2016年01月09日

真央ちゃん本人プロデュースの『オリジナル・ジュピター』とトリプルアクセル : NHK杯フィギュア・スペシャルエキシビション

 真央ちゃんの気持ち、少し吹っ切れたのかも?[E:catface]



 羽生・浅田ら華麗な舞 異例トリプルアクセルに歓声(日刊スポーツ)

 フィギュアスケートの復興支援アイスショー「NHK杯スペシャルエキシビション」が9日、盛岡市アイスアリーナで行われ、浅田真央(25=中京大)、羽生結弦(21=ANA)らトップスケーターが競演した。

 浅田は、タキシード姿でジャズの軽快なリズムに合わせて舞う「踊るリッツの夜」と、新プログラムの「ジュピター」を披露。復興への思いが込められた「ジュピター」では、演技終盤にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑戦。エキシビションでは異例と言える大技に、詰めかけた客席から大きな拍手を送られた。

 仙台出身で自身も被災した羽生は、仙台にゆかりのある荒川静香、鈴木明子、本田武史の3氏とともに特別企画「花は咲く」で息の合った演技を披露。また「天と地のレクイエム」では、鎮魂の祈りを込めた舞いで、会場を魅了した。羽生は「何か感じることがあれば、大切に持って帰っていただければ」と客席に呼びかけた。(引用終わり)

 真央ちゃん、なんとなく違和感を感じるアクセルの軌道だったのですが、『あっ』と思ったら3Aに挑戦していました[E:coldsweats02] 残念ながら、DG気味で着氷は乱れましたが、転倒はせず[E:happy01]
 2A・3Loを跳んだ後の演技終盤の挑戦でしたから、競技の冒頭に跳ぶよりは難しいはず。 昔はEXで3A跳ぶことも稀ながら有りましたが最近では異例でしょう。 全日本を終えてのTV番組で自身の想いを口にしたことも有り、少し吹っ切れたのでしょうか? 僕には悪い気のしない、前向きな3A挑戦だったように思えました[E:happy01]

 真央ちゃんの演じた『ジュピター』は今回、真央ちゃん自身が演出したそうで、途中の歌詞も真央ちゃん作詞だったとか。
 歌詞の始め、『命の限り 希望 胸に』というところから真央ちゃんがグッと入り込んでいったように感じ、すこしグッと来るものが有りました。 良いプログラムでしたね。[E:confident]

 地上波の放送はライヴは嬉しかったのですが、残念ながら第二部のみ。 しかもエンディングは『ブチっ』感じなのが残念でした。 きっとあの後、羽生君の4回転とかキャンデロロ氏のバックフリップとか有ったのでは無いか?と思えるので[E:catface]
 それにしてもキャンデロロ氏、まだバックフリップとかやるんですね[E:coldsweats02] ジャンプは2回転、2Aがやっとという感じでしたけど[E:coldsweats01]

 第一部も永井優香選手とか、白岩優奈選手とか、太田由希奈さんとかが出ていたみたいですし、そちらも観たかったなあ・・・[E:catface]
 今夜はNHKの電波もギリギリ大丈夫で、きちんと観れました。 録画は少し乱れていましたけど、まあギリギリ許容範囲[E:catface]

posted by ちゃんちゃん at 22:16
"真央ちゃん本人プロデュースの『オリジナル・ジュピター』とトリプルアクセル : NHK杯フィギュア・スペシャルエキシビション"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: