2018年12月18日

加古川前の本追い切り完了 : ズームフライFKで22kmフルサブ4レースペース走

 土日出勤の代休を取って加古川に向けての最終追い切りをして来ました
 
 
 今日の走行距離 :  22.1km
                 1時間55分48秒
                      5分14秒/km
                      11.45km/h
                 往路:57分43秒(5分13秒/km)
                 復路:58分05秒(5分15秒/km)
 今月の走行距離 : 110.54km


 後半の方が少し遅いですが、復路はだんだんと向かい風が強くなって行きましたし、別に後半上げるつもりも無かったので想定内でした。
 実は往路も弱い向かい風で、折り返し手前くらいで風向きが変わるという

 今日は5分20秒前後のペースを目指してスタートしましたが、序盤はついつい速くなってしまって5分10秒を切ってしまいました。
 8kmくらいから狙ったペース付近で安定し始めましたが、それでも全体的には少々速めでした。
 本番5日前の22km走でしたし、少々疲れが残るのが心配。
 明後日、最短の周回コース2.45kmを軽く流して仕上げて終わるつもりですが、明後日が悪天候のようなので、それであれば明日2番目に短い周回コース4.26kmを軽く流して仕上げるつもりです。


IMG_2621.PNG


 天気予報が少し変わって雨マークが・・・
 降水確率70%はツライ
 再び好転することを祈りたい。


 さて、ズームフライFKでの初の長めランの感想です。

 実は14日に2度目の10km試走をしたのですが、この時も初回と同じく靴紐がほどけました。
 初回時にほどけたので、その時は結んだ靴紐を交差する紐の下に通したのですが、それのやり方がまずかったのと、足の甲を痛めるのを怖れて強く結ばなかったのがいけなかったみたいです。
 とはいえ、靴紐がほどけていることに気付いたのはゴールしてからでした。 靴紐の先端を靴紐の交差している部分の下に通していたため、紐が暴れず、どのあたりからほどけていたのか解りません。 フライニットのアッパーが優しく、でもしっかりと足全体をホールドしていて靴の中で足が暴れることも無い為、気付かなかったということも有ったと思います。

 そんな教訓を生かし、今朝は緩めながら締める部分はしっかり締めた上で靴紐の先端も前回同様の処置をしました。
 こんな感じ。


P1060837.JPG


 今回の22km走では靴紐はほどけませんでした。
 足の甲も膝も大丈夫でした。
 今日は18km過ぎくらいから内転筋の張りを感じましたが、ゴールしたら特に気になることも有りませんでした。
 もしかしたらですが、もう少しペースが速く無いとクッションが良過ぎて沈み、逆に力が必要なのかもしれないのかも?
 14日の夜ラン10.65kmはズームフライで4分45秒/kmで走りましたが、そのペースで走るとウエーブライダーよりズームフライの方が楽な気がします。 キロ5分を超えるフルマラソンでは、もしかしたらウエーブライダーの方が僕には向いているのかもしれませんね。
 僕はどちらかというとストライド走法だと思うのですが、フルの場合、少し前傾してピッチ走法で走った方がズームフライの良さを生かせるような気がしました。

 とりあえず加古川では特に走法を変えたりはしませんが、おそらくズームフライで走ることになると思います。
 昨年の加古川では30kmまでを5分16秒/kmペースで走りましたが、それより少し落とし、5分20秒/kmくらいでまずは35kmまで持たせたいなと考えています。
 

posted by ちゃんちゃん at 13:35
"加古川前の本追い切り完了 : ズームフライFKで22kmフルサブ4レースペース走"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: