2020年02月07日

ノーミス続出の男子SP : フィギュアスケート四大陸選手権

 地上波で放送された演技はほとんどがノーミスの素晴らしい演技でした
 
 
 その中でも特に良かったと感じたのは鍵山優真選手。
 3Lzに!が付いたものの減点は免れましたし、何と言っても4Tの着氷と、3Lz+3Tのセカンドの着氷が『ふわっ』という感じで、シニアに上がった頃の真央ちゃんのジャンプを観ているようでした。
 FSは最終Gに入りましたし、表彰台を目指して頑張って欲しいです

 友野君も気魄の籠った良い演技でした。
 ただスピンではトラベリングが目立ちましたし、加点を伸ばせなかったでしょうか。
 4回転2本決めても最終Gに入れないとは厳しいですが、明日も是非攻めた演技を魅せて欲しいです。

 海外選手では、ジェイソン・ブラウン選手が特に良かったです。
 4回転こそ無いですが、ステップとか凄く良かったです。
 あと、ボーヤン選手の好演技も嬉しかったです。
 3Aの着氷は少々乱れましたが、4Lzをしっかりと決めたのは大きかったですね。
 チャ・ジュンファン選手は3Lz+3Loが決まって良かった。 セカンドループはやっぱり好きです。 3AがURは残念。

 羽生選手はほぼ完璧な演技でしたが、あの別次元の加点の激しさには観ていてなんだかなあという想いばかりが湧きあがり、素直に喜べません。
 ジャンプ3本のGOE評価、27しか無いのに、その内15が5で、残り12全てが4ですよ。 何? 基礎点って?
 このルール改悪の際、こういうことが容易に予想されたので、僕は大反対でしたが、悪い意味で予想通りというか何というか・・・
 観ていてバカらしくなるというのが正直なところです

 その後のプーシャワーも、げんなりしてしまう大きな要因です。
 確か今年の四大陸は一度は投げ込み禁止になったと聞いたような気がするのですが、最終的にはどうやらそうでは無かったようです。
 今回は羽生選手が何度も集めに回っていましたが、それでも進行には影響が出たでしょう。 続く演技者であるブラウン選手も何か拾っていましたし。
 演技の進行を妨げるようなファンには観に行って欲しく無いですね
 あのブラウン選手の行動を観るだけで無く、あの羽生選手の姿を観て今後もまだ激しく投げ入れを続けるというのなら、そんなファンはクズですね。 限度を考えて控えろよという感じです
 明後日のFSはあのようなことが無いように祈りたいです。 唯一許されるとすれば、それは羽生選手が最終滑走だった時でしょう。


 男子SPジャッジスコア


 昨日の女子SPは日本選手が頑張りましたね。
 明日は特に坂本選手には思い切った演技を期待したいです


 フジテレビの放送は安定の舐めた放送でした。
 昨日の女子SPはなぜか男子の羽生選手の過去の演技を繰り返し流していました。
 そんなのエエから一人でも多くの女子SPを流せっちゅうねん! という感じでした

 今夜は今夜で放送時間内に予定されていた鍵山選手の演技からLIVEで流すのかと思ったらまさかの録画放送・・・
 ホンマ、エエ加減にせえよ!!って感じです
 
posted by ちゃんちゃん at 23:01
"ノーミス続出の男子SP : フィギュアスケート四大陸選手権"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: