2019年09月15日

最高に面白かったMGC、今後もこのシステムは続けて欲しい

 五輪内定の中村匠吾選手、服部勇馬選手、前田穂南選手、鈴木亜由子選手、おめでとうございます!!
 
 
 いやあ、男女ともに関係者・著名人が予想していたスローペースは大きく裏切られ、非常に面白いレースになりました

 男女通してのMVPは女子優勝の前田穂南選手でしょうか。


 MGC女子 前田穂南、独走Vで五輪切符「行くと決めていた。粘って走れた」(スポニチアネックス)

 ◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)(2019年9月15日 東京・明治神宮外苑発着 42・195キロ)

 男女とも上位2人が2020年東京五輪の代表に内定するマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、明治神宮外苑発着で行われた。10人が出場した女子は、前田穂南(23=天満屋)が2時間25分15秒=速報値=優勝し、五輪切符を獲得した。

 前田は20キロ手前で、鈴木亜由子(27=日本郵政グループ)を引き離し始めると徐々に差を広げて独走状態を築き、そのままトップでゴールテープを切った。

 レース後、前田は「うれしいです。行くと決めていた。あきらめずに粘って走れた。タイムは遅くなったけど優勝を狙っていった」と振り返った。

 五輪内定を得た今後は「世界で戦う準備をしていきたい」と来年の本番を見据えていた。
(引用終わり)


 女子も序盤は一山麻緒選手がハイペースを造り出してレースを盛り上げてくれましたが、中盤から自分で動き、次々と他の選手をふるい落としてそのまま独走でゴールですから強いとしか言いようが有りません。
 タイムも今日の気象条件なら非常に優秀と言えると思います。 五輪でもメダルを狙えるレベルなのでは無いでしょうか?
 ただ、優勝者インタビューを受けることができないままに病院直行だったということですので、故障など無いことを祈りたいと思います。

 鈴木亜由子選手が2位でしたが、結果的に北海道マラソンの優勝者2名が五輪の切符を手にしました。 夏のマラソンで好成績を上げ、年齢的にも良い時期に今日を迎えることができたのは良かったように思います。
 その2位の鈴木選手ですが、スタート前はちょっと緊張し過ぎのように見えました。 これはヤバそうだと思いましたが、ゴール後は笑顔爆発で饒舌でしたね(笑)

 僕が鈴木選手に次いで本命視していた松田瑞生選手は惜しくも4位。
 序盤、下手に集団について行かず、しばらくしてから集団に追い付いた松田選手がその段階では一番無理していないと思ったので優勝の可能性は高いかと思ったのですが、後半は前が落ちた分、自分も落ちてしまいました。
 応援していた福士加代子選手は中盤まで良く頑張りましたが7位。 松田選手とともに、ファイナルチャレンジでの残り1枚の切符を狙って欲しいです。
 前田彩里選手がDNSだったのは残念。


 男子のMVPはなんといってもいきなりレースを盛り上げてくれた設楽悠太選手だと思います
 どこかで行くとは思っていましたが、まさか最初からいきなり行くとは思いもしませんでした


 設楽悠太14位、宣言通り大逃げも不発 想定外は暑さ「やるしかないと思っていた」(THE ANSWER)

一時は2分差をつける独走も…「暑さが影響か」に「はい」

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、東京五輪代表に内定した。2位の服部勇馬も内定。日本記録保持者の大迫傑は終盤で競り負け、3位となった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

 レースを盛り上げたのは、前日本記録保持者の設楽悠太だった。スタート直後から飛び出し、戦前の宣言通りに大逃げを打った。最大2分以上の差をつけたが、徐々に失速。上りに突入した36キロ付近で2位集団に飲み込まれると、集団に付くこともできずに離された。結局、2時間16分9秒で14位に終わった。

 度胸満点のレースについて「やるしかないと思っていた」と振り返った設楽。25キロ付近から、きつさを感じたという。原因について「暑さが影響か」と問われると「はい」と認めた。一発勝負の難しさについては「特に。いつも通りやれればいい」と語ったが、想定外だったのは暑さと聞かれ、こちらも「はい」と語った。今後については「一日休んで相談したい」と話した。
(引用終わり)


 残り5kmで失速も、一気に置いていかれて代表争いから脱落したのに、それでもきちんと完走したのは素晴らしい。
 いきなりの彼の飛び出しでいきなりテンションMAXになったMGCは、彼のおかげで面白くなったと思う

 五輪の切符は厳しくなったかもしれないが、再び狙うなら、東京マラソンでの日本新記録樹立を狙うか?
 彼が諦めないことを期待したい。


 大本命、現日本記録保持者の大迫傑選手は服部勇馬選手に競り負けて3位に。


 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて中途半端」 MGC(毎日新聞)

 東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内で行われた。日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=は今後の国内レースの結果次第で、代表に入る可能性のある3位だった。

 大迫のコメントは次の通り。

 予想通りの展開だったが、後半に足(の力)が残っていなくて、最後に抜かれて非常に残念。最低限の最低限で、次につなげた。(設楽の飛び出しは)焦りはあった。集団で2位をとればいいと思っていたが、自然と力を使ってそれが後半に出た。優勝を狙っていたが、前の中村選手、服部選手が足をためていた。完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端な順位。
(引用終わり)


 最後の争いになれば厳しいとは思っていましたが、やはりでした。
 大迫選手はこれからどうするのでしょうか? 普通に考えればこのまま代表になれるとは思いますが、設楽選手が東京マラソンに出るとなると、出てこざるをえないのでしょうか?
 ファン目線では彼等の身体のことを無視してしまう形になってしまうかもしれませんが、また二人の直接対決を見てみたいです。


 男子優勝の中村匠吾選手については正直、予想外でした。
 でもラストはとても強かったですね。
 今日の結果は自信になったことでしょう。 五輪にもその自信を持って臨んで貰いたいです。


 他の男子選手では、神野大地選手が途中積極的で良かったのですが、後半は良いところ有りませんでした。
 でもこれからも頑張って欲しいです。


 最後に1つだけ。
 今日は何が有ったか解りませんが、男子のスタートが約2分遅れました。
 各男子選手は今日の8時50分に照準を合わせて備えて来ました。 ですのでこういうのは止めて欲しかったと思います。
 その遅れている時に一番リラックスしていたのは神野選手のように見えました。 この時はもしかしたら一発有るかも?と思ったのですが。


 それにしてもこのMGCというのは素晴らしいシステムだと思います。
 今日のレースもおそらく五輪より面白いのでは無いかと思います。
 今後も是非このシステムを続けて欲しいです。
 
posted by ちゃんちゃん at 13:53
"最高に面白かったMGC、今後もこのシステムは続けて欲しい"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: