して堂々の世界歴代最高得点更新のオマケを付けての首位発進となりました[E:sign03][E:happy02]



 羽生106.33点「驚きはなかった」(デイリースポーツ)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、3位以内で12月GPファイナル(バルセロナ)進出が決まるソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=が、自身のSP世界最高記録を更新する106・33点をマークし、断トツの首位発進を決めた。

 羽生は今大会から挑戦した2本の4回転ジャンプを入れた構成を完遂。自身2度目の100点超えで、14年ソチ五輪で記録した101・45点を上回った。10・69点差の2位には金博洋(18)=中国=がつけた。

 演技後のテレビインタビュー一問一答は次の通り。

 -ものすごい得点が出た。

 「そうですね。でも一所懸命やったんで、点数よりもまずこの曲のジンクスというか、このショートプログラムでなかなかノーミスできなかったっていうのが、まずは晴らせてよかったなというふうに思います」

 -挑戦と位置付けている今年のNHK杯。いい調整はできている?

 「挑戦したかったとか、そういうのは抜きにして、とりあえず一所懸命練習してきたことが間違っていなかったんだなというのがあったんで、驚きとかうれしさというよりも、まずはホッとしたなという感じです」

 -中国の金博洋選手が高得点を出したが、そのあたりの意識は?

 「普通は意識するなと言われるところだと思うんですけど、まあ最終滑走だったんで必然的に(得点が)見えましたし“絶対に抜かしてやるぞ、見てろよ”と思いながらやってました

 -それを力に変えた。

 「それが良かったのか何なのかは分かりませんけども、言えることとしたら、まずここまで練習を支えてくださった多くの方々に感謝したいなと思います」

 -明日のフリーに向けて。

 「終わったばっかりですけども、しっかり気持ちを切り替えて、明日に向けて、明日こそ大切なフリーなので頑張りたいなと思います」

 (テレビ会見終了後、取材に応じ)

 -演技を終えて。

 「一言でいうとまだ明日があるなというのが率直な心境です。なんかみなさん心配されていたと思う。このプログラムで1回もノーミスでできていなかったので。力の入った応援を感じました(笑)。正直、楽しかったです。1組目で金博洋選手が95点を出していたけど、自分には関係ないと思っていた。自分自身がこのプログラムを、久々にワクワクしながらできた。失敗を恐れずに滑ることができた。完璧まではいかないけど、すべてのジャンプに立てたので、嬉しい」

 -106・33点という得点を見たときは?

 「あんまり驚きはなかった。それよりもやっとノーミスでできたというホッとした気持ちが大きかったですね。“羽生復活”とスコア的に思われるかもしれないけど、今の自分ができる最高難度の演技ができたというだけ。これからもさらに難しいジャンプの入り方とか、後半に4回転を入れるとか、すべて成長していきたい」

 -4回転ルッツを跳ぶ金博洋選手ら若い選手が成長してきているが、意識はする?

 「日本では宇野昌磨選手をはじめ、たくさんの素晴らしい選手が上がってきている。でも、僕、年寄り扱いされてるけど、まだ20歳なんですよね。おそらく僕が無良選手と戦っているのと、あまり変わらないと思う。先輩だからとか思っていないし、絶対勝ってやろうと思っている。彼らもそうだと思う。僕自身、素晴らしい選手がシニアに上がってきてくれて嬉しい。僕はまだルッツやループを演技に組み込めるほどできていないので、彼の素晴らしいジャンプを研究させてもらってます、と伝えたい」(引用終わり)

 冒頭の4Sこそ堪えた形になったものの、残りの演技はジャンプ含めて物凄い演技でした[E:coldsweats02]

 4T+3Tは初の実戦投入にも関わらず完璧なジャンプ[E:coldsweats02]
 3Aもいつも通りの高さ・巾・流れ。
 さらに今日はそれ以外も完璧でした[E:coldsweats02]
 スピン、ステップとも、キレッキレで、ステップの始まりでは羽生選手のプログラムへの入り込みの深さが伝わって来て、逆に『転倒するのでは?』と心配したほど[E:catface] プログラムに入り込んでノリノリになると、どうしてもエッジが深くなって行きますし、危なっかしくすら感じました[E:coldsweats01]
 スピンはどれも回転が速く、バリエーション豊富に美しく変化するポジションも観ていてうっとりするほど 足替えシットスピンの出口で音楽に合わせて両腕をビシっと拡げるところが個人的にはツボでした[E:lovely]

 いや、誰も文句言えない世界歴代最高得点でしたね[E:happy02]

 ボーヤン選手の得点を知りながら、『絶対に抜かしてやるぞ!とはなんと前向きなのかと思いましたよ。 感心を通り越して呆れてしまいそうです[E:coldsweats01]

 無良選手も素晴らしい演技でPB更新でしたね。 でもあと少し点出してあげて欲しかったです[E:gawk]

 ボーヤン選手・・・ あの4Lzの高さにはもう驚くばかり[E:coldsweats02]
 ただ、確かに4Lz+3Tは凄いですが、それでも羽生選手とは他の要素だけでは無く、ジャンプの前後の工夫とかを含めたらやはり次元が違うと思ってしまった今日の男子SPでした[E:catface] いつもは大きな点差に文句ばかり言っている僕ですが、今日の羽生選手とボーヤン選手の10点差には納得です[E:catface]

 女子の方は宮原選手がPB更新して首位発進。
 安定性を考えたら、浅田選手を抑えて優勝する可能性がかなり高いかもしれませんね。

 浅田選手は冒頭の3Aは少し大事に行き過ぎた感じに見えました。
 でも、3F+3Loはしっかり認定されて加点も受けましたよ[E:sign03][E:happy02][E:good]
 しかし、ルッツが1回転になったのは痛かったなあ・・・
 真央ちゃんに羽生君ばりのポジティヴシンキングとナルシスト性が有ればなあ[E:coldsweats01]
 まあ、ナルシストな真央ちゃんって、真央ちゃんでは無いか[E:coldsweats01]
 ひとつ課題をクリアできたのですから、そこを評価して前向きに明日の演技に向かって欲しいですね 
明日は笑顔で演技を終わって欲しいです[E:catface]

 今日の女子で一番僕が良かったと思ったのは長洲選手
 久し振りに良い演技を魅せていただきました[E:happy01]
 ただ、冒頭の3T+3TのセカンドがURに・・・[E:gawk] 厳し過ぎるわ[E:sign03][E:pout]
 僕の中では長洲選手は真央ちゃんの上に行くべきだったと思っています[E:catface]

 他の選手ではレオノワ選手が途中まで凄く良かったのに、3Fの転倒が勿体無かったなあ・・・[E:think]
 ポゴリラヤ選手は・・・ 大丈夫でしょうか? 明日、演技できるかなあ・・・[E:despair]

posted by ちゃんちゃん at 21:46
"羽生が4回転を2発決め、世界歴代最高得点を更新して首位発進!! : フィギュアスケート グランプリシリーズ第6戦NHK杯 男女SP"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: