2016年11月14日

浅田真央の輝きは決して色褪せ無い!! : フィギュアスケート GPシリーズ第4戦フランス大会男女FS

 昨夜は記事を書くのが辛くて逃げてしまいましたが、一夜明け、ネットのニュース記事を見たり、そのニュースについたコメントを読んだりしていて、やはり真央ちゃん本人が闘っているのにファンが逃げてはいけないと感じましたので、今想っていることを書いておきたいと思います。




 真央、ミス連続で自己最低9位「自信すべて失われた」/フィギュア(サンケイスポーツ)

 フィギュアスケート・フランス杯最終日(12日、パリ)グランプリ(GP)シリーズ第4戦の女子フリーなどが行われた。浅田真央(26)=中京大=は、100・10点と振るわず、合計も自己ベストを約55点下回る161・39点。自己最低の9位で、12月のGPファイナル(マルセイユ)進出を逃した。樋口新葉(わかば、15)=東京・日本橋女学館高=がGPデビュー戦で3位、エフゲニア・メドベージェワ(16)=ロシア=が優勝した。男子はハビエル・フェルナンデス(26)=スペイン=が今季GP2戦2勝でファイナル進出を決めた。

 キスアンドクライで得点を耳にした浅田は、悲壮感漂う表情で何度もうなずいた。ジャンプが軒並み2回転にとどまり、GPで自己最低の9位。押し寄せた現実に、涙があふれ出した。

 「自信がすべて失われた。滑りもジャンプも、すべてがしっくりはまっていない感じがした」

 冒頭のダブルアクセル(2回転半)は決めたが、続くフリップ-ループの連続3回転は、最初のフリップが2回転で単発に。その後もルッツ、サルコー、フリップがすべて2回転になった。得点はフリーの自己ベストを42・61も下回るものだった。

 左膝に不安を抱える日々。追い込んだ練習をしたくてもできず、葛藤の日々を過ごす。「自信がつくまでやるだけ。自分を信じてやるしかない」。こう言い聞かせるが、表情に余裕はない。

 次の舞台は12月の全日本選手権(大阪)。「自分が望んで復帰してきた選手生活。もう一度その気持ちを奮い立たせてやりたい。この悔しさを忘れないで、自分が滑れるありがたさを感じながら滑りたい」。自らに言い聞かせるように、声を絞り出した。(引用終り)

 昨夜放送のFS、認定された3回転はループのみでした。 そのループも加点どころか減点されてしまいました。 ルッツ認定、ステップレベル4獲得と、明るい兆しもない訳では有りませんが、そんなのは本人には気休めにもならないのでしょうね・・・[E:weep]

 演技後のインタビューで、真央ちゃんはインタビュアーの質問に一生懸命答えていましたが、最後は涙が溢れそうでした。 観ていて、『もう質問止めてやれよ』と思っていましたが、インタビュアーも仕事ですから仕方無いのでしょう[E:weep]

 『自信がすべて失われた』
 
それが全てでしょうか?

 真央ちゃん、膝の不安とかは有るのでしょうが、どちらかというと、身体面より精神面の方が厳しいように思えるんですよね。 実際、練習では3-3も跳んでいるみたいですし、ループも良いのを跳べているようですから。 そういう自分に自信を持てないことが悪い結果に繋がってしまっているように思えます。

 でもね、真央ちゃん、今の自分に自信を持てないのは仕方ないかもしれませんが、いくらジャンプが跳べなくなったとしても、表彰台に上がれなくなったとしても、あなたの過去の実績や功績はけして消えるものでは有りません。 あなたのファンは、あなたが不調になったくらいで離れたりはしませんし、嫌いにもなったりもしませんから、まずは自分の身体と気持ちを大切にこれからを生きて欲しい。 誰に何を言われても、気にせずに自分の思うままに生きて欲しいと願う。 それが競技を辞めるということで有ったとしても、ファンはきっと笑顔で『これまでありがとう、お疲れ様』と言ってくれると思う。 笑顔でも涙は流しているかもしれないけど・・・[E:crying]
 それでも浅田真央の輝かしき実績・成績・功績や今まで我々日本のみならず世界中のファン達の心に刻まれて来た素晴らしい演技やスピリットは決してその輝きを失うことも色褪せることも有りません。 そして我々の記憶から消えることも有りません。 少なくとも我々ファンには一生素敵な記憶としてその演技や振る舞い
が心に残ることだと思います。
 ただひとつだけお願いできるので有れば、無理して怪我を悪化させることだけは避けて欲しいな・・・


 浅田真央の左膝痛 コーチも怖くて「追い込めていない」(デイリースポーツ)

 フィギュアスケートのGPシリーズ・フランス杯で自己ワーストの9位に終わった浅田真央(中京大)を指導する佐藤信夫コーチは14日、羽田空港着の航空機でパリから帰国した。

 今季の真央は昨季から続く慢性的な左ひざ痛のため、慎重な調整を強いられている。佐藤コーチは「(練習を)追い込めていない。追い込めれば、これぐらい出来るというのが分かるけど、(悪化が)怖いからできていない」と、苦しい現状を明かした。

 次戦は世界選手権(来年3月・ヘルシンキ)の代表最終選考会となる全日本選手権(12月23日開幕・大阪)。今後の調整については「まずは本人と話さないといけない。様子をみながらしか(練習)できない。あとは病院とかそういうことになる」と、話すにとどめた。(引用終り)

 それにしても真央ちゃんは本当に自分では痛いとか言わないですね。 今回も膝痛の件の発信はあくまで佐藤コーチから。
 この言い訳をしない真央ちゃん、僕は大好きだし真央ちゃんがファンの心を鷲掴みにして離さない要因のひとつだとは思うけれど、たまには言い訳しても良いんだよと伝えたい[E:weep]

 それにしても住友生命さんは暖かいですね・・・[E:confident]

 住友生命保険相互会社-タイムライン Facebook

 『浅田真央選手、私たちはあなたのスケートが大好きです。私たちはいつもあなたと共にいます。』

 まさにその通り。 まあ、スケート以外も大好きだけど[E:coldsweats01]
 このFacebookに付いたファンのコメントがまた優しくて心に染みる[E:crying]

 戦友・織田君のtwitterも暖かい[E:weep]

 織田信成 nobunari oda twitter

 『またにこやかに滑る姿願って応援してるたくさんの人がいるから、全ては失ってない』

 このツイートについたファンのコメントもやはりとても暖かい[E:crying]

 僕としては、今迄10年以上に渡って応援して来た責任が有ると思っています。 これから先、真央ちゃんがどんなに泥臭くやっても、どんなにボロボロになっても、たとえどんな決断や選択をしたとしても、責任を持って最後まで見届けたいと思います。 それがこれまで応援して来た僕の責任だと思うから。

 他に僕にできることはそうそうは無いけれども、ソチ前に腰の神様へ快癒祈願に行ったように、今度はせめて全日本までに足の神様へお参りに行きたい。
 もしもこれから真央ちゃんが復活して、平昌五輪で金メダルを獲れるというならば、それと引き換えに僕の左膝がダメになって走れなくなっても良い[E:confident] そうお祈りしたいと思っています。


 他の選手を無視しては悪いので、
フランス大会FSについても少しだけ書いておきます。

 まずは男子。
 無良選手、4T2本決めただけに、最後のルッツを転倒したのは勿体なかった[E:bearing]
 あとは1本4Sが入れば、3連続の3番目も3Sにできるので一気に基礎点アップができるだけに入って欲しいですね。 そうすれば世界選手権でもメダルを争える可能性が出て来ます[E:catface]

 ネイサン・チェン選手は4種5クワドに挑戦しましたね。 難しいルッツとフリップは見事だったのに、サルコウとトーループで転倒とは勿体無い[E:bearing] 2本目のトーループが単独になって基礎点が7割になってしまったのも勿体なかったですね[E:gawk]
 あと、SPに続きFSでも3Aが入りませんでした。 どうやら苦手だそうですね。 3Aが安定しないと、4回転で勝負しないといけなくなりますから世界のトップを争うのは少し厳しいでしょうか? 羽生選手や宇野選手と戦うにはちょっと厳しいかもですね[E:think]

 フェルナンデス選手はさすがでしたが、テン選手とリッポン選手も良かったです。 特にリッポン選手、今季は安定していますね[E:catface]

 女子ですが、ソツコワ選手の衣装が可愛らしくて良かったです。
 レオノワ選手の演技が楽しみでしたが、ディダクションが9と、真央ちゃん以上に心配な結果になってしまいました・・・[E:weep]

 来週の中国杯は関西圏では放送が有りません。
 結果をネットで確認しつつ、観たい演技はyoutubeで観たいと思います。

posted by ちゃんちゃん at 21:32
"浅田真央の輝きは決して色褪せ無い!! : フィギュアスケート GPシリーズ第4戦フランス大会男女FS"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: