2019年12月14日

朝日杯フューチュリティS(GⅠ)予想

 最近、レースのペースが読めない。
 先週は全く予想していなかったハイペースで、しかもそのハイペースを作り出した馬がそのまま逃げ切ってレコード勝ちしてしまうという、なんとも予想していなかった結果だった。

 明日の朝日杯もペースは正直全然読めないが、たまには無敗馬決着が観たい。
 
 
 本命は3番人気、デイリー杯2歳S勝ち馬のレッドベルジュール。
 デビュー戦からデイリー杯は4ヶ月半が開いていたとはいえ、馬体重+28kgで勝ったという成長力は期待したくなる。
 デイリー杯で鞍上だった武豊騎手からスミヨン騎手に乗り替わったのは非常に不満だが。。。

 対抗は1番人気、サウジアラビアRCTの勝ち馬サリオス。
 ダントツの1番人気だが、先週は前走で2着だったクラヴァシュドールが敗れ、こちらも少し心配になる。。。


  ◎レッドベルジュール
  〇サリオス

 馬券は、2頭の馬連・ワイドと、◎→〇の馬単。
 ワイドではトリガミだが・・・


 もう1頭の無敗馬、タガノビューティーは10番人気だが、前走の府中のダート1600mの上がり3ハロンをなんと34秒8で殿一気を決めている。 こうやって書いていて気付いたのだが、府中のダート1600mということは、スタート地点の芝は経験しているということ。 ちょっと怖くなって来たが、馬券までは手は出ない。
 
posted by ちゃんちゃん at 20:05
"朝日杯フューチュリティS(GⅠ)予想"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: