2018年09月04日

台風21号被害

 僕の知る限り、僕が物心ついて以降、最悪の台風被害になったもの感じています。
 
 
 本当に酷い災害になりました。
 いや、建築屋をやっていると、一番怖いのは間違い無く風ですが、改めて恐ろしいものだと感じました。

 僕の会社の現場でも人的被害は無かったものの、物的被害は大小少なく有りませんでした。
 竣工物件でもあちこちで被害が出ましたが、もはや手が回るような数では有りません。

 会社の有る御堂筋付近でも凄い風で、街路樹の大きな枝が折れて交差点に鎮座していましたし、色々なゴミなどが空高く舞い上がっていました。 ビルで言えば15階くらいの高さまで。

 個人的には実家のベランダの屋根の波板が飛んだそうです。 今も停電中のようで、もう早く寝るように母に伝えました。
 屋根の補修も業者に依頼しましたが、母には『もうどこもかしこもやから、しばらくは我慢しろ。』と言っておきました。
 同じ淀川区でも僕の自宅は停電はしていないようですが、帰宅してチェックする必要は有るでしょう。

 自宅に関して、今回、何が恐ろしかったかと言うと、高潮です。
 淀川を高潮が逆流していたようですが、見たことも無いくらい水位が上がっていました。
 何年か前、大阪30kが中止となった年が有りましたが、あの時でも十三付近では河川敷が数十センチも水没していなかったと思います。 しかし、今回は2mくらいは水没したそうで、動画を観ると、絶対に決壊しないと思っていた淀川の堤防も決壊する可能性が有るんだと思わざるをえず、それこそ家族は避難するべきでは無かったのかと感じるほどでした。

 僕をそう思わせた動画は以下のものです。

 https://mobile.twitter.com/IIPc7s9lBFkEOh3/status/1036849214150430720/video/1

 マジで恐ろしいです。
 高さ3mくらい有るはずの、十三大橋への車輌等の接触防止のための鉄骨の車止めが頭した見えていません。

 もしかしたら、秋の淀川開催のマラソン大会に影響が出るかもしれません。
 しばらくはまた、河川敷のトイレは使えないでしょう。 よって、淀川上流方向へのランはやりにくくなります。


 今日、会社は自主的に判断しての出社・退社で、女子職員の大部分と男子職員の半数は休むか早期退社しました。
 僕は職務と立場的にそういうわけにもいかず、ずっと会社に居ましたが、次々と被害の報せが入って来ました。 まあ、ここまで来るとどんなものも台風のせいと説明しても顧客も疑わないのでありがたいくらいですが・・・

 明日もまた新たな被害の連絡が有りそうで怖いです。


 さきほど、阪急電車も動き出したみたいなので、そろそろ帰宅しようと思いますが、近所で同名の会社の現場で周囲に迷惑をかけているところが有るみたいなので、そこをチェックして帰ろうと思います。(うちの会社にクレームが入りました。 それも同じ物件で3件も(苦笑))
 
posted by ちゃんちゃん at 22:00
"台風21号被害"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: