2018年08月20日

TJAR2018が閉幕 : 全選手及び全ての関係者、そしてリアル・ネットを通じて応援していた人達全てに感謝

 最後までドラマ満載でした
 
 
 望月選手がゴールしてから半日が経過し、最終日、最初にゴールしたのは最年少の鹿野選手でした。


 8位 01番 鹿野選手 ゴールタイム 7日間04時間23分


 なんと鹿野選手、ゴール直後に彼女にプロポーズされたみたいです
 このシーン、誰か動画をアップしてくれんかなあ。。。
 TVで放送されるかなあ? 頼むからBSでは無く総合でやってくれ
 どなたかがツイートされていましたが、『今まで見たり聞いたりした中で一番難易度の高いプロポーズだな』という感じ
 鹿野選手は医療関係者とのことですが、大会序盤には怪我をした少女を助け、付き添って下山されたとか。 そういう暖かい心によるロスが有りながらの完走ですからまた凄いです。


 鹿野選手から5時間近く遅れて次々とゴールされました。


 9位 25番 有吉選手 ゴールタイム 7日間09時間27分
10位 20番 石田選手 ゴールタイム 7日間10時間01分
11位 22番 男澤選手 ゴールタイム 7日間10時間25分


 有吉選手は大阪勢トップゴール。
 岩崎さんもですが、いつかちゃりらん屋さんででもお逢いできないかな・・・
 石田選手は大会初日を引っ張ってくれましたが、中盤以降は足の痛みとかで辛かったみたいですね。
 男澤選手は世紀の大逆走をしたにも関わらず、この順位は凄い。 逆走が無ければ7日は切れましたね。。。


12位 11番 阿部選手 ゴールタイム 7日間11時間24分
13位 08番 片野選手 ゴールタイム 7日間12時間12分
14位 27番 高島選手 ゴールタイム 7日間12時間40分
15位 19番 雨宮選手 ゴールタイム 7日間13時間41分
16位 09番 柏木選手 ゴールタイム 7日間16時間43分
17位 28番 古澤選手 ゴールタイム 7日間17時間10分
18位 06番 星加選手 ゴールタイム 7日間17時間52分
19位 23番 高田選手 ゴールタイム 7日間19時間04分
20位 28番 岡田選手 ゴールタイム 7日間20時間25分
21位 12番 原選手   ゴールタイム 7日間21時間47分
22位 16番 福山選手 ゴールタイム 7日間21時間53分
23位 10番 及川選手 ゴールタイム 7日間22時間17分
24位 30番 竹内選手 ゴールタイム 7日間22時間17分
!!


 竹内選手、TJAR最年長記録で念願の完走を遂げました!!
 竹内選手、静岡駅で右折しないといけないところを直進してしまい、GPSやtwitter情報で観戦している我々をハラハラさせて下さいました
 そのゴール前は、望月選手のゴールの時くらい、GPSは繋がりにくいわ、twitter情報はガンガンアップされるわでちょっと大騒ぎでした
 大浜海岸で待っていた応援者の数もかなり多かったみたいですね。
 本当におめでとうございます!!
 お疲れ様でした!!
 しかし、ちょっと先にゴールされた及川選手、ちょっと印象薄れてしまったみたいで気の毒でした


25位 14番 大坪選手 ゴールタイム 7日間23時間16分
26位 07番 星加選手 ゴールタイム 7日間23時間51分
27位 02番 細田選手 ゴールタイム 7日間23時間58分



 GPSとtwitter情報から、最後、星加選手はある程度大丈夫だなと思いながら見ていましたが、細田選手は本当にギリギリで、正直、間に合わないと思っていました。
 二人とも、竹内選手同様、静岡駅は右折したものの、左折ポイント少し手前で左折してしまいました
 いつ気付いてコース復帰するかひやひやしましたが、なんとかコース復帰し、時間内ゴールを遂げられました。
 細田選手は、最後は結構走られてました。 それも伴走が10人くらいいらっしゃいましたね
 『階段超えてもまだ有るからね!』という暖かなアドバイス、『いけるいける!!』という励まし、動画観て感動しました。 最後は砂浜、きついでしょうに、走り続けられていました。 さぞかしボロボロかと思いましたが、ゴール後の姿を見ると、意外とキレイでした

 しかし、最後はまたGPSが繋がらなくなっていました。
 その代わり、現地にいらっしゃる方々のtwitter情報が嵐のようにアップされていました。
 現地で情報をアップして下さった方々にも本当に感謝です。 まるでラジオ聴いているかくらいの臨場感でした

 それにしても出場30名中27名ゴールですよ!!
 この過酷なレースを完走率90%って・・・
 大阪ハーフより高いやん
 それだけ選りすぐりの精鋭だけが出場されてるってことなんでしょうね


 いやあ、しかしこれは放送が待ち遠しいですね。
 新たなチャンピオンの誕生に、山岳王・望月選手の無補給完走、男澤選手の大逆走と岩崎選手のプチ逆走、鹿野選手のプロポーズに竹内選手の悲願達成。 そして細田選手の滑り込みフィニッシュ。 他にもドラマは沢山きっと有る。 これを2時間に編集するのは無理が有ります。 4時間くらいのドキュメントにすることをキボンヌ
 ちなみに最終日、岩崎選手は多くの選手をゴールで迎えられたみたいですね。 自分は悔しかったでしょうに、いったいどこまで良い人なんでしょうか?
 あと繰り返しますが、頼むからNHK総合でやって下さい。 それも天気の良い日に。 天気悪いと、うちの家は総合映らないので


 最後に、完走された選手の皆さんも、残念ながら完走できなかった選手の皆さんも、この8日間、エキサイティングなドラマをありがとうございました!!
 完走された方々は本当におめでとうございました!! でも完走できなかった方々も超人には変わり有りません。 この大会に出場されたことを誇りに思っていただきたいです! 皆さん、本当にありがとうございました!!
 そして、大会関係者の皆さん、現地で応援された皆さんも、twitter等で情報を上げて下さった皆さんも、本当にありがとうございました!!
 僕は大阪からネット観戦でしたが、僕と同じようにネット観戦し、熱い想いでドキドキしながら観ていた方々も多かったはず。 twitterを観ていて、なんか不思議な一体感さえ有りました。 ネット観戦の皆さんも、お疲れ様でした!!
 また2年後のこの興奮を、楽しみに待ちたいと思います。

 また、2年後!!

 いつか、大浜海岸とか、スーパーまるとさんとか、アラジンさんとか、TJARの聖地巡礼してみたいなあ・・・
 

posted by ちゃんちゃん at 01:30
"TJAR2018が閉幕 : 全選手及び全ての関係者、そしてリアル・ネットを通じて応援していた人達全てに感謝"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: