2019年09月26日

高橋大輔が来季アイスダンス転向で北京五輪を目指す!!??

 高橋大輔選手が来季からアイスダンスに転向し、村本哉中選手と組んで北京五輪を目指すという驚きのニュースが入って来ました
 
 
 フィギュア高橋大輔がアイスダンス転向「世界一のステップ」武器に22年北京五輪目指す!平昌代表の村元哉中とコンビ(中日スポーツ)

 フィギュアスケート男子で、2010年バンクーバー冬季五輪銅メダリストで昨季から現役復帰した高橋大輔(33)=関大KFSC=が来年1月からアイスダンスに転向すると26日、日本スケート連盟が発表した。女子で2018年平昌冬季五輪アイスダンス代表の村元哉中(かな、26=木下グループ)とのコンビで来季から競技会に出場する。詳細は近日中に高橋が説明する。

 連盟の発表や高橋の公式サイトによると、男子シングルとしての競技会出場は12月18日に開幕する全日本選手権が最後。その後は来年1月に米国に活動の拠点を移して、ヘッドコーチを務めるマリナ・ズエワさんの指導の下、アイスダンスでの競技会出場に向けた練習を行う。

 コンビを組む村元はクリス・リードとのコンビで臨んだ昨年1月の四大陸選手権(台北)で日本勢初の銅メダルを獲得し、同年の平昌五輪も出場した実力者。最終的にはアイスダンスでの2022年北京冬季五輪出場を目指すことになりそうだが、高橋は世界一と評される華麗なステップが武器だけに、2人の力が成熟すれば、平昌五輪で5位だった団体戦でのメダル獲得へ大きな力になりそうだ。

 「まずは男子シングルの最後の演技に向けベストを目指していきます」などと連盟を通じてコメントした高橋は公式サイトで「ジェットコースターみたいな僕のキャリアにお付き合いいただき有難うございました」と男子シングルでの声援に感謝し、「新しいジェットコースターへ乗り継ぎますので、引き続きお楽しみいただければと思います!」と心境を披露。村元も連盟を通じて「新しい挑戦が出来ることを大変嬉しく思います」などとコメントを発表した。

 ▼高橋大輔(たかはし・だいすけ) 1986(昭和61)年3月16日生まれ、岡山県倉敷市出身の33歳。165センチ。8歳でスケートを始め、岡山・倉敷翠松高時代の2002年世界ジュニア選手権で日本男子初の優勝。関大に進み、06年トリノ五輪8位入賞。10年バンクーバー五輪で日本男子初のメダルとなる銅メダルを獲得。同年の世界選手権では日本男子初の優勝を果たした。3大会連続出場となった14年ソチ五輪は6位、同年10月に引退表明したが、昨年7月に5シーズンぶりに現役復帰。同年12月の全日本選手権で2位に入ったが、今年3月の世界選手権は出場を辞退した。

▼村元哉中(むらもと・かな) 1993(平成5)年3月3日生まれ、兵庫県明石市出身の26歳。162センチ。5歳からスケートを始め、2013年シーズンまでシングル選手も、14年シーズンからアイスダンスに転向。15年シーズンから10年バンクーバー、14年ソチ五輪代表のクリス・リードとコンビを組むと15年の全日本選手権から3連覇を達成。18年の四大陸選手権で日本勢初のメダルとなる銅メダルを獲得し、同年の平昌五輪では日本勢過去最高に並ぶ15位だった。その後、同年8月にコンビを解消していた。
(引用終わり)


 大変驚きましたが、色々な経験を新たに積み、表現力に磨きをかけた高橋選手のアイスダンスはそれはそれで楽しみです
 ただ、身長が165cmと比較的小柄な高橋選手が、162cmと比較的背の高い村元哉中選手とコンビを組むというのがどうかというところ。 ペアほどのパワーは要しないと思いますが、それでももう少し体格差が欲しいところ。
 また、大スターで有る高橋選手と組む村元選手のプレッシャーも心配。 いかに高橋選手のステップが世界一と言われたと言っても、それに村元選手がついてこれなければ意味が無い。 ファンとしては二人で新しいアイスダンスの世界を切り開いて欲しいところ

 ペアを組んだ経緯に関しては村元選手が公開されているようです。


 高橋大輔アイスダンス転向決断の裏側を村元明かす(日刊スポーツ)

日本スケート連盟は26日、フィギュアスケートで10年バンクーバー・オリンピック(五輪)男子銅メダルの高橋大輔(33=関大KFSC)がアイスダンスに転向することを発表した。

シングルの競技会出場はシード選手として出場権を得ている全日本選手権(12月18~22日、東京・代々木第1体育館)が最後となり、20年1月から18年平昌五輪アイスダンス15位の村元哉中(かな、26)と来季の競技会出場を目指す。

村元は同日午後8時半過ぎに自身のツイッターを更新。カップル結成に至ったきっかけを「今回の挑戦は、大ちゃんがアイスダンスに興味があると聞いていて、まさかと思い心臓がバクバクしましたが、今年の1月に話す機会があった時に平静を装って勇気を出してダンスのことを話しました」と説明。フィギュアと源氏物語を融合したアイスショー「氷艶」で共演する縁もあり「その時に『一緒に滑ってみよう』と言ってくれました。そして話し合いを重ね、トライアウトをして今回の運びとなりました」と経緯をつづった。

村元はクリス・リード(30)と組んだ18年平昌五輪で、日本のアイスダンス過去最高となる15位。18年8月にカップルの解消を発表していた。大きな注目を集める高橋との歩みに向けて「まだ自分自身もびっくりしていますが、この夢のような報告を出来る日がやっときて本当にうれしいです! 今後試練はたくさんあると思いますが、2人のスケートに対する情熱で一緒に乗り越えていこうと思います!」と決意を表明した。
(引用終わり)


 村元選手からアプローチしたんですね。
 なかなか度胸有りますね

 北京五輪シーズンより1年前からの挑戦。
 是非五輪で観たいです


 さて、そんな驚きのニュースが入った今夜のランの状況。


 今日の走行距離 :  10.61km
                  55分10秒
                   5分12秒/km
                   11.54km/h
 今月の走行距離 : 188.72km


 昨日より暑く、湿度も高かったせいか、昨日より1分以上遅いのに昨日よりきつく感じました。
 ラストもあまり上げられず

 今年は暑熱順化をしなかったので余計にキツイかとは思うのですが、六甲シティマラソンまであと6週間しか無いのにこの状況では今年もサブ45は厳しいかなあ・・・
 
posted by ちゃんちゃん at 21:48
"高橋大輔が来季アイスダンス転向で北京五輪を目指す!!??"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: