2017年03月05日

第37回篠山ABCマラソン大会 出場&応援レポート

 篠山ABCマラソンは予定通りに第2関門18.2kmでDNF

 今年も昨年同様、6時大阪駅前出発のマラソンバスに乗車。 7時25分頃には篠山到着。
 すぐに参加賞を受け取り、やはり昨年同様に更衣室の篠山市役所へ。 昨年はなんとか入る隙間を見付けたというくらい混んでいたのですが、今年は結構空いていてラクに場所を確保できました

 ちなみに今年の参加賞Tシャツはこんな感じ。
 まずは表。

P1060351.JPG

 そして裏。

P1060352.JPG

 デザインは悪く無いのですが、濃いグレーという色が・・・
 昨年同様に黒系ということで、夜ラン中心の僕には少し使いにくい

 まだまだスタートまで3時間くらい有るので、市役所内でしばらくまったり。
 ちなみにこの段階の気温はマイナス0.4℃でした 昨年は15℃でしたので、なんと15℃も違いました
 その後到着したちょびさんと市役所内で合流、着替えて外に出たのが9時過ぎ。 そしてかねさん夫妻と合流(奥様は今回は応援のみ)、続いて友人K君とも合流し、そこでしばし立ち話。 この段階では既に気温は結構上がっていました
 一般の部のスタート1時間前くらいだったでしょうか(9時50分頃?)、荷物預けに行きそのまま別れて各ブロックに向かいました。
 僕は荷物を預けた後、一人でストレッチ。 登録の部の列の入口は篠山市役所の傍だったので、もう空いているであろう市役所内のトイレへ行ってみると、案の定空いてたのでラッキーにも用を足せました
 スタート25分前に用を足し、20分前に並んでもこの位置。


IMG_1583.JPG

 スタートゲートがはっきり見える
 やはり来季も陸連登録して良かった まあ、ここからでもスタートロスは49秒有りましたが。

 スタート後、登録の部でもかなり後ろからスタートしたからか、意外と周りも速く無く、最初の1kmは5分44秒かかったものの、次からは5分20秒を切り、14kmからは5分10秒を切りっぱなしでした。 やはり最初から18.2kmでリタイアするつもりだったからか後半抑えようとしても結局上がっていました。 こういう自分を抑えきれないところが僕がフルで終盤失速する原因なんでしょうね

 5km過ぎには早くも一般の部トップのランナーに抜かれます。 速い
 6.8km付近では有森裕子さんが遠くからでも良く聞こえる『フォー! フォー!』という叫び声を上げていました 昨年は憶えていませんが、今年はハイタッチしていただきました
 8.6km付近では一般女子トップと一般男子Bブロックトップのランナーにも抜かれました
 僕の見ていた限りでは、僕が止めた18.2kmの第2関門までCやDブロックの方にはなんとか抜かれずに走れていたように思います。 まあ、見逃しただけかもしれませんけど

 途中、今日はかなり暑かったです
 道路上の温度計も14℃を示していましたが、昨年より暑かったイメージ。 我慢できなかったので途中でアームスリーブを外しました。 結構汗もかいたのですが、綿が45%混じっている会社のTシャツを着て走ったので少しべったりする感じ 本当、なんでランナーにアドバイスを受けて作らないのだと聞きたい

 今日は大会を楽しもうと走っていましたが、止めるつもりで走っていたので、いつもより声援には応えられたかな? という感じ
 でももっと応えないといけなかったかな~

 そして18.2kmの第2関門で予定通りのDNF。
 時刻は12時16分少し前。 関門閉鎖まで49分以上有りました
 この付近はスタート会場が近いからか大勢の応援者が居ました。 その中に特に異常の無さそうな僕が急に止まって後続のランナーを応援し始めたものですから周囲の方々はちょっと不思議そうな顔をしていました
 でも、意外と僕と同じポイントで計画的DNFをしている人は結構居ました。 足を引きずっているような方は少数で、約半分は完走できないと判断した制限時間まであまり時間を余していない方々、しかし残りの半分は僕みたいに余力残して止めていた感じでした。 まあ、僕より早く棄権した方はほぼ居なさそうでしたが

 僕の目の前を最初に通過した知り合いは僕の子会社の社長さん(昔の当社総務部長)だったはずなのですが、僕は見付けられず
 続いてかねさんが通過。 かねさんから声をかけていただいて気付けました
 続いてちょびさんが通過。 あやうくスルーしてしまうところでしたが、ちょびさんはこちらから気付いてお声掛けできました
 しかしこの後、痛恨のミス!
 友人K君の通過予測タイムを勘違いしてしまい、走路より少し離れてストレッチしている間に通過されてしまいました

 仕方ないので篠山市民センターのチップ回収所まで走って行き、チップを返し、そのまま会場へ戻りました。
 そして昨年いただき損なった猪汁をいただきました。
 こんな感じ。


IMG_1584.JPG

 僕はやっぱり豚汁の方が好みかな
 ちなみに右膝はほんの少し痛かったですが、どうもいつもの痛みと違うので、どうやら今朝寝返りうった時にタンスに痛打したのが原因のようでした

 猪汁をいただいてから今度は市役所前の更衣テントへ。 さすがにまだトップがゴールした直後でしたので無茶苦茶空いていました

 ゆっくり着替えてから41.4km付近へ移動して応援。
 そこでの様子。


IMG_1585.JPG

 まだサブ3.5以内の時間帯でしたのでランナーは少な目。
 ここで1時間以上応援していたのですが、苦しそうな顔をしながらも必死でゴールを目指して走るランナー達を見て、計画的DNFと言い、余力を残し、制限時間も50分近く余して走ることを止めた自分に対して罪悪感が込み上げました
 でもそれも過ぎたこと。 この罪悪感も来季への糧にしてしまいたいと思います

 この場所では知り合い4人全員を見付けることができました
 まず僕の目の前を最初に通過されたのはかねさんでした。 地元が雪で練習不足だったそうですが、それでもさすがの楽々サブ4。 素晴らしい走りでした
 続いて通過されたのはちょびさん、こちらもさすがのサブ4達成。 本人は不満そうでしたが、僕からすれば素晴らしいイーブンペースランでした
 さらに会社の子会社の社長さんが通過。 後のかねさん情報によると、どうやら僕と同じ会社Tシャツを着て走っていたそうです。
 その後、お忍びで参加していた(?)野々村真氏が通過しました。
 たまたま見付けた沿道の応援者が見付けて声をかけた様子、『良く見付けたねぇ』と返事してゴールへ向かって行かれました
 最後に友人K君が通過。 歩きが入っていましたが、最後まで腕振りはしっかりしていました。
 帰りの電車で聞いたのですが、腕振りをやめたらそのままダラダラ終わってしまうからということでした。 その心構えを見習わないといけないとは思いますが、やっぱり根性が負けてしまうんですよねえ・・・
 この場所では、サブ3.5、サブ4ギリギリのランナーさんを中心に応援しました。
 傍では『あと少しで41kmです! 頑張って下さい!』と大声で叫んでいるランナー風の応援者がいらっしゃいましたが、僕が距離測で測るとやはり41.4km。 区切りのランナーさんに対し、一歩間違えば心を折ってしまいかねない不正確な情報の応援はどんなものだろう? と思いました

 この後、会場近くでしばらく友人K君を待ちました。
 途中、ちょびさんと一旦合流していた時、TV収録終わりのかつみ&さゆりコンビがすぐ傍を通りました。
 何気にさゆりさんと目が合うと、さゆりさんから笑顔で『お疲れ様でした~』と。 かつみさんも会釈して下さいました。 もう収録終わってるはずなのにええ人や~
 僕らも『ありがとうございました』と返事しましたが、『いつも、せやねん観てます!』くらい言えば良かったなあ~

 ここでちょびさんとは別れ、今度は友人K君と合流。 帰りは二人でバス、電車と乗り継いで帰りました。
 今年はバスは座れず、ラン自体は18kmしか走りませんでしたが、応援も含め長時間立ちっぱなしだったので意外と疲れました

 さて、今日は罪悪感と、なんとなく虚無感の残る大会となってしまいましたが、これを糧に来季に繋ぎたいと思います。
 来季のレースプランと来季へ向けての練習プランは、また後日アップしたいと思います。

 かねさん、ちょびさん、友人K君をはじめとする頑張れらたランナーの皆さん、目標を達成できた方もできなかった方も、頑張られたみなさん、お疲れ様でした!! 熱いランを魅せていただきました! ありがとうございました!!
 大会関係者のみなさん、沿道で応援して下さったみなさん、本当にありがとうございました!!
 来年、また篠山へ戻って来ます!! 



 今日の走行距離 : 18.2km
                 1時間35分07秒
                      5分14秒/km
 今月の走行距離 : 28.66km

posted by ちゃんちゃん at 23:16
"第37回篠山ABCマラソン大会 出場&応援レポート"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: