2016年12月30日

わたしたちの金メダル’16決意 : 本田望結の想いに感動

 昨日、本田真凜・望結姉妹に密着した『わたしたちの金メダル’16決意』が放送されました。

 このシリーズも今回で第3弾でしょうか? すっかりシリーズ化されましたね。

 そのような高い注目度の中、真っ直ぐに伸びている姉妹には今後も期待です[E:happy01]



 わたしたちの金メダル’16決意 動画

 今回というか、相変わらず凄いなと思ったのは、妹、望結選手のコメントでした。

 そのインタビューは上記動画の20分22秒辺りから。
 フィギュアスケートと女優の二足のわらじを履いていることを常に気にして、

 『結果が全て』
 『どんな方が観ても中途半端になっていないと言って貰えるようにしたい』
 『もしかしたらもう中途半端になっているかも知れない』
 『いま中途半端になっているかなっていないかは相手のみなさんが決めること』
 『誰が観てもどっちもやっているから本田望結だと言って貰えるような演技をできるようにすることが目標』

 というようなことを言っていました。

 凄いですね。 芸能界で多くの大人と関わっているとはいえ、小学校6年生、12歳の女の子の口から出た言葉とは思えません[E:coldsweats02] 比較しては可哀想かもしれませんが、他のフィギュアのトップ選手、特に女子選手の皆さんに比べるとどちらが年上か解らないほどですね[E:coldsweats02] それも羽生君みたいにメディアが喜びそうな言い回しも無く、その想いをストレートに表現した結果だと思うので本当に凄いなと思ってしまいます[E:coldsweats02]

 正直、姉の真凜選手と比べてもスター性は全く遜色無いですし、ルックスも抜群。 成長するほどに美人さんに育っていますし将来が楽しみです。

 僕はずっとフィギュアに専念して欲しいと言って来ましたが、今まで観て来て彼女が中途半端になっているとは全く思えません。 プロ野球界の二刀流大谷選手と比較してはさすがに荷が重いとは思いますが、こうなったら彼女にはこのまま女優業とフィギュアの二刀流で結果を出して欲しいという気がして来ました。 もし本気で五輪を狙うなんてレベルになって来たらさすがに女優業を休業しなければならない日も来るかもしれませんが、少なくとも僕はどのような選択をしても批判はできないなと今回思いました。 本当に頑張って欲しいです[E:happy01]

 番組については、少しで良いので、末の妹の紗来選手や兄の太一選手も少し取り上げて欲しかったです[E:catface]

posted by ちゃんちゃん at 10:41
"わたしたちの金メダル’16決意 : 本田望結の想いに感動"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: