2016年04月12日

インフルエンザ

 インフルエンザB型と格闘していました[E:crying]


 いや~、しんどかったです[E:weep]
 
インフルエンザってこんなにしんどかったっけ? というくらい辛かったです[E:crying]

 そもそも内科医院にかかったこと自体が3年振り。 その時はどうやら下痢でかかった模様。 風邪系で行ったとなると、平成23年6月以来のようで、実に4年10ヶ月ぶりのことでした。

 基本的には熱っぽかろうが、熱を測ったら負けだと思ってるので僕は基本は熱を測りません、常に熱は無いものと思い込むことで熱の上昇を根性で抑え込んで来ました。 どうせほとんどの場合、休みたくても休めないですからね[E:gawk] 自分に熱が有ることを確認した段階で自分の負けです[E:gawk]

 でも、5年近くも病院にかからずに済んでいるのはマラソンを始め、体力がついて来ていたのもひとつ良い要因なのだと思います。 その辺りは我がマラソンの師匠、友人S君と友人K君には心から感謝です[E:happy01]

 さて、そんな僕のインフルエンザとの格闘状況は以下のような感じでした。

 4月 6日(水)
     朝起きた段階で少し喉が痛い。
     夕方くらいから明らかに悪化していたため、念の為、お風呂
     に入るのを避ける。

 4月 7日(木)
     朝からさらに調子が悪い。
     腰周り等、衣服が擦れるとピリピリと痛い。 これは熱の有
     る時の現象だ[E:gawk]
     土日が仕事の予定で有った為、大事をとって昼から帰宅し
     て病院へ。 まさかのインフルエンザB型判定[E:bearing]
     点滴を受け、帰宅する最中くらいからどんどんしんどくなっ
     て来る。 もう味覚も無茶苦茶で、何を食べても美味しく無
     い。 しかしこれからの数日間、どんなにしんどくても食事
     だけは無理して食べた。
     この夜は結局ほとんど寝た記憶が無い[E:crying]

 4月 8日(金)
     現調が1本予定されていたが協力会社に任せて休む。
     前日帰宅後に引き続き、携帯電話は容赦無く鳴る[E:crying]
     夕方16:30頃から3時間ほど眠れたが、それ以外はほぼ
     眠れず。

 4月 9日(土)
     明け方1時間ほど眠れた。
     熱は下がっていたが、あまりにしんどいので現場を協力会
     社に任せて休むことに。
     午後に入ってさらにしんどくなって来たと思ったら体温上昇、
     38度台後半へ。
     この頃が一番きつかった[E:crying]
     しんどい、頭痛い、腰が痛い、胃まで痛い(先日インフルエ
     ンザからの胃がん発覚という親父のコンボが頭をよぎる[E:gawk])
     何よりも一番辛かったのはほとんど眠れないので1日が異
     常に長い。
     家族にもうつせないから一人部屋にこもって寝ているしか
     無いのに、もう腰が痛くて痛くて・・・[E:crying]
     この頃はもう、『しんどい』、『眠りたい』を念仏のように繰り
     返し口にしていないと頭がおかしくなってしまいそうな精神
     状態に[E:gawk]
     病院の営業中にもう一度病院に行って睡眠薬を貰ってお
     かなかったことを悔やむ。
     あまりに辛く、翌日の桜花賞の予想もする気にならない。
     深夜、あまりのしんどさに自ら救急車を呼びたくなる衝動
     を抑え、なんとか我慢。 1時間ずつ×3回くらいは寝ただ
     ろうか?

 4月10日(日)
     熱が下がらず全く改善の気配が無いので今日も現場は協
     力会社に任せて休む。
     10時に休日診療所が開く為、フラフラしつつ自転車で行く。
     睡眠薬を処方して貰う。
     昼食後、睡眠薬を飲んで寝ようとするが細切れに少し眠っ
     たかどうか。
     夕食時に競馬中継の録画を観るが、早送りの為、藤田菜
     七子騎手の中央初勝利にも気付かず[E:gawk]
     月曜日になってから回線問屋さんのブログで知る[E:coldsweats01]
     翌月曜日は這ってでも仕事に行かないといけなかった為、
     熱は有ったものの、さすがに5日振りでお風呂に入った。
     4日間もお風呂に入らなかったなんていつ以来だろうか[E:coldsweats02]
     夜、2時間単位くらいで眠れる。 激しい発汗。 下着まで
     着替えること2回。 パジャマまでびちゃびちゃだったので、
     総着替え[E:gawk]

 4月11日(月)
     朝、熱は平熱まで下がる。
     医者からはこの日までは休むように言われていたがそうも
     行かないので出社、ただし自らを社内でも極端な過疎地へ
     隔離して仕事。 出社後、吐き気が酷い。
     総務部長に出勤して来たことを叱責されるも粘って仕事を
     する。
     僕の出社と入れ替わるように先輩社員が同じインフルエン
     ザB型発症で退社、あっさり今週一杯の休みが決まる[E:gawk]
     僕自身はあまりに周りの目(一部)が怖いので、どうしても
     やらなければならないことを片付け、15時30分頃に退社。
     病院に寄って点滴を受け、あと日曜日に貰ったものより強
     めの睡眠薬を処方して貰う。
     ついでに今後の胃透視検査等について相談する。
     夜、それなりに眠れた。 睡眠薬の効果のほどは不明。

 4月12日(火)
     徐々に善くなっているように思う。
     当然出社するも、またしても総務部長より叱責される。
     『医者に休むように言われたのは昨日までです』と反論。
     他の部長クラスにも注意されるが淡々と仕事をする。
     それぞれの立場で言わないといけないこと、守らなければ
     ならないコプライアンスが有ることは解っている。 だが俺
     だって別に仕事やりたくて会社に来てるんじゃない。 やら
     ないと仕方無いから来ているだけだ。 今すぐする必要が
     無かったり、誰かが代わってくれるというのならいつだって
     休んでやるわ[E:angry] 年間200件以上もののクレームや雑・小
     口工事を一人で担当している俺の身にもなって考えてモノ
     言ってくれ[E:gawk]
     結局、定時過ぎまで仕事してやった。
     明日からは堂々と自分の席で仕事してやる

 という感じの6日間でした[E:gawk]

 かな~り大げさに感じると思いますが、本当にこんな感じでした[E:gawk]

 この間、バドミントンの代表選手のギャンブル事件等(かわいそうに・・・)、記事にしたいことも有ったのにとてもじゃないが書けず。
 大阪マラソンのエントリーもまだな状況[E:gawk](eoの第一回先行応募はすでに落選済み)

 僕がインフルエンザにかかったことで、万一家族が保菌状態で親父の見舞いに行って感染させたら、抗癌剤で抵抗力の落ちている親父は命さえ危ない。 よってカワイイ孫がお見舞いに行けないという、親父にも非常に気の毒なことになってしまったのがまた本当に申しわけ無かった[E:weep]

 眠れなかったことも有り、本当に長い6日間でした。 本当に辛かった[E:bearing]
 インフルエンザって、こんなに辛かったっけ??[E:coldsweats02]

 ランの方も、また先週火曜日からずっとオフ。
 今月はなんとまだ走行距離が10km余り[E:crying]
 このままじゃ今月、100kmすらヤバイ[E:crying]
 ラン再開は、早くても明後日からかな・・・[E:gawk]

posted by ちゃんちゃん at 20:32
"インフルエンザ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: