2016年07月03日

1500m走と、30年前の自分に並んだ現在の自分

 まだ30年前の自分を超えたとは言わない。




 昨日も今日も終日紀の川で仕事の予定だったのでランオフの予定でした。 車の運転だけでも往復160kmはしんどいですし[E:think]
 でも、今日は15時過ぎに終わることができ、17時前に帰宅できたので、ただまったりするのも勿体ない、でも疲れているのに暑い中10km走るものしんどいということで、スピード練習をしてみることにしました。 膝の調子も良くなって来たことですし[E:happy01]

 ということで、1500m走をしてみることに[E:happy01]
 コースは、淀川市民マラソンのハーフ9km標識の在った地点から折り返し地点がだいたい1.5kmだろうということでスタートしましたが、GPSでは1.47kmでした。 復路は500mにセットしたオートラップの3回目をゴールとしてスタートしましたが、3回目の音に気付けず計時ストップした時にはもう1.63kmでした[E:coldsweats01]

 今日の走行距離 :  3.1km
                 12分41秒
                  4分05秒/km
                  14.66km/h
              往路:6分13秒(1.47km:4分14秒/km)
              復路:6分28秒(1.63km:3分58秒/km)
 今月の走行距離 : 13.56km

 復路はちょっと距離が長く出過ぎているような気がしますが、記録はそのままにしておきます。 でも、1.5kmを軽く超えているのも間違い無い。(往路の後、数分歩いて息を入れてから復路をスタートしています)

 往路は強めの向かい風が堪えたのか、500m毎のラップは以下の通り。

  1分59秒
  2分11秒
  2分03秒(470m)

 向かい風に負けないように腕振りを意識したら上腕部がキツかったです[E:coldsweats01]

 復路は追い風になったのも有りますが、往路で身体が温まったのか脚が軽く、

  2分01秒
  2分00秒
  1分57秒
  0分29秒(130m)

 僕は以前から1500m走で6分を切ることをひとつの目標としています。 その理由は高校時代の僕の同距離のタイムが6分30秒くらいだからです。
 今日のタイムでその高校時代のタイムを上回ったと言えるかもしれませんが、そう決定付けるのはあくまで距離が確かな舞台で6分切りをクリアした時としておきます。 もしかしたら高校時代に6分30秒は切っているかもしれませんが、6分は絶対に切れてませんので。 現時点では『高校時代の自分に並んだ』と喜んでおきます[E:happy01] できればどこかの大会や記録会でクリアして堂々と『30年前の自分を超えた』と言いたいです[E:happy01]

 今日は予定外のランになりましたが、やりたかった1500m走をできて良かったです。 有意義な時間の使い方ができました[E:happy01]

posted by ちゃんちゃん at 20:53
"1500m走と、30年前の自分に並んだ現在の自分"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: