2017年03月26日

ドバイワールドカップデー

 アロゲートの強さは規格外でしたね

 【ドバイワールドカップ】アロゲートが大楽勝!世界最強を誇示(サンケイスポーツ)

 2017年のJRAの海外馬券発売の3鞍目、『ドバイワールドカップデー諸競走』の9R、第22回ドバイワールドカップ(GI、UAE・メイダン競馬場、北半球4歳以上・南半球3歳以上、ダート・左2000メートル、優勝賞金600万米ドル=約6億7800万円)は世界ランクNO・1のアロゲート(牡4歳、アメリカ・B.バファート厩舎、M.スミス騎手)がゴール前も余裕満点の手応えでV。ドバイの地でも世界最強を誇示した。勝ちタイムは2分2秒15(重)。道中は後方を追走し、直線は軽く仕掛けただけでの大楽勝。デビュー2戦目からの連勝を「7」に伸ばした。

上位3着までをアメリカ調教馬が独占。2馬身1/4差の2着には先行粘ったガンランナー(牡4歳)、さらに5馬身差の3着に好位から伸びたネオリシック(牡4歳)。

日本からは史上最多の4頭が参戦。最先着は中団追走から脚を伸ばした5着のアウォーディー(牡7歳、栗東・松永幹夫厩舎、武豊騎手)。ラニ(牡4歳、栗東・松永幹夫厩舎、R.ムーア騎手)は好スタートから二の足がつかず最後方を追走。道中から追い通しではあったが、8着まで差を詰めた。

9着にアポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、C.ルメール騎手)。ゴールドドリーム(牡4歳、栗東・平田修厩舎、J.モレイラ騎手)は最下位の14着。

◆武豊騎手(アウォーディー5着)「状態はすごく良かったです。前の位置を取りにいったのですが、思ったより後ろになってしまいました。自分の競馬はできたと思います。力は出せました」

◆ライアン・ムーア騎手(ラニ8着)「馬の状態は良かったです。馬場も問題ありませんでした。ただ、距離はもっとあった方がいいです」

◆クリストフ・ルメール騎手(アポロケンタッキー9着)「ペースが速く、とても忙しい競馬でした。内に入ってしまい、外にも出せませんでした」

◆ジョアン・モレイラ騎手(ゴールドドリーム14着)「スタートがあまり良くなかったので、最初は押していきました。向こう正面で行きっぷりが良くなり、気分良く走ってくれましたが、残り600メートルで馬が疲れてしまいました」
(引用終わり)

 昨夜はさすがに時間も遅かったですし、別に大好きな馬が出ているわけでは有りませんでしたので、録画して今朝観ました。
 アロゲートの強さは規格外、次元が2段階くらい違いました。 2000年の同レースを制覇したドバイミレニアムの時にも衝撃的な強さを観ましたが、今回のアロゲートも太刀打ちできない強さを感じました。

 日本のヴィブロスも、ドバイターフでアロゲートには及ばないにしても強いパフォーマンスを魅せました。


 【ドバイターフ】ヴィブロスが鮮烈な差し切り勝ち(サンケイスポーツ)

 2017年のJRAの海外馬券発売第一弾となった『ドバイワールドカップデー諸競走』の7R、第22回ドバイターフ(GI、UAE・メイダン競馬場、北半球4歳以上・南半球3歳以上、芝・左1800メートル、優勝賞金360万米ドル=約4億680万円)は大和撫子のヴィブロス(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎、J.モレイラ騎手)が強烈な末脚で優勝。道中は内めの、後方から3番手を進んだヴィブロスは、“マジックマン”の異名をとる香港拠点のジョアン・モレイラ騎手の好リードで直線半ばで外に持ち出されると前の馬たちが止まって見えるほどのキレ味を発揮。昨秋の秋華賞に次ぐGI・2勝目を挙げた。勝ちタイムは1分50秒20(稍重)。

半馬身差の2着には中団から脚を伸ばしたフランスのエシャム(牡4歳)、さらに半馬身遅れた3着に先行策から粘り込んだイギリスのリブチェスター(牡4歳)。

ヴィブロスの馬主は、プロ野球、米大リーグでクローザーとして活躍した“魔人”こと佐々木主浩氏(49歳)。日本馬によるドバイターフの優勝は2007年アドマイヤムーン、2014年ジャスタウェイ、2016年リアルスティールに次ぐ4頭目。

馬上インタビューでジョアン・モレイラ騎手は「雨が心配だった、どういう影響があるか。でも関係なかった。それほどひどい馬場じゃなかったし。陣営がいい仕事をしてくれた。体調はよかった。陣営に感謝したい。ブッキングしてくれたエージェントにもね今日、彼女がやったレースは誰もできるものじゃない。いいレースだったと思う」と興奮気味にまくし立てた。

ヴィブロス陣営は昨年の秋華賞を制した時点でドバイを目標に設定。佐々木主浩オーナーはレース前日の調教も見たうえで「表彰台を狙っています」と愛馬の勝利を信じて送り出し、見事に夢を果たした。「本当にうれしく、興奮しました。野球より緊張しましたが、うれしいです」。

今秋には半兄シュヴァルグランと米国に遠征して、ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(11月4日、デルマー、芝2200メートル)挑戦のプランも持ち上がっている。実現すれば、かつてオーナーが守護神として腕を振るった米国のファンに、兄妹そろってのお披露目がかなう。
(引用終わり)

 TV中継では騎手の上手さばかり讃えられていましたが、それに応えた馬の能力も凄いと感じた。
 上記記事のように、そのモレイラ騎手自身が馬の力を讃えて下さっていたのは喜ばしいこと。

 ドバイの記事を捜していたら、こんなニュースを見付けた。

 牝馬ファンディーナ皐月賞挑戦 結果次第でダービー(日刊スポーツ)

 デビューから無傷の3連勝でフラワーCを制したファンディーナ(牝3、高野)が、皐月賞(G1、芝2000メートル、4月16日=中山)に向かうことが決まった。

25日に管理する高野師から発表された。その結果次第では、5月28日のダービー(G1、芝2400メートル=東京)に向かう予定。この日は前走後に初めて坂路を上がり、様子を確かめられた。状態をチェックした高野師は「問題なさそうです。オーナーサイドから要望があって皐月賞に向かうことになりました。きっちりといけるようにしたいです」と話した。引き続き岩田騎手が手綱をとる。牝馬の皐月賞参戦は、14年のバウンスシャッセ以来となる。勝てば48年のヒデヒカリ以来69年ぶり3頭目の快挙となる。
(引用終わり)

 先日のフラワーCは非常に強い勝ち方でした。
 ソウルスターリングも居ますし、今年の3歳牝馬は強いですね。
 馬券を買う方としては直接対決の無い馬の衝突は予想が難しいですが、競馬界が盛り上がるのは良いことですね。
 僕も昔のナリタブライアンやフジキセキのように、のめり込むような馬に巡り合いたいものです
posted by ちゃんちゃん at 20:57
"ドバイワールドカップデー"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: